まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ

フルーツバスケット 2nd season ☆

2シーズン最後にアキトは実は女の子と判明!ヤンホモ思ってましたがヤンデレ気質女の子でしたか、だから十二支の男に女の人近づくとあんなにヒス起こすんだ!あと呪いは条件は不明でも解けることもあることが判明、ただ呪いや十二支の絆が消えても残る呪縛のようなものがあったり3クール目まで終わりはお預けとなりましたが様々な謎が解明されていき次で終わるのかな?それから鳥不在って事はあの親族の新しい赤ちゃんが新しい鳥になる可能性もあるんじゃ?



Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season ☆


なんとなくマモーみたいな実験してたりしてたあたりから薄々気づいてはいたけどメンタルやらがやはり人間のそれを超えた魔女という名の怪物でした。契約の時デメリット言わなかったときはどこぞのインキュベーター思い出しましたよ、あと憤怒の人魔女だからあれなんでしょうけど契約に待ったかけてくれたり意外といいひとなのかな?


放課後ていぼう日誌 ☆


虫エサとワームの違いと部長の教え方のスタンスが面白かったりなんだかんだでビギナーズラック強かったツルギがボウズかましたりでもういいやってなったところ釣り方色々試したり調べてみろと面白いつくりでした。


Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ)☆


ラストライブと最終話にして出てきた魔獣と戦闘が唐突でしたがライブのライツ登場シーンは熱かった。いろいろ詰め込みすぎた印象もありましたが姉との和解もちゃんと描かれ姉とは違う道を友達と歩む事を選んだティアの姉離れもよかったし見ててよかったと思える作品でした。



やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ☆

合同プロム一応成功させユキノと相思相愛になりヤッハローとも友好関係はキット続いていく、ちゃんと答えだしてるから二人とも俺の翼だになりませんがハッピーエンドと一言ってよい終わり方でした。先生との別れもよく描けていましたしボスキャラと思ったユキノ母もそうでもなくしいて言えば姉が言いたいこと行ってくるだけで終わったかなーくらいがネックなくらいでだいぶ長くかかりましたが青春ラブコメ物としてよいものを見させてもらいました。最後にリア充爆発しろー



デジモンアドベンチャー ☆


ちょっとしたホラー回でしたが現実に戻ったわけでなく敵を倒し切ったわけでもなくオロチモンみたいの出てきて終わりましたがテンポと間と仲間たちの合流が1話に詰め込みすぎていまいちな印象でした。


遊☆戯☆王SEVENS

そういえば最近デュエル中にカード書き換えたり変な事はあったけど露骨ないかさまはあんまりみませんでしたねーあとディスクのセキュリティガバガバですね(遊戯王Rではディスクから引いたカード以外だと警告音が鳴り発動しない)あとロミンちゃんは豹変する条件も広くなり今後またなりそうですね、あと小学生だからいいんですがルークとロミンのやり取りがかわいらしく見えます。


ゾイドワイルド ZERO ☆

真帝国陥落な話でしたが、シーガルが単なる馬鹿で最強厨ではなくかつての力ある帝国の体制が良くて反逆したことなど彼なりに一応イデオロギーあったりしたとことか、スピーゲルは寒い地方出身で食うに困って真帝国のほうが飯が上手かったからと言っていましたが個人的に待遇がよかったと言いたいのかな?と思いました。上司が無能でも見捨てずため口になっても共に行動してくれたりレオ達と共闘したりやっぱり真帝国の3キャラは個人的に好きなやつばかりです。あと今週の紹介ゾイドでドライパンサーが紹介されてましたが実質、真帝国の3キャラ紹介でしたがスピーゲルのように乗り換えしてみたけど元の機体に戻ってきたりアルドリッチみたいに乗り換えたの自慢したり、シーガルがアルドリッチにそれで手柄建てたら手放しに誉めたのにとかゾイド以上に短い時間で3人のキャラ紹介されてて最高でした。

まとめ感想 フォルテ編 今週も管理人多忙のためお休みとさせていただきます。どうかご容赦お願いします。

dj f maru
投稿者・フォルテ

フルーツバスケット 2nd season ☆


2度目の年越しでユキの変化と自己承認が持てないマチのお話から十二支の宴の話でしたがそういえばはーさん最初は危険人物みたいな触れ込みで登場したんですよね、あれってユキがトオル君と出会う以前に記憶のデリートしたせいなんでしょうけどあれが負い目と警戒心だったんですね、んでシグレさんはハツハルも言ってますがムラがあるしなに考えてるんでしょうね?後個人的には出番少ない猿の人もうちょい話出てきていいんじゃない?とおもいますが、キャラ数多くてそれどころじゃないのかな?


Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season ☆


今回もバッドエンドでしたがベティの死ねない苦痛とスバル君の死に対して悲しみがないってロズワールに指摘されたりループ物のメンタリティ指摘されるなど見どころ多いですが・・・エミリア壊れたっていうより憑りつかれてない?


放課後ていぼう日誌 ☆


今回はリール使わない釣りとやっぱり釣ったアジを〆るシーンでヒナが貧血起こしたりコミカルだけど命を食らう過程や3枚におろすところとかは重要だと思います。んで顧問は多趣味ですねw燻製派は僕も作ったりしますがあのひと手間で美味しくなるんですよねー


Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ)☆


魔獣だったり飛行船?だったり最終回近いのに世界観急に広がったのはともかく、お姉ちゃんがここにきても多く語らないので靄っとしますが本当に最終局面って感じですね



やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ☆

結果から言えばヤッハローよりもユキノを選んだお話ですが先生の一言で簡単に終わらせるなとかの後押しが個人的に見どころでした。んでヒッキーらしい素直じゃないしデコボコだけど彼らしいやり方で新しいプロム始めてユキノに実質告白したのでした。ヤッハローは言葉にできず泣いていましたがああいう状況になれば言葉失うのも青春だよね、手が届かなくてもあれだけ泣いたって事はそれだけ本気って事なんですからこれは後の人生の糧になると信じたい。んで手を伸ばすといえばヒッキーが走って手をつかむとことかも印象的でした。個人的に全力で手を伸ばしたけど届かなかったことがある身としては眩しく輝いて見えました。



デジモンアドベンチャー ☆


今回はジョウとゴマモン回ですが、やっぱりデジモンたちはとくにテントモンとゴマモンが顕著ですが相棒の子供の本質みたいの見抜いてたり旧作より保護者的側面が強い気がします。んで太一たちは現実世界?へデジモンアドベンチャーって旧作からして一応サイバーパンクのようで異世界転移なんですよねそんな中元居た世界ってのも大事にする作品だと思うんですが今回はどうなるか

ps レールの上あるってる一般人いっぱいいましたがスタンドバイミーかな


遊☆戯☆王SEVENS


カジキリョウタをコミカルにしたようなキャラとの自然な流れでデュエルでしたがスポット大戦の相手でもデュエル構成がしっかり面白く作られてるのも好印象です。んでカイゾーはやっぱり滅亡迅雷ネットみたいになっておりカイゾーを助けに行くことに、にしても海洋プラゴミとか現代問題も描かれたり面白いですね


ゾイドワイルド ZERO ☆

総集編

まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ

フルーツバスケット 2nd season ☆


ちょっとコミカルな劇の中に演者の本音混ぜてうまい構成になっていましたが・・・トオルくんとキョウの自分の心に納得いかない描写とか不穏さもありました。一方ユキは理解者見つけたみたいですね、あとマチ助ける助けないでブラックと少しやり取りありましたが正論ができなくて潰れそうになったユキだからこそ手を差し伸べたいけどリアリストなブラックの言い分どっちも一理ある会話が印象的でした。



Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season ☆


久々に話に進展が出てきました。ロズワール亭で起きる惨劇の攻略に今度は単身で乗り込み話勧めましたが・・・・周回するごとに大切なもの得て今回からあえて遠ざける感じに立ち回ってますが今後はどうなるやら?んでエキドナがマモーみたいな実験してたみたいですが失敗したと言われてますがやっぱ彼女も魔女なんだなーと思いました。


放課後ていぼう日誌 ☆


今回は着衣水泳など釣り中に水に落ちたときの対処法と釣り人のマナーたる釣り糸や針をちゃんと責任もって片付ける事、んでマナー守らない釣り人の被害受ける動物などを丁寧に真面目かつコミカルに描いてるのが好印象でした。


Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ)☆


城に乗り込むのはどうかと思いますがとりあえず合流して再起を図ることに、他校に入って元の学校に転入しなおそうとか丁度タイムリーにどこかのサンダーみたいなこと言いだしました。ですが学校のほうで何かやばい事おきそうだったり姉も多く語らないせいで溝出来たり物語的にはしょうがないですが言ってくれないと分からないじゃないかって事から大きな確執にもつながるからちゃんとお話ししたほうがいい気もします。


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ☆


プロム成功するもハルノのは納得いかない出来とダメだしされ今までとは違い本物欲しいけど見つからない20年とか言ってますが20年程度でえらそーにとはちょっと思いますがともすればヒッキー達には本物手に入れてほしいっていうそういう感情あるみたいですが大人げない大人として僕には見えました。んで逆に先生はハルノにぼろくそ言われたヒッキーに彼らの在り方は共依存なんて簡単な物じゃないと肯定的かつハルノより長く見守ってきてくれた大人としての意見くれてヒッキーの覚悟を後押しする終わり方でしたがこの作品は少年少女だけじゃなく味方してくれたり壁になる大人の配置がうまい作品だと思います。


デジモンアドベンチャー ☆


今回はコウシロウとテントモン回で現在の現実含めコウシロウもですけど機械に頼りすぎる今に時代へのメッセージとも取れる話でした。んでタブレットが起動しなくて危機に陥ったコウシロウにカブテリモンがコウシロウの武器は自分自身の知恵と伝えパートナーを通してブレイクスルーする事で完全体になったのですが最近の完全体になる流れでは結構好きな部類の話でした。


遊☆戯☆王SEVENS


なぜデュエル描写が(一応あったけど)ないんだ・・・今回はロミンがカレー作るお話でしたが今までの遊戯王にはないネタ回でしたね、カイゾーの変形と歌といい粉塵爆発に黒色火薬とかロアのマンションがカレーまみれになったり


ゾイドワイルド ZERO ☆

ゼログライジス相手に現存する勢力の総力で挑むお話でしたがやっぱりというかなんというかこういう時のグラビティキャノンは効きませんでしたがラプちゃんのエヴォブラスト久々に見れたりライジングの活躍などアクション面は見どころ多いです。ストーリーは駆け足気味ですが・・・それとゼログラパーツ足りてない気がしたんですがカッターの刃みたいのに包まれて進化するみたいですねありゃ

まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ

フルーツバスケット 2nd season ☆


ブラックとの対話でユキのトオル君に母性求めててラブのほうに行こうとしたけどそうじゃなく自力で何か見つけたいみたいです。こういう事事情知らないブラックに打ち明けられるくらい他人に気を許せるのも初期からは考えられない変化ですね、んで相いれないと思ってましたが案外そうでもない?ユキキョウの関係性、先がないキョウは劇にもやる気示しませんでしたがトオル君のひたむきさに根負けした形でした。


Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season ☆

多ウサギの攻略ほうとかほかの魔女いっぱい出てきましたが基本茶会での話で案外展開は進んでおりませんが、それでも魅力的なキャラやセリフ回しなど楽しめます


放課後ていぼう日誌 ☆


今回は手長エビ!釣りの描写もそうですがやっぱり調理してる時コミカルですが生きているエビを〆て食らうっていう命を食す描写がやっぱ好きです。川釣りって許可いるんだね


Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ)☆


退学からのどうしたいか見つめなおして再起はかるのに1話使いましたがコミカルかつ真面目に答えだすのがいいですねー身分の垣根超えて迎えに行くのも好みです。あと親知らず抜くシーンは大爆笑しました


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ☆

コーヒーが黒くなった・・・大人の階段上る証拠かな?ですがユキノの願いかなえヤッハローの願いかなえることになりましたが・・・この関係性は果たして本当なのか?これでいいのか?そんな印象受けましたが・・・卒業生を見送りましたがヒッキーたちの卒業まで書くのかな?余談ですが人からお菓子とかもらったことはありますが確かに手作りのが印象深いですねー11年ぐらい前の誕生日にケーキ作ってもらった時は印象深いです。作ったの男だけど


デジモンアドベンチャー ☆


ファンビーモンとかいうビィくんでてきましたが・・・キャノンビーモンって今見るとガンダム試作3号機みたいなデザインですね、エピソード的には前回のがまだ完全体になるくだりましだったかな?こんかいはなんとなくで進化した感じで軽く感じちゃいます。


遊☆戯☆王SEVENS

ホログラムの男(名前忘れたけど海馬の名前のアナグラムなそうな)が大会で締め出し食らったのはゴーハの関係者だからでセブンスロードはオリカじゃありませんでした。んでロアは狡い手使わなくても十分強くこんな相手にも全力で戦えたことたたえ合えるユウガはいい主人公ですね、あと変則EDでキャラソン流れたのも折り返しとしてナイス


ゾイドワイルド ZERO ☆

ついに切り捨てられた真帝国と数週回ってコミカルになって好印象なシーガルとこんな無能でも上官を見捨てないすぴーげるのカッコよさが描かれ敵役でも見せ場あるのがこの作品の良いところだと思います。んで今まで主人公としては大人しめだったレオがラスボスと父親をめぐって因縁ができたり終盤に向けてどんどん面白くなっております。

まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ

フルーツバスケット 2nd season ☆

神も代替わりするんだね、絆ってかこれ愛憎ですねこれしかも神話の時代から続く質の悪い呪い、アキトがねじれたのってシグレの仕業なのかなもしかして?だとしたら理由はさておき本人が言うようにろくでなしですよ相当、それはさておき今回は今まで触れられてたけどぼかしながら伝えられてたユキの幼少時代の承認も抱擁も何もなく拒絶と否定ばかりで手に入れたつかの間の人並みの幸せも呪いがきっかけで失って、んで過去にトオル君に出会ってたミッシングリンクがようやく語られましたが持ち主最初キョウのなのねですがあんな幼少期たどっても今ここまでこれた事が何よりデカいと思います。ほかの十二支目線のこういう話も見てみたいですが尺が足らなさそう?あとユキとキョウの相いれなさは呪いが最初にあるのかもしれませんが今はそれ以上にトオル君めぐって二人は相いれないとこにきてる気がします。


Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season ☆

何気に死に戻りをこの世界で告白しないでずっと抱えてきたスバル君でしたが今回その死に戻りを見ていたというエキドナに伝えることで涙しました。ひょっとしてエキドナって途中まで視聴者目線だったのかもしれませんね


放課後ていぼう日誌 ☆


大野せんぱいがライジャケ常に着てる理由がわかったりツルギに前の学校に友達いたりハラワタとれえるぬいぐるみ作ってたり色々と情報量ありましたが個人的に鉄板の上のスパゲッティみると実家を思い出します。


Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ)☆


オルケストラするまでだいぶかかりましたがこのチームだけではオルケストラに臨めなかったところ見ると積み重ねてって事ならある意味正解だと思ってますが、地味に理事長の過去とか笑いました(その命神に~とかどこかの753?)ただオルケストラは失敗に終わったのかやあっぱ退学なのか!?



やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ☆


今まで肯定的にヒッキーの行動を受け止める奴多かったですが真っ向から否定してきて立場関係なく個人として言い合いできる相手がいるのはいい事です。んでお姉ちゃんにヒッキーサイドのリークお願いしたときに共依存とまた言われましたがヤッハローは見守ると聞こえはいいが傍観と変わらない事指摘したりしっかり意思表示できたの良いですね、なんかこの敵でも見方でもないようなそれでいて壁にもなりうる存在は貴重ですがこのねーちゃんはマガイモノと決めつけたり大人というには視野が狭くてなんか気に入らねぇ(個人の感想です)それはさておき最強のクイーンことユキノ母攻略においてヒッキーは忘れてましたが事故にあった件で名前を出すある種相手に負い目がある状況でこっちの要求をのませるズルい手(こいつ本当に高校生か?すごい駆け引き)んでプロムは通ったけどユキノは今の関係性の終わりを、正しさを望みましたが・・・まだどうなるか

あとユキノとねーちゃんは本物とかマガイモノとか拘りますが世の中純度100パーセントなんて事のほうが珍しいし仮に仮初だったとしてもその中に本物が少し混ざってる事だってあると思うし彼女らは極論突き詰めすぎてすべて失いそうなそんな感じも見受けられたかな


デジモンアドベンチャー ☆


まず悪い印象からですがご了承ください。第一に完全体が出てくるの早いしメタルグレイモンになるの使いこなすの早すぎるしリリモンの初登場ってのはペース早いけど百歩譲って一強にしない意味ではいいかもしれませんが完全体の格が高いんだか低いんだかいまいちな印象です。あと今回の敵は操られることに定評のあるアンドロモンでした。良い面はさっきも言ったように分割パーティでそれぞれ一強にしないのと連携しての戦いがあった事ですね、ついでにガードロモンとかみてると今週はラピュタっぽく見えました。


遊☆戯☆王SEVENS


ロアの策略によりセブンスロード引いた時点で負けのデュエル行わされ引いちゃったところでヒキですが・・・1話のホログラムの男が実在してユウガにセブンスロードを託したり召喚口上も実は彼譲りだったりわかりましたがユウガは何も語りませんでしたが・・・引継ぎでルークがもっかい戦うのかな?というか不正なカード使ってない歴代主人公いただろうか?


ゾイドワイルド ZERO ☆

紫のゾイド因子はZi由来とは違うと言われてましたが・・・惑星Ziは2個あったかそれともZiから別の惑星経由とかで変異したものかわからないけども地球に来た時期はだいぶ昔らしくまさに原始ゾイドにふさわしいですね、んでレオ父はランドの前に選ばれたけど逆鱗に触れて柱の男にされたようです。全体的に駆け足でキューブ起動してたりな印象ですが話はだいぶ動いて伏線回収に入ってきたのでワクワクしてます。

まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ

フルーツバスケット 2nd season ☆


ユンユン呼びに何も言わなくなったのが感慨深いです。あと問題起きてもブラックに預けたり信用じゃなくて信頼の方ができる存在ができたこともさらに感慨深いです。ブラックの家も実は大分重い事情抱えてますがユキとそういう意味で似てるけど性格とか気質は真逆で対比として重要で若いのに自分でブレイクスルーしたユキの先行ってユキに道示してくれるような感じにもなってますね、お互い影響し合って高め合う良い友人ですね、そのおかげでユキもケータイ購入で母親と少し関係が変化あってよいですね、妹も十二支も心が何かしがらみに囚われてるならその心の解放を描くと思うんですがファンタジー入ったソウマと一般社会にある問題両方を描くことができているこの作品は二十にリアリティーあってよいです。あと生徒会通してトオルくんが無理はしないでから頑張ってくださいにいいかえるくらい雰囲気変わったのもいいですねーあと暗い部屋に閉じ込められたときに過去のトラウマオーバーラップしてもおかしくないのに少しダメージ食らうくらいで済んでるのもすごい事ですがマチが似た感覚でも察知したのか助けてくれたのもいいですね、今のところユキは負けフラグっぽいですがここから逆転したらそれはそれで面白いよね、あとキョウは王子役だけど劇中に猫になったらまずいんじゃないかな?それこそ日常にいよいよ居場所がなくなっちゃうしただその逆境を覆せるかとかも見どころかな


Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season ☆


スバル君死にたくても死ねない状況作られたり、ベティも自分の意思と本に書かれてる事で葛藤があるみたいですが・・・本心はどっちだろう?にしても能登さん強すぎますね出てきたら毎回殺されてますがあいつにいつか勝てるのかな?あそこまで逆境からリセットしたとはいえ冷静だったり、ただスバルに瘴気がある事判明しましたがこれはいったい?御者の彼は損得で動くと思ったらスバルに肩入れしてくれました。友人とまで言ってくれて今回は逆境の中に小さくてもいいかとあったりバランスうまいですね


放課後ていぼう日誌 ☆


この先生には修正が必要ですがそれはさておき生き物食べる上での下ごしらえ、殺したものを食らう事をちょっとコミカル入れつつでもこういう大事な事描くのは重要だしやっぱ食育だと思います。無意識だけど自分の手を汚す事して殺したものって描写が重要、んで一人での釣りはフラグ通り釣れず今まで先輩たちのバックアップあっての事だったこととか釣り具の使い分けも上手に描いていました。ビギナーから経験詰んでいく過程もいい


Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ)☆


ようやくアイドル路線きました。レッドゾーンからの脱出にはオルケストラだと、けどオルケストラすることに否定したキャラいたんですが・・・背負ってる物のバックボーンの重さでオルケストラにストイックになってますが後にワクワクを取り戻しそう、この作品だとオルケストラやろうまで長めでしたがキャラたちが影響し合っていく過程が丁寧に思います。前も言いましたが全体的にどこかで見た要素結構あるんですが別物になりつつあるのは面白いかな、個人的に重くなりすぎないハリポタやGX、歌で立ち上がるのは天使にラブソングをを思い出します。



やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ☆


企画の具体性を書面にするの大事ですよね、それはそうとラップしあったりこいつら仲いいですね、んで初期メンバーの久方ぶりの再会、正直にお互い伝えられない、正直に言うのが正解と思えないからってのが青春ですねーただヤッハローとユキノの願いは重なるのかな?


デジモンアドベンチャー ☆


思ったより早くレオモンの存在が・・・今回も死んじゃうのかな?それはさておきリアリストのヤマトとソラで意見割れましたがなんだかんだで人がいいですね、ガブモンはヤマトのバックボーン知ってるから支えてくれますがみんなに言わないと伝わらないよってちゃんと相棒してるのもいいですね、一緒にいるだけじゃなくちゃんと意見しあえてこそですしガブモンいなかったらヤマトはコミニケーション積極的じゃないし正論は言うけど一歩間違えたら嫌なやつになっちゃうと思うんです。そんな中ガブモンがいてくれてセットだからそうならないようにデザインされててグッド、それからみんなにもちゃんとバックボーン話してくれてうれしいってジョウが言いましたけどまさにその通りだと思います。ただ完全体になる過程は先週よりもさらに薄くなんか簡単になっちゃう印象は否めません、そういえば昔の方のワーガルルモン初進化の回はヤマトとジョウがメインの回だったなー


遊☆戯☆王SEVENS


やっぱりスパイだったロミンでも弱み握られてるらしいことと、おなかが減るとアンパンマンと逆で強くなる事判明したり色々笑わせてもらいました。あと腹ペコモードの声のドスきいてたけどのどに負担かかりそうなこえだったからちょっと心配です。


ゾイドワイルド ZERO ☆

今週は珍しい正規の乗りてじゃないラプちゃんの活躍と恐竜型でサイズ差こそあれど武装がほぼ似た方のギルラプターVSラプトリアという珍しいカードが見れました。ランド博士もメルビルもどっちも腕はいいんですね、余談ですが球場で戦うロボアニメいうとちょっと違うけどクロスアンジュ思い出しましたよ、んでランドがまーたキューブ起動したら触手にさらわれていきましたが・・・これ生存できるかな?

まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ

フルーツバスケット 2nd season ☆


今回はリンとの対話からの張り続けてた虚勢を崩させられました。今更ですが久々にプリンスユキであってたかな?ユキの追っかけ見て思い出したのですが、あの子たちの行動って実は京都や今回見せたユキの嫉妬深さとか独占欲とか強そうな描写伏線で鏡写しなのかな?いままでそうされる対象からトオル君にそういう感情抱いたみたいな?ハナちゃん弟が言ってたように愛し方も間違えれば相手傷つけるって言葉彼は聞いてないからどうなるかな?絆と呪いが紙一重なのは愛情のかけ方と同じなのかもしれませんね、今は丸くなってるけどキョウとは本当にぶつかり合うってか対峙しそうだからどうなるか・・・あとゼリーの味違うのフルーツバスケットなんですねここ、んでトオルくんの譲れないものは即答できなくなってたのは彼女の変化なんでしょうが自分の事も助かる勘定に入れられるように変われるといいですね

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season ☆

個人的に別作品で能登さん軍団編成した直後にこいつは衝撃的でした。それはさておきバッドエンドになるより早く屋敷に帰還しても襲撃を食らい死に戻ろうとしたら助けられて失う者が多すぎてこの作品はどこで巻き戻してどこで巻き戻さないか?そこも楽しめるポイントですね



放課後ていぼう日誌 ☆


顧問来る!こいつは教員としてはベクトル違うけどボトムズな教員ですね・・・それはさておき潮干狩りは許可やお金かかるんですね勉強になった!


Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ)☆


お化け屋敷でお嬢様が幽霊と友達になったとようやくするとそんな感じですが屋敷散策してるところはなんかルイージマンションを彷彿とする感じで笑い令和の時代に黒い丸で〆る演出見たの初めてではないかもしれないけど新鮮で笑い今週はキャラの成長もあったけど笑いに比重があったかな?


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ☆

ヤッハローの嘘と終わらないでほしい青春は後にどう転ぶかわからないけど青春の一ページですねーただどんなものにも終点はありいつか別れもやってくる。だからこそ青春のうちに慣れておいた方がいいけどどうなるかな?

プロム通す方法ヒッキー考えましたね、自粛を逆手によくないプロムを提案することで既存のプロムをよく見せて選択させる。種の割れたゼロレクイエムみたいだ、そのうえで自分たちの行動は評価されないと分かったうえで仲間募ってちゃんと悪逆プロムを作る。どこぞのシュナイゼルのセリフですが、よりましな選択肢をみんなは選ぶっみたいのあった気がしますが・・・ヒッキーはだいたい悪役みたいなポジション自分から先手くしますね彼のすごいところだと思います。


デジモンアドベンチャー ☆


どうでもいいけどメタルティラノモンって設定上、対地迎撃用なんですよね太一と戦っただけに、まず感想としては強くてニューゲームしてる印象が強くなりました。悪く言う意味はありませんがまず成熟期を使いこなすのも早いし完全体もこんなに早く出てきてチョットテンポがはやいかな?と何ていうかメタルティラノモンは強い壁、逆境として描かれてはいても死ぬようなヤバさがないのと戸愚呂じゃないけど「まだ自分が死なないと思ってるだろう」って感じがしてメタルグレイモンになってもカタルシスが薄かったです。昔と比べたくないですがやっぱり適度なストレスや逆境ってのは必要なんだと思います。ただここまで早いペースで進化するなら逆に早期に究極態がでたとしても危機な敵が出てくるためにペースわざと早くしてるのでは?と疑っています。商品情報とかでもう進化ルートは過去をなぞるのはわかるんですが令和版の進化ルートが途中で来るのでは?と思って期待してます。

遊☆戯☆王SEVENS

久々のセブンス!なんか遺跡の噂の出どころはロミンのいとこで全部仕込みだったこと、ラッシュデエルの商標登録かけて3本勝負なんですが・・・やっぱルークは安定して強いですねオカルトデッキ?を下し次週へ


ゾイドワイルド ZERO ☆

今週はどう見てもゴジュラスのバスターキャノンが出てきました。古参へのファンサービスかもですが今の子供はあれ再現したかったら親がワンチャン持ってないとむりなんじゃ・・・それはさておきアルドリッチがファングタイガーを相棒なんだけども真帝国のためにオメガに乗り換えるところで株上がりまくりでした。何気に国柄てきには共和国はゾイドと寄り添い、帝国は兵器として扱うみたいな設定あるはずなんですけども兵器としてでなく相棒といてみてたのがナイス!逆にディアス中佐は共和国なのに愛機に愛着ある気はあんまりしませんが、それから何といってもレオの相棒はバズなのだと言わんばかりの活躍でバズも大活躍で満足

まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ

フルーツバスケット 2nd season ☆


生まれてくる命に無条件で祝福できる家庭にすこぶる怖い目をしたリンでしたが彼女にヒロが気に掛けるとかちょっと意外でした。呪いをハツハルのために解きたかったのですね、あとシグレは腹の底見えにくい奴ですが今回珍しく自分を卑下に語ったり最低の人間と自覚してるらしいことがわかりました。リンはシグレに怖いものないと思ってるみたいですがなんとなくシグレもリンと同じ目的なんじゃないかと、あとやり方が大人の汚さというか狡さがある感じの差はあると思いますが。んでリンの平穏な家庭に対したあの目は自分の境遇ゆえだったり拒絶と排除される恐れからだったみたいです。自分の存在を承認できなくなっていたところをハツハルが自分のことのように怒ったり泣いたりそばにいてくれたのが支えになってリンは依存しちゃて押しつぶすんじゃないかって怯えていましたが、同じ苦しみ持つものどうしが引かれ合うのがそんなにいけない事なのか?そしてまたアキトこいつは自分のこと棚井上げて神のポジションだからってこいつこそ図々しく愚かに見えます。アキトがもし不老不死でもない限り今の十二支の尊厳コントロールしたり男女交際でいちいち破壊してたらソウマの一族どこかで途絶えるんじゃないの?もしくは規模や親族多いから困らないかもですが


Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season ☆


虚構でも伝えられた事を胸張ってエキドナに礼を言うスバル君がかっこよすぎますぜ、んでエミリアは試練受けるもえらいことになって・・・エキドナは殴られるのも仕方ないと言っていましたがそれくらいやばい事なんですね、んでエミリアは子安に利用してここまでレール敷いてたみたいですが腹の底見えません、んで過去を乗り越えるのが必ずしも必要なのかという問いかけや、仲間だと思ってたやつらに信用できない面が出てきたり能登さんが久々に来たり情報量の多い回でした。


放課後ていぼう日誌 ☆


お久しぶりの放送です。今回は釣り用のウェアや帽子買ったり貰ったりの前半からイカ釣りのお話でした。やっぱりこの作品はスポーツとしての釣りの面だけでなく釣ったら食べる(殺して食べる)食という物の本質を丁寧に描いているのが好印象ですね、普段我々が口にしてる食材も元は生きていて直接止めさしてないけど他の命を食らって生きている事をかわいい絵柄なのに指摘してくる感じが好きです。そういう意味で食育作品だとも思っています


Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ)☆


今回は怪奇現象の調査に行ったメンバーの群像劇と魔法のすごろくのお話でした。すごろくはまだしも、上野階級の子が怯えるほどの城と幽霊?珍しく引きでおわりました。ちょっと先が楽しみ


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ☆


まず先生とのやり取り、ほぼプロムは詰み状態であることと手だししていい方向になるとは限らない言われても介入を選択、んでまずイロハスが壁となりましたが説得してユキノのとこに、それで責任果たしたいと伝えても断られたから奉仕部VS生徒会のどちらがプロム成功させるか勝負を持ちかけました。手を出したんなら最後まで手を取るだけでない対立軸作ってでもやる男ヒッキーは頑張りましたが・・・イロハスも言ってましたが痴話げんかとかその辺に見えましたねーこういう言葉遊びみたいな感じで楽しめたのですが先生の選んで失敗してまた選んでの繰り返しみたいな事言っていましたがこの言葉は身に染みるものがありました。



デジモンアドベンチャー ☆


ブラックアウトと不要不急の外出控えは現実味があるというかタイムリーというかデジモンが扱う事象はたまにファンタジー入ったサイバーパンクで割と身近な事柄扱ってたりするなーと再確認しつつオーガモンを操っていたのはやはりデビモンでしたか、んでオーガモンは使い捨てられるも自らの誇りのために戦う戦士として戦い子供たちに道を示し退場?しました。完全体が強大な壁として描写されてたのは良かったですね、これまでと格が違うやつがきたヤバさがでてました。メタルティラノモンは理性あるかわからないけど純粋に圧倒的怪物のように強く、攻略がシンプル故しにくい敵になるのかな、昔の作品だとVテイマー01で理性がある完全体デジモンが主人公の必殺を軽くいなし格の違い見せて去っていくこともありましたがあれはあれで脅威ですがヘルシングでも言っていましたが化け物は純粋に強いから化け物たらしめるメタルティラノモン相手にどう対処するかな?予告でネタバレしてましたが


遊☆戯☆王SEVENS




ゾイドワイルド ZERO ☆


今回はゼロファントス倒した後捕獲した捕虜が100年以上前の人物でしかも液体金属?みたいになれるどこかのターミネーターみたいな能力もった不気味な人物が現れました。謎は深まるばかり、戦闘面だと例の霧をジェイクが音速出して吹き飛ばして敵のアドバンテージ奪ったり、ありそうでなかった新旧主役機のバトルとか見どころの多いお話でした。

(アニメ映画感想)デュエプレロックマンエグゼコラボ記念第2弾~「劇場版 ロックマン エグゼ 光と闇の遺産」

dj f maru
投稿者・フォルテ

第二弾は本家ロックマンの世界と違いインターネットが発達した世界を描く一応サイバーパンクなゲームボーイアドバンス作品のTVアニメの劇場版です。

たしかTV本編のどこだかの時系列で発生した事件であり、TVアニメの劇場版は本編とパラレルになる事が多いと思いますがこの作品はそうではない珍しい?作品ですがこの映画単品で楽しめるので今回も前置き長くなりましたがやっていこうと思います。

世界観はインターネットが発達した世界で誰もが端末を持ちその中に今でいうAIプログラムのネットナビと共にある世界でもちろんネット内でウイルスが暴れたり犯罪起きたりそれを主人公であるネット(人間)とロックマン(ネットナビ)がインターネットの中で立ち向かうってのが大雑把な説明です。わかりにくいかもですが特撮版のグリッドマンわかる人はそっちをイメージしてもらったらどんな感じかわかりやすいと思います。

んで映画本編だと友達と遊園地のプレオープンに遊びに行っていたところ、世界中で物質がデータに変換され消滅する事件が発生しその大本を止めるって流れなのですが、この作品もこの手の作品で見たような展開(電脳世界が現実に侵食とか)色々あるんですけども先のデュエマと同じで、日常から世界の危機と友達もデータになり消失や父が誘拐されるなど適度なストレスと強敵との共闘、共闘してもかなわなくて合体しての逆転劇による解放などこちらも割と王道に作られており、多分古くはライバルとの合体というとドラゴンボールのベジットとかゴジータ枠なのでしょうが劇中合体して戦うシーンは恐らく2分くらいだと思うのですが圧倒的なラスボスを短い時間でも印象に残る活躍と強さでフォルテクロスロックマンのアクションはこの映画の目玉として成功したと言っていいのではないでしょうか?

さらに劇場版としても楽しめる作りとTV本編への伏線ちりばめたりとか結構当時としては意欲的な作りなのではないかと思ってます。デュエマは劇場単品で楽しむことに特化してるとしたらこちらはからめ手かな?

ただ上で適度なストレスとは言いましたが人間が消滅(元に戻るけど)父親が誘拐され網膜スキャンされ目のドアップと絶叫とちょっと小さいお友達には怖いんじゃないかな?と思うところはあります。

あとコラボに関してはデュエマではロックマンのキャラたちは本編に出ませんでしたが最初の遊園地でデュエル大会に参加しているショウブがちらりと登場していたり出ないよりは出したって意味では頑張ったのかな?

個人的に一番この映画で面白いと思ってるのは戦闘中の細かい演出で、こればっかりは当時ゲームやってないと分からないゲームの演出アレンジなどがあり(例外もありますが)特にロックマンVS操られたフォルテ戦のサーチソウルの攻撃が当たったと思ったらカワリミマジックでヘルズローリングで反撃するシーン好きでした。



     「
~~~蛇の足~~~~
  」

こっちも当時のコロコロで映画の放映前に劇場宣伝漫画が当時の連載とは別に掲載されていたのですがデュエマとは違いこの映画の後日談でこの映画での合体が後の世で伝説までになっている感じで、本編とうまくリンクするようにして劇場へ足運びたくなるようなお話でした。

(アニメ映画感想)デュエプレロックマンエグゼコラボ記念第1弾~「劇場版 デュエル・マスターズ 闇の城の魔龍凰」

dj f maru
投稿者・フォルテ

今回はアプリ、デュエプレにて懐かしゲーム「ロックマンエグゼ」コラボが始まったと聞きこの組み合わせは今から十数年前に放映された劇場版を思い出し感想記事を書いてみようと思った次第です。

まずデュエルマスターズとは現在タカラトミーから発売されている最古のトレーディングカードゲーム「マジックザギャザリング」をベースに作られたカードゲームで最初期は「マジックザギャザリング」を扱ったデュエルマスターズというマンガから生まれ、作中でもマジックからデュエマにシフトしたというちょっと変わった?漫画原作の劇場版ですがこの前置きの知識はトリビア程度なので劇場版は娯楽作品として楽しめます。

物語はデュエマが流行っている世界で主人公ショウブの元に大会の招待状が送られてきて、カードのクリーチャーが実体化する不思議な島にライバルたちともども大会に参加しその裏でデュエリストたちのエネルギー吸収して世界を滅ぼすドラゴンの実体化を狙うボスキャラと戦う内容で、当時としてもカードゲーム作品によくある展開や演出(島に招待とかカードが実体化とかほかにもいろいろ)も多いのですが、一度ボスキャラに負け力を失ったショウブの元に確かその時点では生死不明の父に励まされて再起しリベンジとどこかで見たような展開は多くても適度なストレス(敗北や挫折)からの逆転劇という物を短い時間にまとめられておりクリーチャーも結構迫力で暴れるので、結構物語の作りとしては王道な作りとなっており楽しめました。

こうして文章にすると感想は少ないのですがこの映画の個人的な一番の見どころはEDで普通はやらないであろう「アニメ映画で映画本編のNG集」をわざわざ作ったところでしょう。王道な話見た後に最後の最後で笑わせにかかってくるサービス精神というか上でも話した適度なストレスからの逆転における解放からの笑わせにかかる何気にリズムが良い演出なのでは?と

ただ同時上映のロックマンとの共闘も当時うたい文句だった気がしたのですが両本編に関係ない謎空間でショウブとロックマンがそれぞれアブゾドルバとデザートマンと戦う描写もあるのですが本編に関係ないため取って付けた感じでうまくコラボできてはいないかな?


     「
~~~蛇の足~~~~
  」

何気にこの映画の上映の時でんじゃらすじーさんのじいさんと孫も声がついたんじゃなかったかな?

映画上映前にデュエマはこの映画の前日単がコロコロに掲載されていたのですが、映画のボスキャラとショウブはお互い忘れてしまっているけど小さいころに出会っていたといったお話だったんですが本編に生かされてる印象はありませんでした。

カードゲーム映画で主人公が一度敗北して力失いそこから這いあがりリベンジする流れはもうちょっと前ですがヴァンガードの映画とかでもありましたね

まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ

フルーツバスケット 2nd season ☆

修学旅行、そしてほんのりユキから一応そこまでは言い過ぎかもですがヤンデレ一歩手前というか嫉妬深いような独占欲のような人並みではあるけど恋愛感情持ち初めによくある感じがよく出てたと思います。思い返した時くすぐったいような風に思うのかとか言ってましたがそんな感じになるのかな?んでキョウ!トオル君はどっち選ぶかみたいな話ですが、キョウルート入ったよねこれ?それから今回はソウマの一族から離れた環境なのもあり思春期の少年少女の一般的なふれあい多かったのもポイントですね,

今思い返すともしキョウを選ぶとしたら1話から決まっていたのかもしれません、よく考えたら十二支の置物はシグレの所有物で1話から出てて、十二支のお話で猫が好きとトオル君は明言しててこれ忘れてて今思い出したけどもどうなるかな?


Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season ☆


異世界転移で元居た世界に未練だったり思い出す事ってあんまり見ないんですが、スバル君は過去と向き合い両親と対話してブレイクスルーに丸々1話使い満足度が高い1話でした。父母ともにそれぞれ違う触れ合いがまたいいんですよね、んで両親ともう会えない、触れ合えたころには気づけなかったところに気づくのがすごくいいしそれからの行ってきますが響きますね


放課後ていぼう日誌 ☆

お休み


Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ)☆

ヤマトの国の三姉妹登場、中世ファンタジーぽいのに色々ミックスされてますが多分気にしたら負けかな?とりあえずキャラ紹介と歌の力描いたくらいで進展はすくないかな



やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ☆


まさかのプロムに保護者側から反対入りしかもユキノ母が筆頭で、これに対しユキノは一人で立ち向かう意思だけどヤッハローやヒッキーは手助けしようとしたらお姉ちゃんが助けるのが正解じゃない時もあると、諭すのですが言い方というか態度が大人げないというか、先生も確定情報じゃないからとか言ってごまかしてましたが転任ほぼ確定でプロムを自分たちで続けたいなら教員頼るな見たいな感じなんですがこちらも生徒の意思の問題でなら一理あるセリフですけども転任ぼかすのは大人の狡さみたいな感じを受けました。でもヒッキーの行動理由を言葉にさせるところはちゃんと先生でした。ここで今回出てきた関係性のワード「共依存」あまり良い響きではない言葉とも思えますがそれで何が悪いとも思います。もちろんそこから自立したりすることは大事ですが始まりが共依存やなれ合いの関係でも別の何かになったりすることもあるわけでお姉ちゃんは意地悪く聞こえるような言い回しですが彼女の経験則なんでしょうけども僕個人的に自立した友情関係やそういったものはあると思う派なので一理あるし間違いじゃないとは思うけども言い方が気に入らないキャラです。ですが恐らく作者さんからすればヒッキーたちの超える壁になるポジション、つまり敵役の描き方としてはブラボーだと思います。

それと家庭の事情に他所が口出すなとはよく言いますが、今回のプロムはユキノの意思で一人でやるって言ってる時点で私物化と言ったら語弊があるかもしれませんが彼女にとっては生徒たちのためじゃなく自分のためにすり替わってるように見えます。そのうえで母親や姉出てきて学校行事の話なのに親子の対立構造になってて公私混同しちゃってるんですよね、んでお姉ちゃんは共依存と手だしを遮りましたがヒッキーやヤッハローもですが言い出しっぺのイロハスや生徒たちからすれば学校行事で生徒たちが協力するのは普通のことなのにユキノ一家の対立の場にすり替えて学校行事のことに口出すなってお前こそ口出しするなとは思いました。プロムはユキノ主導でも彼女だけのものでもないしイロハスが言い出しっぺだし学校行事にしたい事柄で発言権やらを部外者が剥脱するべきではない

この作品は子供たちだけじゃなく親兄弟、教員ら大人が出てくるのも面白いです。この作品だと導きてとしての大人と壁としての大人、それから大人の狡さってものがよく描けていると思います。




デジモンアドベンチャー ☆

メタルエンパイアかな今回?と思いましたがヤマトは以前よりめんどくさい奴でしたが今回は初回だけめんどくさいだけで素直でしたね、今のところ仲間が合流してくだけで話はあんまり進んでないです。もうちょい小出しに情報欲しいですね

遊☆戯☆王SEVENS




ゾイドワイルド ZERO ☆

アラシ達の時代に本当に続くのか今更疑問ですが今週はジュラシックワールド風でした。んでレオの父の足跡と死んだといわれてますが生存フラグみたいのが出てきたり、イメージの中でゼロぐライシス出たりゼロファントスもいっぱい出てきて見ごたえがありました。

まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ

フルーツバスケット 2nd season ☆

モミジ父は記憶消すときもそうですが、その代わり自分が母親の分まで愛するとか言ってたくせに彼から消し去ったり我慢ばかりさえせてるのはいかがなのでしょう?それでも妹もモミジとの血縁勘ぐったり兄になってほしいとかトオル君通してモミジは知り歓喜、でも泣くのはトオル君で15歳組のメンタルは本当にすごい、んで会えるのに会えない、会いたいけどもう会えないそれなら会わせてあげたいって自分勝手とはいってもその相手がもうそこにいないトオル君だからこその行動というかサガなのかな?そんでもってソウマの屋敷にて孤立無援のトオル君に同行を申し出たりなんだかんだでついてきてくれたモミジは小さくかわいらしく見えても根が男の子の根性しててユキやキョウよりも男らしいとき多いと思ってます。んでクレノにウオちゃんのこと伝えました。彼女の行動はおせっかい焼きと言ったら身もふたもないですが、誰かのためだったり生きてる限り可能性が0じゃないというところから来てると思うんですがやっぱり母親は亡くなっていて生きてもう会えないからこそ、会いたくても会えない彼女が言うからクレノへの言葉は説得力があるんだと思います。願いと呪いは紙一重だと思いますが、トオル君の願いは呪いにならないでほしいですね


Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season ☆


新キャラと亜人の住まう聖域に向かうことになりましたが、いろいろな答えは聖域に全部あるらしいんですが・・・入れたのは恐らくスバル君のみで自称強欲の魔女と対面してエンド!タメ回だと思いますがキャラの心情描写に趣が振られてたのかな?話今回のクールで収まるのかなとふと思いました。あとED?がめっちゃかっこよかったです


放課後ていぼう日誌 ☆

お休み


Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ)☆


わかる人少ないかもですが、既存のスポーツに限定的にプラス1でなにか不思議なギミック使えるってなるとドラえもんの外伝のドラベース思い出しました(あの作品だと野球中に道具を限定的に使えました)そんな競技名忘れたけど実質ドッジボールプラス魔法の試合で結構頭数増えてきたりいたんですが落ち含めて簡単には勝利しなかったり面白いですがアイドル要素いつくるんかな?


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ☆

先生はあの部を畳んで別の学校に転任するのかな?だとしたらかっこつけすぎというより僕には大人の自己満足にみえるかもです。鳥の巣立ちにたとえることもできますがちゃんと言葉にしなきゃ、世の中そういう別れもあることありますがあの年ごろは背負えるほど大人じゃないそんな時期なんじゃないかと、あと妹みたいに思うからの、告るワンセット考えたことはありませんが、お兄ちゃん気質ってのはちょっと理解できるかも、それはともかく昔、個人の話ですが好きだった子にお母さんと呼び間違えられた事がありましたがあの時はどんなリアクションすればよかったのか今でもわかりません。それはさておきプロムの予告がSNSだったりで世代感じますが予告ムービー撮るお話が後半なんですけどもラストのヒッキーの「やっぱ合わねえわ」ってのが盛り上がってる現場との温度差がいいアクセントになっていてなんとなく共感を得ました。


Great Pretender





宇崎ちゃんは遊びたい!☆


今週はマスターが面白すぎて宇崎ちゃんと先輩の掛け合いがおまけみたいに思えました。



デジモンアドベンチャー ☆

ジョウ登場!昔と違いDWで勉強できてるのはちょっと笑いましたが、子供ながら自分の現実の目標にぶれず今回はリアリストとしての面が強く描かれててこれは面白い描かれ方ですね、今まではなんだかんだで摩訶不思議に乗り気な子供ばかりでしたから逆に帰る方法や大人いないことに落胆するところが非常に面白い、それからゴマモンも昔と違いジョウのこと理解度高かったりその献身から冒険に旅立つ経緯が今回はナイス!本当に地味な事ですが太一が先輩ってジョウの事呼ぶのなんか違和感あるけど目上に対する態度は今回の作品のが正解ですね、受験生ネタも忘れず持ってきて笑いました。


遊☆戯☆王SEVENS




ゾイドワイルド ZERO ☆

しゃべるジャミンガたちの技術力がすごすぎるのと、(霧の上超電導であるったり)シーガル曰く死を恐れない軍隊って言ってますが、実質しゃべるジャミンガサイドにコントロール権ある真帝国の戦力はあてにならないし、エース二人しかもう自我ある戦力ないとか協力関係というか利用されてる時期終わったらもう終わりなんじゃないでしょうか?見どころは共和国と帝国のエースVS真帝国のエースの駆るカスタムゾイドの戦いですね、ですが地味に最近ライジング戦ってる記憶がない気がするんですけどもレオは主人公ちゃんとしてるので戦闘しなくても影薄くなりませんが戦闘もまた見たいね

まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ

フルーツバスケット 2nd season ☆

三者面談、トオル君はシグレさんと一緒にきてから就職ルート希望しますがもっとじっくりといわれ、キョウはリミットで何も言えず、ユキは思った以上にソウマの人間は物の怪付きだけでもだいぶアレなのに母親は先生が指摘したように言葉で子供を傷つけるタイプで道具扱いで子供の言葉聞かないあり様で(アヤメよくあんな風に育ったというかあの母親だからこそああもなったんでしょうか?)ですがここで重くなったよどんだ空気をアヤメが見事上書きし救いに来てくれました。アヤメは過去に助けを求める弟の手を取らなかったかもしれませんがやり直すチャンスをものにしある程度育った大人だからこそ親の過ちにも物申せる頼れる兄として描写されていましたね、んで母親にじかに向かって行ったユキ、返事は帰ってこなかったけど暴言はいて去っていこうとした母に意思を伝えられました。初期値では最初からあきらめが強かった彼があきらめなかった瞬間は輝いていました。あと身長で成長見せるのもグッド



Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season ☆

実は白猫のコラボで知った知識で1機話見て、2期1話見たことになるのかな?なので知識はざるです。1期でペテルギウスを打倒しハッピーエンドと思ったらまた次のバッドエンドが来たみたいなんですが・・・この作品死に戻りなんですが毎回痛みや苦痛伴い今回は自分で震えながらのどを剣で刺すとか臨場感がありますね、んで暴食の能力で記憶と名前食べられた奴は存在忘れられ眠り続ける抜け殻になるみたいなんですがそいつからレムを取り戻すお話みたいです。


放課後ていぼう日誌 ☆

お休み


Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ)☆


普通に生活しててもスネイプに採点されてるくらいの減点!ここのオシリスレッド想像以上にヤバイですね、んでアヒル捕まえたりチームメンバーの得意分野がわかったりでしたが、ラストにオルケストラとかいうライブ見て終わりました。なんか魔力は人々から集めるらしくそのためのライブなんでしょうけど、アイドル不在になったらこの町の魔力どこから持ってくるんだろう?


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ☆

お姉ちゃんの細かくは覚えてませんがあきらめて折り合い点けてくみたいにとれる言動ありましたが、大人になるということは妥協と折り合いとうまくやっていくってことを描いてるように見えましたが、それでもそこに至るまでもしくは至ってもあがくのが人間なのかもね、あと酔えないってのも印象的、んでもってプロムやりたい言い出したこがお姉ちゃんとは違い若さ弾けあきらめず挑戦し続けるこれが若さかって感じの対比になってる印象です。望んだ結果にたどり着けるとは限らないけど結果に至る過程は決して無駄にならないし後糧となるのかな、その結果がどうなるかわからないから、そしてヤッハローはこの時期の少女らしく変化を恐れ恋愛においても勝ち目がないもしくは関係破壊したくないので動けない自分を自覚してる描写で終わりましたが・・・個人的な経験則としては間違いかどうかは本当にわからないからチャレンジしたほうが悔いは残らないかもね?


Great Pretender

詐欺師のお話で、主人公がはなっからみんなにグルで化かされてたらしいですが面白いし作画もいい、だけどなのが起きたか全部は理解できませんでした。




宇崎ちゃんは遊びたい!☆

前にマンガで見たことあるのですが・・・もこっちの弟じゃありませんが女じゃなく男なら殴っていたって言葉の典型行くようなウザイ通り越して酷いとおもいました。」





デジモンアドベンチャー ☆

今回はミミ登場!過去版だと両親がキャラ濃かったですが今回はおじいちゃん出てきましたね、話的にはDWと現実世界の時差がわかってミミがパーティー加わった以外はオーガモンの角折ったぐらいで話は進んでませんね、あと進化シーンはCGバンクでやってほしいなー今更ですが


遊☆戯☆王SEVENS




ゾイドワイルド ZERO ☆

ラピュタな印象の今回のヴォルテックスでしたが久々感があるジェイクとソニックバードがゼロファントスと戦い撃退するもまさかの翼を折られ、倒せはしたもののゼロファントスの底知れぬ不気味さがありましたね。旅の仲間にメルビルも加わった感じですがしゃべるジャミンガの親玉は声がプロイツェンかヒルツだったらいいなーと思いました

まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ

フルーツバスケット 2nd season ☆

謎はまだありますが15歳組(主に今回はハツハル)はやっぱりしっかりしてるなーそれでいて青春してる。ここに至るまで元の形じゃいられないしこの先も変化し続けてくのが人生ですが変化が始まったそんな思春期の夏って感じですかね、シグレさんは本当に腹の底見えないけど善意なのか悪意なのか?でもちゃんと大人してくれるあたりが面白い


放課後ていぼう日誌 ☆

お休み


Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ)

なんかハリーポッターみたいな学園もので、GXみたいな生徒に3つランクあったりいきなり入学してドロップアウトガールズが結成されちゃったりどこかで見た要素ですがどうオリジナリティ出してくれるか楽しみです。


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。


なんか出だしから最終回みたいですが・・・途中参加だから感想特に穴ありますが許してね、この作品は人との距離感がメインテーマだと思うんですけども、兄妹間の距離感みたいのが1話目なんでしょうか?肉親や親兄弟でもやがては別れ来ますから他人とも出会って別れて人生はその繰り返しなんだろうなーと


デジモンアドベンチャー ☆

この作品は恐らくアグモンたちは輪廻転生しつつループしてる類かも、大陸超えるとかサーバ大陸思い出しましたがやっぱり別の大陸でしたか、ホエーモンは善玉でしゃべるってのが相場でしたが今回違ったね、コウシロウとテントモンのやり取りよかったですね、あとオーガモンはオリキャスだよね?って事はまだ出てくるかも


遊☆戯☆王SEVENS

GX以来の恐竜かな?オチはよくある感じでしたがデュエル描写は毎回ちゃんと実力あるキャラだしてくれるのが好印象です。にしても遊戯王のトンデモのなかでも結構上位なトンデモでした


ゾイドワイルド ZERO ☆

謎の霧の巨ゾウが無差別に3陣営基地を攻撃していましたが、なんとジャミンガが真帝国にしゃべってコンタクトを!しかもゾイドを介して意識乗っとるコントロール奪取まで・・・この勢力は宇宙船で反乱起こした連中なんだろうけど結構前に唱えたジャミンガは元人間説ありえるかもですね

まとめ感想 フォルテ編 今週は接続不良のためお休みとさせていただきます。

dj f maru
投稿者・フォルテ

フルーツバスケット 2nd season ☆

ユキの生徒会でのお話、問題児の集まりみたいなところですが、特にユキは特オタが苦手のようです。よく考えたらユキって積極的になってきたけど陰キャ属性一応持ってましたね、生徒会は極端に陽か陰で、ついに衝突!ただユキは最近妙に素直に前に進みすぎてたので苦手なやつぶつけて本音弱音言わせる展開はグッド!しかも相手も系統は違っても同じような悩み持っていたのでした。ソウマの外の世界でぶつけ合い互いを知ること知ったならソウマの中でもそれができればいいんでしょうが今はこれが大きな一歩です。


放課後ていぼう日誌 ☆

お休み




プリンセスコネクト!Re:Dive ☆


ペコリーヌの過去と過去を覚えている人がいない消された存在ということと、人一倍孤独を恐れていることがわかりました。それとは逆に自分のことはわからないけど恐らく自分をすり減らす恐れもあるけど戦うユウキが対になってて配置が見事だと思います。んで少し事実を知ったユウキが自分が何者だったか、何のために存在するのかわからない状況で仲間を守ることを選択しちゃんと主人公してたのが好印象です。全編通してキャラ紹介多かったし異世界の日常物っぽく見えてちゃん冒険ファンタジーって言っていいのかな?してたのが良くて続きぜひ見たいですね


デジモンアドベンチャー ☆

東京のブラックアウト・・・北海道であれなんだから実際に起きたら予想もつかない被害になりそうって身近な脅威書きつつデジタルワールドへ!今回はソラとピヨモンのとうじょうでした。なんとなくピヨモンは過去より臆病に、ソラは過去より明るい印象ですね、遺跡みたいなところの像は3大天使か?



遊☆戯☆王SEVENS


出だしから見るアニメ間違えた気がしたらまさかのミミの息子登場!しかも伏線ちゃんと張られてたw親子そろって令和の時代にバブル時代だの世紀末だの今の子供に通じないでショーがw出だしはめちゃくちゃでしたが、本質はラッシュデュエル反対派の母親にラッシュデュエルしたいと伝えて説得に成功して好物のスパゲッッティナポリタン作ってもらえたハートフルな終わりでした。あとミミがちゃんと母親なんだなーってのも描写されてたのっよかったですね


ゾイドワイルド ZERO ☆


真帝国ってネオになる前のゼネバス人の集まりなのかな?と思う今日この頃ですが、真帝国の拠点攻めにギレル率いるスナイプテラ部隊が出撃したのですが・・・なんとランド博士作のハンターウルフに乗り換えたスピーゲルがあのギレルのスナイプテラに大ダメージを与え撤退にまで追い込みました!前作の主役級機体のカスタム機はファングタイガーしかりですが、敵ながら大活躍しててあのカスタム再現したくさせるって事は販促アニメとして大成功ですね、んでランド博士は生存してキューブ起動させるも何かどこぞのダークカイザーさんみたいのが出てきたんですが・・・あれが宇宙船で反乱起こした奴かな?