ゲームについて疾走するフォルテ 「ロックマンXシリーズ」その8

引き続きXシリーズレビューです。ついにシリーズも最後のレビューです。いろいろ思うところはありますが続きがやりたいです


今回は作ラスト8作目の「ロックマンX8」!

ハードはプレイステーション2


※点数は評価企画の基準と同じ1~5です。


(ゲーム性)5

7とは打って変わり2Dで一貫した(ライドチェイサーステージは除く)ステージ構成でこれまでのいい印象の要素を洗礼してバスターの照準も従来通りに戻り難易度も高めですが難易度が選べるため何とかクリアできると思いますが死んで覚えてやりこむ従来のロックマンらしい出来になってす。ただちょっとシビアかな

また強化に使う新要素メタルも面白く集めなくてもクリアできますがコンプすると強くなるし特典あるしで集めるのも一興か?また収集には3人の主役のそれぞれの特性生かすのでこちらもやりこみ要素ですねただメタル稼ぎは少し作業ぽいところがあります

今回も出撃には二人一組のバディで行くんですが今回はゲージがたまると合体攻撃があったり敵に捕獲された時バディに救出してもらうなど面白いアクションもあります。

エックスは基本従来通りですがアーマーが複数ありそのパーツに互換性があり自分好みにパーツをいじることができ面白い。アルティメットアーマーも復活しましたがデザインや性能が異なります

ゼロはキャンセルコンボは使えないままですが前作の遅い抜刀が嘘のような使いやすさでガードの堅い敵に有効なキャラとして地位持ってる気がします。あと前作ではボス倒すと武器増えましたが今回ではレアメタル集めないと基本武器が増えないのが少し面倒ですがモーションや性能変わったりスロリートファイターの技使ったり一見の価値ありです個人的にゼロに限ったことではありませんが今回は技名叫ぶんですが以前の技叫ばないほうが好みかな?あと黒ゼロの性能も変わり攻撃力アップする代わりに防御がダウンするデメリットアタッカーな感じです

アクセルは初登場で劣化エックス言われてましたがロクフォルのフォルテのように8方向にオート連射で射撃ができるのと前作より変身が使い勝手良くなった事、ボスを倒すと特殊武器の代わりに武器が手に入りエネルギー気にせず使いまくれたり武器によってつがいがって違うのでそれを楽しんだりホバリングできたり見事に差別化できてます。あと初の強化フォーム白アクセルが存在しダッシュ距離伸びたりホバー無制限で変身も制限時間が無くなります。またこのカラーリングはあるキャラクターと酷似していますがその関係性は続編がない今真相は謎のまま


あとナビもオペレーターが3人になりそれぞれ得意分野違うので選択する楽しみあります。隠し要素でオペレーター3人娘がプレイヤブルになるんですがエイリアが6の8ボスの一部処分した過去に納得いくかも?


(グラフィック)3

当時としては悪くあいけど細かいところでそこまで突き抜けたものは感じませんでした。エックスのアーマーの差別化も色変えってのもマイナスかな


(ストーリー)3

5でコロニー落下して地球環境酷くなって7で少しマシになって8で宇宙に進出しようってなってるんですが・・・Xの世界観一応X4の時点でコロニーやらなんやらあって宇宙に進出等にしてるはずなんですが今更起動エレベータが舞台ってのもなんか矛盾感じますがまずこれは置いておいてアクセルの出生の秘密が新世代の変身能力あるレプリロイドのプロトタイプとあっさり判明してたりあっけない印象です。んで新世代がシグマコーピーしちゃったからイレギュラーになった感じでまーたシグマ主導で復活したVAVAとの闘いを描くんですが5~6にいたコロニー落としの大罪人ダイナモのあくじがVAVAの仕業ぽく描かれてたり?ってなるとこ多いですねあとラスボスで無くなったシグマの後釜のラスボスの語るシグマのイレギュラー化の理由やらがX4のそれと異なりゼロのウイルスに感染したのではなく自ら選んだとされてたりラスボスの解釈なのか後からこういう設定に上書きされたのか?

あとこの後にも含みある終わりで続きにおわせるような感じで音沙汰ないので靄っとします。



(総合)4

ゲームとしての完成度は難易度はともかく高いと思います。苦労するけどその分クリアしたときの喜びのデカい典型例のような

     「
~~~蛇の足~~~~
   」

一応ロックマンシリーズの時系列はいつだか書きましたがXからゼロに時代うつるんですが一応ゼロは6のゼロエンドのパラレルワールドって位置づけだったのですがシリーズ続くごとに後のダッシュに続くよう作られておりパラレルじゃないとも取れますがとりあえずXから100年後が舞台なんですがシグマの起こしたイレギュラー戦争を発端にロクゼロ3のサントラのドラマCDで語られた妖精戦争終結までがXらしくそこまでゲームでやれとは言いませんがそこに至る空白をゲームでやりたいですねあとドラマCDでなぜアクセルがいないのかなど謎もあります

まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ


歌舞伎町シャーロック ☆

まさかのアイリーンが殺害されました!あとモリアーティーが名前的にも場所知ってたり怪しいですが逆に怪しすぎてジャックじゃない気もしますがその辺どうなるか気になります。


真・中華一番! ☆


昔のと細かいとこ違うけどおおむね同じ展開と思いきや兄弟子の活躍と試合はカットされるようで尺の関係かな?ですが上海で兄弟子と再会して裏料理界とバトル!テンシン勝負で課題は饅頭相手の得意ジャンルなので不利なんですが今回は生地こねてるとこでヒキと料理としては正解なんだろうけどこのアニメでは地味でした


ゾイドワイルド ZERO ☆

今回は遺跡となった空母を舞台にスナイプテラに一矢報いる話でしたが前半の冒険してる感じとアイセルがただついてきてるだけじゃなく監視していることが判明してたり小出しだけど確実の情報は出てたり今回の見どころの空中戦ですが初代のオマージュなところ感じる攻略法でしたがただカタパルトで発射するだけじゃないのは見事!ただまた戦う時にはカタパルトないだろうし同じ手法は通じないだろうしどうなるか?相手が空中にいると攻略がそれだけで難しくなります。そのためにジェノスピノに乗り換えフラグあるのかな?

具体的な元ネタはストームソーダ3s相手にブレードライガーをカタパルトで射出したのと火薬で二段ジャンプは恐らくドラゴンヘッドの要塞のとこの時の崖を火薬で切り離してジャンプしたのが元かな


俺を好きなのはお前だけかよ ☆

総集編!メタ的なお話が面白い総集編でしたがジョーロがルルーシュのセリフ言ってましたがこの作品福山さんでてましたねwにしても尺の問題なのか製作ペースの問題なのかちょっと心配



放課後さいころ倶楽部 ☆


前半はアヤのワーカーホリックな父親とのすれ違いをゲームを通して和解するお話でしたがようやく来た担当会ですが待たせたかいがある素晴らしい話でした1話でミキに送った言葉はこの父親の言葉ってのもグッド!んで後半はクリスマスパーティでラブコメ入りつつなんで賛否分かれそうですが僕はこういうのあってもいいと思います。ゲームっていうきっかけからお互い知って距離図って今回みたいにゲームの外でも勇気だしてみたりそういった盤上いがいの成長も見せてくれるのがこの作品の良いところだと思います。


慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ ☆


総集編


旗揚!けものみち ☆


勇者サイドと魔王サイドの戦いをプロレスでなんか平和的に描がいてるのも新鮮で今までのキャラがいっぱい出てくるのも見どころですしシリ姫がMに目覚めたり負けはしたが一矢報いたカーミラなど見どころがかなりあるお話でした。来週は対に因縁の対決ですね


サイコパス3

アラタとケイのすれ違いからの険悪ムードと悪落ち・・・んでヤヨイさんの遺作のインタビューでそれぞれに正義とは?と聞いてましたがこのままだとアラタとケイは対立しちゃうよね?結局落としどころらしい落としどころなく終わりましたが続きどうやるのかな?キャラの魅力がいい感じだったの続き気になります。あと今更ですがアカネが免罪体質なのかどうなのかって話なんですが初期の免罪体質の設定だと彼女は一応犯罪係数上がったりしてるので該当しないはずなんですがシリーズ通しても曇りにくく3で殺人して曇ってないぽいのですが・・・二つ説あげときますね1つは後付けで免罪体質になったか2つ目は免罪体質とは違うけどそれに類する精神構造の持ち主じゃないかと思ってます。

まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ


歌舞伎町シャーロック ☆

アイリーンが活躍する回でしたがシャーロックと同等かそれ以上の知能と女性ならではの行動力を見せてくれてシャーロックにないもしくはできない魅力を見せてくれました。シャーロック一強にしないパワーバランスもいいですねあと子供の面倒見るシャーロックの描写も好きでした。そして久々に切り裂きジャック来る!


真・中華一番! ☆

注意!このアニメは料理アニメのはずです!が前半はこん棒と包丁のリアルファイト!伝説の厨具は8こあって手がかりは上海にあってマオたちはパーティ組み旅に出ることになったんですが・・・バトルファンタジーアニメみたいなノリになってまいりましたが中華一番とはこういうアニメです。んでトッキュウチュウシになる前のマオのバックボーンが語られましたが前のアニメだと先にやってたんでここでこういうのなかったんですがだいぶ違いが出てきた印象あります。とりあえず上海行く前に過去回想でちゃんとやっておかないと今後問題起きるので伏線ちゃんと張るように作ってるのは圧縮してるとはいえ悪くないかな


ゾイドワイルド ZERO ☆

今週は帝国に追われたどり着いた時の止まった遺跡が舞台でしたがZフォーミングの端末の影響でその現象が起きておりそういったところを探し手がかりが見つかった回でもありましたが戦闘面でもレオだけじゃなくアイセル初のワイルドブラストやラプちゃんの軽快な機動性を生かした重量あるゾイドへの戦い方などの魅力もありました。



俺を好きなのはお前だけかよ ☆


ジョーロの劣等感からくる贖罪のバイトでしたがそれ言い当てられてやつ当たったりヒマワリがジョーロの危機察知してて本買いなおしてたことに怒ったりジョーロの自分をモブと仮定して承認欲求があってそれで悪循環起こしてたんですが周りに支えられ助けられモブじゃないと自己承認できたことでブレイクスルーできました。あとトラブルメーカーのヒマワリもそれだけじゃなく察して行動起こしたり結果的にジョーロとプレゼント交換になってたのがいいですね。


放課後さいころ倶楽部 ☆

エミーの掘り下げとゲームデザイナー志望者二人がなかなか言い出せないお話でしたが一方はプライドとか防衛本能みたいのが邪魔して一方は接したいけど距離感じてそれを友達とゲームを通じてやっとオープンにできるっていうゲームの手段としての描かれ方とだるまさんが転んだのようなある種完成された概念にさらに手を加えることでエキサイトなゲームにしたりクリエーターとしてもミドリが保守的ならエミーは改革的でどっちが優れてるとかじゃなく切磋琢磨してくのが理想なんですが二人は夢オープンして意見交換できるようになりそうなのでこれで二人とも伸びしろがさらにアップですね。あとゲームは進化の途中と言われてましたがある種の完成された完璧を求めるのではなくさらに新しいもの模索し良くしてく努力はどこの世界でも大事なんですよね


慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ ☆

実質四天王の半分しか倒せませんでしたが何気にセイヤが倒せなかったり人間の中の強者が出たり面白い話でしたがいつものきめ台詞なかったり装備も整ってない中の最終決戦手前ですがおじいちゃんが赤ちゃんに?



旗揚!けものみち ☆

ヒロユキが売り飛ばされた話でしたがゲンゾウさんに大ダメージ与えた初めての回じゃないでしょうか?そしてシリ姫様は今回はお尻だしてないのに散々でした。あとついにマオと再会!んでまたプロレスで決着をつけることになるんですがカーミラがまさかのゲンゾウさんに弟子入り!?


サイコパス3

教団編は後味悪い感じにでも思ったよりは悪い展開にならず奥さんも死なず色相が濁って収監されてしまいましたがまだましといえるのかな?あとアラタは免罪体質と判明!シビュラの盲点埋めるための雇用らしいですが久々にアカネとかギノとか出てきておいしいとこ持ってったりでも主人公立てたり見どころ多いけどあと1話で終わるのこれ?

ゲームについて疾走するフォルテ 「ロックマンXシリーズ」その7

引き続きXシリーズレビューです。スーパーファミコンからプレイステーションときてついにプレイステーション2にハードを移しドット絵から3Dにグラフィックも変更され3人目の主人公が登場するなど一見すると見どころに見えるのですが・・・内容はレビューのほうで


今回は7作目の「ロックマンX7」!

ハードはプレイステーション2


※点数は評価企画の基準と同じ1~5です。


(ゲーム性)1

まず3Dになった事で従来通りのステージ2Dと3Dのステージがあるのですが調整が正直悪く特に3Dだとカメラワークが原因で死ぬことも多々あります。あとダッシュ壁ジャンプすると何故か今までどうりの動きができないので遊び心地がまるで違います。
各キャラ通してそれぞれ紹介します。

まずは新キャラアクセルはチャージできないけど連射が効いいて特殊武器の代わりにホバーとエアダッシュの使えるエックスといったところですが固有能力として特定の敵を特定の技で倒すとドロップするアイテムで変身することができますが・・・変身先が少なかったりするまでの手間が多いわりに見返りが少なく魅力的とは言えませんあと今回はオートロックオンになったので連射してるだけで敵倒せるので狙い打つ動作ができず今までのシリーズ通したらしさがなくなりました。これはエックスも同様

続いてゼロはまずセイバーの速度が遅くなり連続で切りつけると隙だらけになり爽快感がそがれまして今まで可能だった技キャンセルも不能になりバスターも使えなくなりました。全体的に使いにくくなりましたがこのシリーズからZセイバーやバスター以外の武器を使えるようにはなりましたがクセが強かったりステージの兼ね合いで慣れが必要です

最後に何でエックスにしたかというとタイトルにもなってる主人公のくせに条件満たさないと使えないキャラ枠になっているからです!これはゲーム性云々以前の問題ですがそれはさておきバスターは今まで通りチャージ可能で威力も高く今作仕様のオートロックオンで最初からエアーダッシュ使用可能とノーマルからして強くこれに加えて今回では1~4までと同じ部分的に強化される方でアーマーが1種あり正直エックスいれば隠し要素とか抜きにしても一強なくらい強いですがバランス調整悪いんじゃないかとは思います。あとカプセルはエックスでいかないと開かないのでエックス使えるようになってからもっかい行くとか手間かけさせてくれます

ただ主人公3人になったので1ステージに最大3人から2人選びそのステージ中任意のタイミングでキャラクター入れ替えられるシステムは面白い試みですが慣れてくるとサブタンクいらないんじゃないかな?ってなります。

さらに前作よりも悪化したレスキュー!前回はナイトメアに悩まされましたが今回は通常の敵の攻撃でレスキューキャラ死んじゃうので全員助けるのは結構至難の業です






(グラフィック)3

PS2の当時のグラフィックとしてはまあまあじゃないでしょうか?でもOPが今でいうMAD状態だったり手抜き館はあると思います



(キャラクター)3

新キャラアクセルは悩みすぎて動けなるエックスやクールなようで熱いゼロとも違い性格が幼く明るい今までと違ったキャラクターで新しい風取り入れてくれる存在で面白い試みだと思います。逆に今までの戦いで精神的に参って前線退いたエックスと経験の差考えの違いから主人公に物申せる立ち位置ですね。また変身能力や出生の秘密もミステリアス

逆にエックスは性格考えたら仕方ないですが前線退いてアクセルに文句言うだけみたいな印象受けたのでイメージ落としてしまった感じがあります。

んでゼロはアクセルの面倒見たり思ったより人付き合い下手じゃない印象でした。



(ストーリー)2

今までが人類に宣戦布告してきたイレギュラーとの闘いで地球滅亡の危機とかの後に今回自警団とハンターの小競り合いとスケールがものすごく下がってるしアクセルの体格同じ位じゃないと変身できないと言ってるのに明らかに体格違うやつに変身してたり矛盾があったり先の大戦で知名度あるはずのシグマを知らないやついたりいろいろツッコミどころがります。


(総合)1

全体通して新しいことに挑戦したのはいいんだけど失敗して作りにあらが目立ちXシリーズの中では最低だと思います。


     「
~~~蛇の足~~~~
   」

5~7と3作とナンバリングでは一番長く続いた森久保さんエックスも今回で終わりです。

あとアルティメットアーマーや黒ゼロもありません

アクセルは不遇で僕の記憶正しければ国内では立体物が作られてないロックマンシリーズの主人公だった気がします。余談の余談ですがゲーム本編続きでないのになぜか立体物の商品化はいまだに続いてるのが不思議です?なのになんでアクセルだけ省かれるんだろう

まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ


歌舞伎町シャーロック ☆

今回はシャーロックの兄来たりワトソンがメインで動いたりシャーロックが一杯食わされたりいつもと一味違う回でした。一発解決じゃなくからめ手だったりUSBの中身が謎だったり2話以上続く構成ってのも異色!


真・中華一番! ☆


氷に対して火傷するほど熱した炎の包丁で勝負を制したマオでしたが今回の裏の技法やらをなんでマオが知ってたかの引きの答えが今回でしたが以前のアニメよりも丁寧に描かれてっるんじゃないかな?かなり前の記憶であれですが以前はあっさり説明されてた気がしたのでんでレオンも裏に入門したものの裏の恐ろしさから裏を抜け裏と戦うために伝説の厨具を欲したようですがレオンのやらかしたこと今回は語られませんでしたが来週なのかそれとも何か規制に引っかかったのかな?それから隕石から作られた包丁は切れ味はさることながら鮮度取り戻したり入れ墨消したり龍の紋が浮かんだり今見るとツッコミどころだらけだけど面白いです。


ゾイドワイルド ZERO ☆





俺を好きなのはお前だけかよ ☆

転校生とか髪染めた子もそうなんですが・・・今回はパンジーの大切な本をダメにしてしまったジョーロが弁償するためにバイト始めることになったんですがパンジーは弁償必要ないから図書室に通ってほしいといいますがジョーロは弁償を譲らずバイトを貫き意見が割れました。今回の話見てるとどこまでが本人のケジメなのかエゴなのか?ってところ考えさせられます。あとジョーロが八方美人になりすぎるところくぎ刺されたり優しさと逃げの境界とか意外と語れるテーマが多いです。



放課後さいころ倶楽部 ☆

エミー本格参戦といつもより登場ゲームが学祭のおかげで多めな印象でしたが新規や既存のキャラが学祭で集まるってのもよかったですし旧校舎に追いやられても切り返したり見どころも多かったですが副会長は今のところ快いキャラではなく描かれてるのが伏線なのか単にヒールなのか気になります。


慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ ☆

前半は変態女神が持っていきましたがハエ攻略にて気に入らない相手でも助けたり相変わらずオレツエーでしたが以前から人の命は大事にしたり好印象になりつつあるのが面白いです。んで助けられたほうはセイヤをディスって帰りましたが彼女はセイヤと反対のキャラですがセイヤの対になるようなキャラとしては弱いですねまぁこの作品自体が主人公が強すぎるのうたってるのでしゃーないですが主人公の反対意見言うキャラいるのはいい事ですが彼女は稚拙なのでちょっと役不足かな?んで伝説の鎧取りに行こうとしたら四天王がもう先に破壊してセイヤを殺しにかかるヒキですが・・・主人公が強すぎるからこそ魔王に対して有効な武器与えないことでバランスとってるのかな?



旗揚!けものみち ☆

話が終わりに近づいてきました。姫様がまたでてきたり魔王討伐を拒否したりでもカーミラのウソ情報で魔王に興味津々になりましたが異世界の魔王として暴れるマオのことを認識たとこでしたが・・・姫様の言動からもやっぱゲンゾウさんの価値観はこの世界にはありえない異質なもの名の再確認できましたがもし真面目にゲンゾウさんのやり方貫くなら共存ルートとかありえそうかもだけどどうなるだろう?


サイコパス3

キャラクターたちが新規は魅力が強くなっていき既存は成長やらがみえて好印象!ですが潜入ばれたり奥さんがなんかやばい手術されそうだったりアラタも止められたトーレース使ったり今まで3期目でくみ上げてきたものを壊しにかかってきました!どう見せてくるのか楽しみです。

まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ


歌舞伎町シャーロック ☆

今回は小林にスポット当たってましたが利己的なチンピラのようで根が優しいから損な役回りすることが多いキャラとして1話だけでもすごく魅力的なキャラとして描かれていました過去の漫画家逃がしたエピソードとかも彼の人となりよく出てて好きです。落語もガッツはなく珍しいけどこういうのもっとやってほしいですね


真・中華一番! ☆

タイ勝負は引き分けで延長戦でレオンが裏の氷でできた包丁ですごい刺身作りました。んでマオは春巻き作りましたが遅いのと刀工勝負ってテーマに外れるのとでどうなる?ってヒキでしたが・・・今回案外引っ張りますね話自体は何でマオが裏の包丁知ってたりとか
謎は解けないんだけどエンタテイーメントとしては今秋見どころあったように思いますね


ゾイドワイルド ZERO ☆


今回は奪われたライガーを奪還したり帝国の軍服着て潜入したりこういう展開の王道というかベタな展開なんだけどもアイセルがわざと共和国基地に帝国側から狙撃して退路作る切っ掛け用意したりライガーに火器を使い切りとはいえ改造して暴れたりなかなか見どころありました。


俺を好きなのはお前だけかよ ☆

水着回で3ヒロインから誰選ぶ?とおもいきやまさかのサンちゃん選び(内容が内容だから消去法ですが)まさかのBLるーと!あと因縁つけてきてた女の子たちが謝罪に来たりイメチェンしたり何気に伏線はって回収もしてるようです。ついでに僕っこ新キャラ転校生もきました



放課後さいころ倶楽部 ☆


マキちゃんとのもんじろうでのゲーム通した対話にてですが作中でも言われてましたが大人になると顔合わせて遊ぶ機会減るんですよねだからこそそういう機会大事にしたいです。んでお互い思ってる事ぶつけるのがもんじろうですがお互いの過去知ってたり知ったりより距離縮まったり相手との距離図るツールとしてゲームがよく描かれてました。あと文化祭のお話は副会長が個人的な感情だけで前回と同じで悪役に描かれてる点がマイナスですね一応退院した生徒会長が来店して遊んで承認してボードゲームカフェが認可降りる流れでしたがゲームの流れとかも楽しんでる描写もいいんですが副会長がネックでした。祭りをミドリに頼らあず成功させたいから認可しないっていう理由ってのがほんとに個人の意思で生徒会の副会長でそういうポジションの人間の判断ではないですよねメタ的に言うとこの作品でいう悪役かヒールなんでしょうけど


慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ ☆


セイヤと対になる猪突猛進な女キャラ出てきましたが考え方の違いから対立とまではいかないまでも衝突することになりました。どっちも言いたいことわからんでもある作中ではっどっちもどっちみたいにぼかされてましたがセイヤを肯定するだけじゃない描かれ方しただけアクセントとしてはいいかな?あと弓の修行でハエに応戦するんですが戻ってきたらどうなるかな?


旗揚!けものみち ☆


異世界でプロレス再現して成功したんだけど収入は全部パーになるお話でしたが・・・今までのキャラとか下での世界での経験をもとにした成功?なので面白いし説得力がありました。落ち含めて笑いが止まりませんでした。結構蚊帳の外のシリ姫さまが技からゲンゾウさんとケモナーマスクを特定する手がかりにしてましたがこれどうマオ含め拾うんだろう?


サイコパス3

この世界観で宗教ってどうなんだろ?思ったら色相濁らせないための手段としてある種前回のアイドルが政治家になるみたいなもんみたいな乱暴な解釈ですが色相濁らなきゃなにか偶像的なものにも頼ろうってのも今回のテーマなのかな?それはさておきトレースの副作用が顕著に出てきてくぎ刺されが強くなったり奥さんが目の手術なんだけどテロに巻き込まれそうだったり色相濁らず犯罪できるキツネが組織にもいてという情報も出てきましたが今回はいいヒキでした。

まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ


歌舞伎町シャーロック ☆

ルーシーとメアリの掘り下げと謎解きが見事1話の中に料理下手なのに差し入れがおいしかったってのでよく見ればわかるように作られてたりこれまでの突拍子もないものよりも掘り下げ込みで完成度が高く見えました。何気にあの睡眠薬入り大福って最初のころにもでてましたよね?ワトソンはその時モリアーティのおかげで食べるの未遂になってましたが


真・中華一番! ☆

7本の包丁を自在に操るレオン登場ただし裏に身を落とし伝説の厨具をよこせととやってまいりましたがマオと戦うことに!しかしタイ対決にてマオも裏にしか伝わらない包丁を持ち出したり裏の技知ってたり疑惑を残す引きで真になってから初めてうまい演出だと思いました。それはさておきレオンの包丁の装備の仕方のレイアウトってガッツみたいだし料理バトルしないでこん棒奪うしおいデュエルしろよじゃないけどおい料理バトルしろよとおもいましたwあとレオンもシェルも出るマンガ間違えてる気がします。それから裏料理界も話だけ聞くと飛んでも集団だけど食は生きる上で切り離せないものだからそれを手段として世界征服しようってのは謎の説得力があります


ゾイドワイルド ZERO ☆

バイザーやらの掘り下げやジェノスピノの存在が語られましたがお爺さんを追ってたらスナイプテラと再戦することになったんですが今度はマシンブラストされて荷電粒子砲をイメージするようなギミックと演出とライガーの吹っ飛び方と崖の転落の仕方で初代意識した演出かな?おそらくギレルのほうが作中通して勝率高いライバルとして描かれるんでしょうけど最近はそういうのあまり見かけないのでかなり新鮮というか久々な感じがします。


俺を好きなのはお前だけかよ ☆


犯人はアスナロで今回の謎解きはコスモス先輩でした。毎回パンジーでなく今回の顛末も一部メンバーしか真を知る者がいないとかさんちゃん含めた3人は許されてもお詫びしたくてパンジーに踊る機会と場を提供したりそれぞれみんな違う事、出来ることをやっていたのが印象的でした。にしても疑惑撤回記事書かれるからいいのか?ですが偽悪的に立ち振る舞いアスナロを後押ししてフッタリ人がいい奴ですね


放課後さいころ倶楽部 ☆

日本はボードゲーム後進国ではやりにくい市場であることミドリが自作のゲームのテストプレイを店長としてたら店長の昔馴染みの海外のゲーム屋さんがそのゲームをテストプレイさせないミドリをデザイナーじゃないと否定しましたがそれが着火剤となり一晩で一人で完成させいつもの3人でテストしましたが改善点やら物足りなさが指摘され指摘されたように一人で作れるものじゃなく数え切れえないテスト重ねてようやく完成することを学んだのでした。今回は初のオリジナルでなおかつゲームクリアってわけでもなく伸びしろでよいんある終わりでしたがこういう大人が物言える作品は重要ですね!なおかつこの作品においてゲーム知識高く初期レベル高い彼女にはハードル高く設置して伸びしろ用意してるのが面白い描き方ですが作中で描き切るのは難しいかな?この作品からオリジナルゲーム生み出さなきゃいけなくなっちゃう



慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ ☆


仲間の死を選ばず魔王を倒せる手段を択ばず慎重な性格なセイヤが何とかなると楽観的意見言ったり3話でないわーとか思いましたがそれ以降好印象になっていってます。あとリバースしたり毛100本むしったり笑わしにもかかってます


旗揚!けものみち ☆

迫害受けるリザードマンが弟子入りしてきて鍛える話でしたが原因はゲンゾウさんだったとかいうオチでおかしなマッチポンプでしたがこの世界でもプロレスすることになりそうです



サイコパス3

ハウンドから更生するのってやっぱすごい事なんですね伝説クラス! アラタの動きがどう見てもソニックでしたがアクションも今回見どころでしたが選挙通したエピソードも完結!理想の人間とは?って考えさせられる描写おおめでしたね難しい問題ですがカリナとAIの共犯関係だったりも善人か悪人とかそういう簡単なはかりにかけられない印象を受けます。あとシュビュラの裏で暗躍するキツネ狩りのために今回の主人公たちが駆り出されたようですが・・・ようやく面白くなってきました

まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ


歌舞伎町シャーロック ☆

今回はモリアーティとシャーロックの出会いだったり関係性を銭湯で描いてましたが二人とも落語が好きで類とも見たいな関係であるようですが今回の事件は元ネタ何なんだろう?桃太郎を元ネタあったらかぶせてるとか笑えます


真・中華一番! ☆

鍋料理の審査方法とか最高の食材使ったはずなのにそれで主役食ってしまった結果負けたとか面白い内容でしたが復讐劇のきっかけも実は悲しい片思いの重いフラれ方が原因で敗因も怨念のこもった重い食材ってのもなんとも、んで裏料理界が地味に出てきましたがこのあたりから面白くなります


ゾイドワイルド ZERO ☆

今回はレオ達ではなく帝国軍人のガトリングフォックスのパイロット目線でのお話でしたがゾイドを兵器として服従させ命を奪うか共存するか?を一軍人が反逆者としての道を選びゾイドを苦しませるのでなく共に生きる道を選びました。ちょっと駆け足気味だけどこういう話も悪くありません後に仲間になるのかな?余談ですがバイザーの効果はともかく寿命縮めたりゾイドの意思を捻じ曲げたりはバトストのオーガノイドシステムを彷彿します。それとバトストのジェノブレイカーのパイロットの任務放棄して愛機の意思尊重して行方くらましたりしなのも思い出したり



俺を好きなのはお前だけかよ ☆

一難去ってまた一難疑惑かけられ疑惑晴れかけられたら誤報記事配布されまた地位が転落前回の復活も奇跡なのに今回も厳しすぎますね、なんというかジョウロは結果被った事考えると怒っていいのにそれをしないのが人が良すぎる気がします


放課後さいころ倶楽部 ☆

夏休みに旅行に叔母の旅館に行くことになりましたがミキ母は彼女の性格から心配しましたが・・・過去の彼女を知る叔母目線でも友達連れて遊びに来たミキの変化に喜び今回のゲームでの描写でも旅館で鉢合わせた少年とミドリがタッグ組みましたがミドリはロジカルに助言言うんですが初心者のちっちゃい子供にはケースバイケースが難しく本人は忘れてましたが過去に同じ経験したミキがその少年とタッグ組んで同じ経験目線持ってたからこそのチームプレイで勝利するのでしたこの描写が過去の自分を乗り越えるような感じで好みです。んで過去を知る大人の目線から宝物を見つけたと成長の太鼓判押されゲームを通して人と関わり成長する物語をしっかり描いておりました


慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ ☆

仲間増えてからの修行編ですがセイヤはめがみたらしでマッシュは順当に成長してエルルが伸びずまさかの彼女をいけにえに最強の剣を作ることが判明!最強の剣よりセイヤの作ったのが強いオチかと思ったら意外とびっくりしました


旗揚!けものみち ☆

今回はマオとその召喚主と花子とカーミラの掘り下げでした。主にカーミラがポンコツなのがよく描かれてましたが花子も食い意地だけだけじゃなくカーミラ大事に思ってたりでマオとその召喚主はなんか勝てない相手にコンプレックス抱いてライバル視してる共通点がありますね面白い目線のお話でした



サイコパス3

選挙と秘書が殺害されたり暴力事件起こして定職処分食らったりな感じですが能力にデメリット出てきたりバディ二人の過去が謎が謎を呼ぶ感じで面白いですしCパートで今はフリーのジャーナリストやってたらしいですが元ハウンドのキャラも再登場!

まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ


歌舞伎町シャーロック ☆

キラキラネーム家族の殺人事件でしたが相変わらず1話完結でサスペンスよりもキャラクター見せるのに振り分けしてるのがいい感じです。あとモリアーティは誕生日でしたがCパートで不穏な描写あったし名前的にもラジオで話題に出たように彼がジャックザリッパーなのかな?あとワトソンの依頼の内容だけ少し語られましたがどう膨らむかな?


真・中華一番! ☆

チョウユウさんに恨み持つ男の復讐劇でしたが毒を使い人質使い卑怯な勝負と勝利で満足してたり3本勝負なので引き継いだマオとの勝負でのやり取りがデスゲーム状態なのにどこかコミカルで不思議な感じでしたがインパクトは弱いですねここにきて初の2話またぐ話ですね


ゾイドワイルド ZERO ☆

前回の敗北から共和国のほうにとりあえず助けられそこで帝国の襲撃にあい加勢することになりそれでも劣勢を強いられ地盤沈下作戦でなんとか撃退に成功しました。前作と違い修行したわけでもなく急に進化したゾイド乗ってるだけなのでセンスはあっても苦戦強いられるのはいいですね後考古学者キャラも仲間に加わりましたが軍人?なのにいいんでしょうか?


俺を好きなのはお前だけかよ ☆

仲直りの後をちゃんとして事後処理から逃げてたジョーロにパンジーが促す形で前よりも友達が増えにぎやかになりましたが新キャラが不穏な記事を書いてましたが・・・


放課後さいころ倶楽部 ☆


今まではゲームを楽しむ人ばかりでしたが否定的な人物が出てきてミドリのゲーム作家になりたい夢まで否定してきました。ここまでだと単なるヘイトキャラなんですがゲーム通してゲームの面白さ認めさせましたがなんでゲーム作家になりたいのかとかのバックボーンがドイツでのゲーム作りの歴史の掘り下げと同時進行する形で勉強になりました。先輩も押し付けがましくて嫌な奴に見えましたが根底はミドリと同じくみんなを笑顔にしたいってので最後は少しだけ嫌な成分減ったかな?あとミドリは最初のころやる相手いないのにゲーム学校に持ってきてたりゲーム作家になる夢といい遊戯とちょっと似てるところあるなーと思いました


慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ ☆

先週がひどすぎた反動か主人公が少しいいやつに見えちゃいましたが?でも慎重すぎたり合成の材料探しが好意ないとはいえストーカーじみてたり笑わし方とおかしいくらいの強さとかっこよさのバランス今回はよかったかな?


旗揚!けものみち ☆


転生転移物に珍しく転移後の世界の描写ののちゲンゾウさんの対戦相手が魔王の勢力として召喚されるってのが大きい見どころでしたいい感じに話にスパイスになってくれそうですね


サイコパス3

墜落殺人追ってたらギノとコウガミのタッグが再登場!ギノはわかるけどコウガミはどう復帰できたんだろう?なんか上位かもしくは違う部署みたいだけど?んで今度の事件はメンタリストの自殺らしいですがそうじゃないんでしょうが元アイドルの知事立候補者が怪しいらしくメンタリストのししつもある曲者らしいことが語られました。とりあえず今回は超能力まがい少な目で新主人公より格上でつつくいすぎずなキャラ配置で旧作キャラ出てきたりキャラ配置よかったかな

まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ


歌舞伎町シャーロック ☆

依頼人なんだけど依頼が伝えられずだけど一緒にいるワトソンとホームズの距離感と推理という言うにはちょっとエンタメよりの娯楽作品として楽しめますね、んでどう見てもサイコガンのコブラのパチモンもいまあしたねwあとモリアーティがまさか少年とは!


真・中華一番! ☆

なんかペース早い気がします?あとインパクトも弱いですねそれはともかくこん棒のシェル登場こん棒振り回して料理する今考えると衛生的にはどうか気になるやつですが出るマンガ間違えたような描写は好きです。次回謎の男からの招待状で・・・


ゾイドワイルド ZERO ☆


3話にしてライバル登場で主人公に敗北を喫する展開でしたが・・・共和国も出てきて何とか難を逃れましたが・・・こんな序盤から敗北持ってきたり展開早いですねもうちょっと善戦して負けると思ってたので主人公に優しくない展開嫌いじゃないです


俺を好きなのはお前だけかよ ☆

今回のことはさんちゃんが仕組んだことでなまじ親しい間柄の嫉妬からくる復讐劇でしたがあるいみ今回のことを通して二人は本当の親友になれたのかな?雨降って地固まる的に、パンジーは本当に根回しから采配がすごくジョウロについた悪評とかも結果的にすすがれドロドロだった状況もきれいにまとまりました。


放課後さいころ倶楽部 ☆


前回が得意な分野のゲームでしたが今回は苦手な分野のゲームと苦手のタイプの人とのゲームでしかも過去の嫌な記憶も思い起こしながらのゲームなんですが・・・過去と違い今はゲームを通したつながりや友達がいて少し勇気が持てて変われたって描写がいい感じでした。あと苦手意識あったキャラも実は過去に出会ってて助けてくれてた人だったってのもいいですね,あと最初こそミキちゃん守られる側でしたがみんなから受け取った勇気で自分で選んで行動した結果の勝利っていう自立した友情と成長が好みでした


慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ ☆

神との修行で神様の自信へし折るまで修行するスーパーバーサーカーな主人公ですがとりあえずリスタルテに戻って戦闘ですがまさかの殺しても簡単に死なないアンデッドとの闘い!いつもより念入りに燃やしてましたがその軍勢が来るなら後処理で町が燃えるだけで済むんだろうか?あと仲間増えたけどステータス低すぎていらねー言われました。今回はなんか絵にかいたようなマウントポジション取っていじめてるようにしか見えなくてあまり笑えまっせんでした笑える可笑しさじゃなく病的にやばい奴に見えたかな?


旗揚!けものみち ☆

地味に忘れてたゲンゾウさんを召喚した姫さまが変なあだ名付けられてたりゲンゾウさんさがしてるのが語られてるのとグリフォン討伐クエには珍しく失敗してしまいましたがここで一応敗北も持ってくるのは意外でした。



サイコパス3

新主人公二人は戦闘担当と謎とき担当のバディ!特に謎解きのほうは超能力地味いてますがそれでもなんか嫌いじゃないです。んで鎖国して犯罪犯す前に心を測定して裁かれる日本を舞台に移民が増えて問題が多くなってきた背景にこの管理社会のディストピアでゲームを行ってる連中までいるのかな?なかなか濃密な語りができそうです!そういえば2の後アカネってどうなったんだろう?軟禁されてるなかな

(コミック感想記事)新装版 機獣新世紀ZOIDOS 3巻

前回のコミックレビューの続きで最後です。デススティンガー強襲からミュールの町の情勢だったり心閉ざしてたルルゥを開放したりブレードライガーからライガーゼロになったり漫画オリジナルゾイドが多数出てきてデススティンガー撃退したとこでひとまででまず感想を

児童書でやってたんですがやっぱ戦争に本格的には踏み込みませんがそこに至る手前の政治劇描いてたりその世界のその町に住む人それぞれの立場の人をしっかり描いてるのはやっぱりさすが面白いです。んでアニメ版とまた違ったキャラも多く出てきて特に事故で父親失い足が不自由になっり領主の立場次ぐことになったルルゥのエピソードは印象深いです。

次いでライガーゼロになってからラストバトル直前までのどちらかというとバトル少なめのゾイドと人の共生関係が強調されていたソレイユ山のエピソードここもかなり好きです戦闘メカとしてではなくあくまで自然に生きるゾイドとそれによりそう人間とあとガンバのように村で子供たちが学校に通うのに欠かせない存在として村の家族のように描かれてる山一つで2通りもゾイドとの付き合い方が描かれてるのが興味深いです。

んでバトル面ではライガゼロシーザー(素体)VSライガーゼロイエーガー&ライガーゼロシュナイダーとかいう一見するととんでもなく不利な戦いを強いられるのですがイエーガーが漫画独自解釈か初期不良なのか欠陥を突かれさらにバンがライガーの急所を2機に叩き込むことでKO!ライガー乗りとしての経験の差による勝利ですが少しだけジーク補正があっても無理あるかなと思ったりします。

さらにレイヴンの双子の兄が登場し帝国の摂政がDなるゾイドでやばいことを企んでるらしいけど共和国が表立って動けば全面戦争になるのでバンに止めてもらいたいと依頼し大統領肝いりで訓練を受けます。また同時にレイヴンも実戦形式で演習を繰り返しバーサークフューラーを専用機シャドーエッジに仕上げてました。んでバンと最終決戦に臨むのですが最初は説得を試みるも結局戦闘へ!

この時バンはシーザー専用のアーマーとしてシーザーザキングなるアーマーで臨んだのですが先にレイヴンの過去にかかわることに触れていたため明らかに動揺していたため圧倒していくシーザーザキング最終的に感情の暴走による荷電粒子砲で自壊する恐れが発生したためジークの力でバーサークフューラーに合体してレイヴンの心につなげて何故彼がゾイドを憎むのかが語られます。大事に思ってたゾイドにカーナビのプログラム入れたらそれにウイルス混入してたらしく自分の行いで自分の乗るゾイドで家族が目の前で死んでいったのが原因であるとんで自分のしたことに耐えられずゾイドのせいにして今までやってきたとんでバンはこれに自分もゾイドを憎んだことがあると意外な発言をししかしそんなことしても父親は帰ってこないとんでレイヴンにお前のせいじゃないとつげましたこの一言を誰かに言ってほしかったのかもしれないってとこでこの物語は打ち切られ幕を閉じるのですが・・・

特にレイヴンのゾイド憎むバックボーンや家族構成がアニメとだいぶ違うんですがどちらも悲劇的で利用される悲しき悪役ってとこは変わらないんですが彼のやってきたこと考えると日向の道は歩けなさそうでですね

全体見ると主人公であるバンが旅する過程でいろいろな人に出会って学び成長してたまに無鉄砲もやるけど待ったかけたり成長促す人物が配置されているのが魅力的な作品でした。

また主人公と正反対のライバルキャラ配置することで真っ向からぶつけるのも王道ですがナイス

当時も今もバンとレイヴンの二人の決着って着地でうまくまとまって見えますが大人の事情で打ち切られたのが本当に惜しまれます。一応作者さんが一時期連載がないころ腕がなまらないようにHPで(現在は観覧できません)スピンオフや同人活動で続編があったんですがぜひあれをいっそ公式にしてコロコロアニキあたりでやってほしいですね

それからコロコロアニキで今年掲載されたポルトを発つ前のエピソードですが月間ものだとできないような訓練回や戦闘ではないけど嵐の対策とか出産とか生活に根差した話挟んでくるのがいい感じでした。

まとめ感想 フォルテ編

歌舞伎町シャーロック ☆

歌舞伎町を舞台になぜか過去のロンドンみたいな事件が起きてる状況でクセのある探偵たちのドタバタサスペンスみたいな感じですが1話完結で見やすい感じですね


真・中華一番! ☆

トックユウチュウシの資格とって少ししてあたりからのスタートですが鶏タウンで呪われた黒い鳥と思われた鶏が実は烏骨鶏だったってお話でしたが旧テレビ版で見てたので記憶にあるエピソードでした。比べるとパンチは弱いかな?僕は過去に見た記憶あるからいいけど初見でこれはきついんじゃないかな?


ほしあいのそら ☆

青春ものぽいのに真っ黒!そしてだらしない!さっぱり感がどこにもなく覇気もないんで最後は離婚した父親が金奪いにやってきた・・・


ゾイドワイルド ZERO ☆


とりあえず惑星Ziが滅びる前にZiに移民した地球人の末裔たちが地球にカムバックする事にしてそれで反乱おきて反乱起こした奴らがワームホール介して100年前に地球に降り立ち不完全なカムバックになってしまったと、んで追われる身になった運び屋ですがサリーをお爺さんの元に運ぶのを目的に旅に出ることになりました



俺を好きなのはお前だけかよ ☆

恋路を助けてたつもりが親友の好きな人を知らずの行動で今度はそれを知ってからもサポートを続けたもんだから裏目に出て二人からは裏切り者扱いを受けた話ですが・・・ある意味1話では主人公に思わせぶりな態度で期待を裏切った存在を助けたのにこうなるのが何とも皮肉ですねそして親友との関係まで破壊されるのか?


放課後さいころ倶楽部 ☆

今回はゴキブリポーカー交え初期メンバーのの3人+クラスの男子1人で遊びましたが恋愛要素?もあり人によっては好みが分かれそうな会でしたがこういうゲームの強い人弱い人の描かれ方やプレイングやスタンスがそれぞれ面白かったですね、余談だけど委員長は他を寄せ付けない印象とは裏腹にゲームいっぱい持ってきてたり原作1巻の初期の遊戯と似てて非なるけど似てますね


慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ ☆



旗揚!けものみち ☆

ペットショップ開くには概念作るのもそうですが道遠すぎますが町で怪事件発生して捜査に当たったらドラゴンハーフの女の子でだいぶやばいご身分の子を雇うこととなり怪事件はそいつを追ってきた従者が起こしたことでした新キャラ追加な回でしたがここからどう足場作っていくのかな?

本日放送予定のピッコロのらじお♪は主催者の急用によりお休みさせて頂きます。今回は代替放送はなしで次の火曜日放送は22日です

ピッコロのらじお♪DJサイズ小

本日放送予定のピッコロのらじお♪は主催者の急用によりお休みさせて頂きます。今回は代替放送はなしで次の火曜日放送は22日です

まとめ感想 フォルテ編

ゾイドワイルド ZERO ☆

地球に原因不明ですがゾイドが現れたり地殻変動が起きて一度滅びた世界を背景に運び屋の少年と謎の少女がボーイミーツガールして彼女を追う帝国と一戦交える1話でしたがつかみとしては悪くないかな?下手したらゾイドの歴史で一番古い時系列にしたいのかもしれませんねあとナレーションがプロイツェンでリュック隊長がバンだったり崖をジャンプで乗り越えようとか無印思い出してニヤリとします


俺を好きなのはお前だけかよ ☆

うまいこと憧れの先輩とか幼馴染にこくられたと思ったら自分を出しに親友に近づくために利用されることになったわけですが・・・3度目の正直でストーカーにこくられこっちは本命!なんか主人公は性格悪いのを猫かぶってるらしく性格悪いのが惚れられたきっかけなのかな?



放課後さいころ倶楽部 ☆

接点のないクラスメイトがたまたまが重なりボードゲームショップで出会いゲームを通して関わっていくようなお話でした。引っ込み思案な子、向こう見ずな子、堅物な子、それぞれがどうゲームを通して変わるのか変わらないのか気になります。アナログゲーってか対人ゲームはある意味自分と相手の距離図る手段の一つなんですよねだからこそ遊びでもありそういった距離感も戦略から相手の人となりとかも大体わかるから面白い


慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ ☆

ツッコミの顔芸女神と慎重すぎるちょっとおかしい勇者のコンビのお話ですがただ笑えるだけじゃなく1話から強い描写と現状倒せないレベルの敵だしてきていきなりためらいなく逃げるっての大爆笑しました。
/逃げた先でトレーニングして強くなって再戦するも実ははなから四天王より強かったって落ちですが女神のおかげで笑えますwあと町を救ったと思いきや焼いてめちゃくちゃ勇者のトンデモなたびはどうなるやら?

旗揚!けものみち ☆

異世界物でレスラーが主人公で魔獣を討伐してくれと頼まれたがケモナーだったために姫様にジャーマン仕掛けてしまい追われる身に!んでいろいろありましたが人と獣人と魔獣がいる世界で皆が共存できる世界を目指す主人公でしたが基本ギャグだし変態なのにすごく見やすく目標があってよかったです

/ゲンゾウさんの考えはこの世界では異端も異端なんですよね新しい価値観0から作るようなものですし、でもコミカルでも着実に実力に伴い進んでいく感じですがまずお金が足りないw

まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ




きめつの刃☆

2クールでタンジロウがようやくスタートラインに立ったって印象ですが昨今見ないタイプの作風と時代背景など見どころも多く楽しかったので続きもぜひアニメみたいですね


まちカドまぞく☆

色々謎やしがらみあったけど一人で抱え込むモモをシャミコの心根である意味救ったお話でした。行方不明の姉や段ボールのお父さんとかいろいろあるけどこの二人の奇妙な友情とあの町の風変りの光も闇も共存できる町として描かれてるのも好印象でした。


お母好き☆

率直に扱ったテーマや描写から最後が惜しい作品だと思います。マー君のおかげで幾分かバランス取れてますが結局ママコさんの無双物で今回もアマンテが母親に反抗する理由ほしかったしママコさんを否定するポジションとしては弱いかなと、話が続けばママコさんが肯定されるだけじゃないのあるかもですが今回はそういう話なかったので惜しい