(コミック感想記事)新装版 機獣新世紀ZOIDOS 3巻

前回のコミックレビューの続きで最後です。デススティンガー強襲からミュールの町の情勢だったり心閉ざしてたルルゥを開放したりブレードライガーからライガーゼロになったり漫画オリジナルゾイドが多数出てきてデススティンガー撃退したとこでひとまででまず感想を児童書でやってたんですがやっぱ戦争に本格的には踏み込みませんがそこに至る手前の政治劇描いてたりその世界のその町に住む人それぞれの立場の人をしっかり描いてる...

  • 0

(コミック感想記事)新装版 機獣新世紀ZOIDOS 2巻

前回のコミックレビューの続きですが発電器官をもつ巨大な野生ゾイドがいてそこに人が集まりゾイドと共生してる町にてバンとレイヴンが再び戦うわけなんですがシールドライガー=シーザーとジーク合わせてもレイヴンのジェノザウラーとシャドーにかなわずそれでも町とゾイドを守るため挑み町のゾイドと人々の声にこたえるようにブレードライガーに進化したシーザーで撃退したとこをまず惑星Ziの世界観でゾイドと共生する町の見せ方...

  • 0

(コミック感想記事)新装版 機獣新世紀ZOIDOS 1巻

今から20年前の第2期ゾイドの始まりのコミカライズでありアニメゾイドの原案にもなった作品なのですが今回はこちらの感想を書いていこうと思います。まず地球から遠く離れた惑星に金属生命体のゾイドと人間がいるって世界観からロマン感じますがこの作品は特にキャラの配分がとても良く単純熱血漢のゾイドを愛する少年バンをはじめライバルのレイヴンは彼と逆にクールめでゾイドを憎んでいるなど正反対のキャラクターで少年漫画の...

  • 0