ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2006年11月

(アニメ感想) 夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第9話 「お姫様に迫る影」

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love VOL.1




カレンにも認められ、互いに将来を見据えた上での付き合いを始めたフィーナと達哉。しかし、そんな二人の前に現われたリースリット。彼女は、二人の関係を裂くべくいよいよ動き出したのです・・・。ミア「私達に遠慮せずに続きを・・・」、麻衣「続き?・・・」以下麻衣の妄想に続く・・・。また君か?もう、麻衣のダメダメ妄想には付き合いきれません(苦笑)。作画のダメさ加減がまた涙を誘いますね・・・

互いの愛を深めていく達哉とフィーナ。しかし、二人の愛の前にはまだ多くの障害が立ちはだかっています。例えば、王である父親の説得もそうですし、許婚のユルゲンもいます。また、国家間同士に残るしこりも依然、根深いものがありますし、二人がこれらの問題を今後どう乗り切っていくかは重要ですね。

先に仕掛けてきたのはユルゲン。達哉達の恋を応援するカレンを拘束すると言う強引な手段に訴えたのです。己の野心のためならば、もはや何だってするのでしょうね、この男は・・・。やはり、ユルゲンが最後の大きな障害となって達哉達の前に立ちはだかるのは必至か・・・。

自身が、戦争で傷ついた人々の思念体であると話すリース、いやフィアッカ。しかし、彼女の話す理屈がいまいち理解出来なかった。達哉とフィーナが結ばれることが、戦いに発展と言う論理になぜ繋がるのか?二人が結ばれ、二国間での交流が深まればむしろ戦争は起きないでしょう。それよりも、現在のようにぎくしゃくした関係が続くことの方が、ずっと問題だと思うのですけどね。人を信用出来なくなっている彼女は、どうやら人と人との接近が、争いを生み出す元凶となっていると短絡的に解釈しているようです・・・。

しかし、結果的に達哉とフィーナは、リースの魂に救われることになりました。二人に近づくうちにやがて情が移り、それでも殺さなければいけないと言う悲しみを心に抱き続けたリースを思うと、本当に胸が痛みますね。ところが、達哉とフィーナの愛が本物であることを知り、フィアッカが手を引いたおかげで、リースもようやく解き放たれたわけです。これで、もう彼女はフィーナ達の前に現われることはないのでしょうか?隠れキャラ的存在で好きだったのですが、もしそうならば少し残念です。

さて、フィーナ達にはまだ大きな試練が残っています。フィーナの許婚であるユルゲン・・・。暴走し始めている彼を果たして二人は止めることが出来るのか?物語もクライマックスに近づき、いよいよ盛り上がりを見せ始めましたね。次回にも期待です。

しかし、ぶっちゃけ菜月って別にいてもいなくても良かったような・・・。三角関係あっての幼馴染キャラだろうに・・・(苦笑)。

電撃大王 2007年 01月号 [雑誌]


http://app.blog.livedoor.jp/indigo_bomb/tb.cgi/50860857
http://inakaanime.blog77.fc2.com/tb.php/147-d73f1ec0
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12891072
スポンサーサイト
お知らせ

毎週火曜日22時と金曜日21時半より「ねとらじ」にてアニメ感想ラジオ
「ピッコロのらじお♪」を放送中~!
アニメ好き男女による濃厚なアニメ語りが聴きたい方は是非聴いて下さい。掲示板で語りに参加できます!!
ねとらじHP
http://ladio.net/

☆火曜日課題アニメ
Fate/Apocrypha、メイドインアビス、将国のアルタイル、ひとりじめマイヒーロー、ボールルームへようこそ、賭ケグルイ、活撃 刀剣乱舞、ナイツ&マジック、アホガール等
☆金曜日課題アニメ
サクラクエスト、サクラダリセット等
各レビュア・プロフィール
ピッコロイラスト100
Author:ピッコロ
このブログの総責任者。ネットラジオのDJ。最近はBLゲームにもはまりニコ生で配信中~。永遠の18歳。


Author:フォルテ
主に朝夕アニメの感想を担当。ラジオでの役職は「切り込み隊長」。そして永遠のショタ。

☆各イラストはARIKAさんに描いて頂きましたありがとうございます!
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページアクセスランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR