(アニメ感想) マクロスFRONTIER 第21話 「蒼のエーテル」

マクロスF(フロンティア) 3 (Blu-ray Disc)




バジュラとの戦いが続く中、あるものは愛する者を失い、あるものは憎しみを増幅させていた。三島の陰謀が大きく動き出す中、自分が人々の悲しみと憎しみを背負い<歌う道具>になることを拒んだランカは、一大決心をする・・・。



やはり、クラン無双!!乙女が華麗に舞う!!!

前回のミシェルの死はあまりにも衝撃的なものでした。その死を受けてのクランの覚悟・・・「恋に生きた女の最後の花道!」といった感じで彼女は熱く、激しく、そして美しく舞ってくれたのです。その強さといったらもう・・・バルキリーを超えてました。まさしくクラン無双!!

しかし、どれだけバジュラを倒したところで、決してミシェルは帰ってこない・・・やはり、人の死を背負った戦いほど、むなしいものはないのです・・・。


ところで、三島があまりにも俗っぽいキャラであった事に、最近ガッカリ気味なのですが、すでにグレイスから見限られて殺されるフラグがプンプンしたしますよ。

「さあ僕のターンだ!」なんてセリフ、もはやギャグにしか聞こえない・・・思えば、その髪型もギャグだったのだろうか・・・(苦笑)。

まあ、それはともかく彼自身の最終目的というのは、もちろん大統領となって全権を握ることなどではなく、今回のクーデターもその先をも見据ての行動なのでしょう。

おそらくは、グレイス達の目指す理想への共感・・・。ただグレイス達にとって三島は、ランカやブレラと同じく、使い勝手のいい駒に過ぎないといったところか・・・まあ長生きしてください。


バジュラ殲滅作戦!やはり、鍵を握るのはランカの歌だった・・・


外部と内部からのバジュラの襲撃。これに対抗するため、三島の取った作戦とは、LAIが開発した新型のフォールド爆弾を使用するというものでした。ただしこの爆弾の威力は大きく、半径50キロの空間を切り取って食い尽くすほどであったのです。


当然こんなものを船団の近くで使用したならば、バジュラもろとも飲み込まれてしまうでしょう。そこで、アイランド3にバジュラを集めフォールド爆弾を使うことが計画されました。当然、LAI関係者であるルカはこの作戦を三島から聞いており、ここでランカの歌を囮に使うことを、アルトと本人に告げたのです。

慕っていた先輩を失い、そして愛する人を守れなかったことへの後悔と焦燥感・・・ルカの想いはアルトのそれとも重なります。だから、アルトはそれに対し何も言えなかったのでしょう。そして、歌うことを決意するランカ・・・。

人々を救うためとは言え、彼女の望まない舞台へと上がることを強いねばならないアルトは、随分と苦しそうな表情を見せていましたが、この状況でアルトが出来ることと言えばランカを全力で守ることぐらいなのです・・・ああ~、閉塞感。

なるほど、ランカ、アルト、ルカに強いられる行動は、戦いが生み出した大きな苦しみと言えるでしょう。それを選ばずにはいられないという縛り・・・しかし、そのような状況において「歌わなくてもいい」とランカに囁くブレラの言葉は、あまりにも残酷なものでありましたね。もちろん、それは彼が真にランカを想っての言葉どあったわけですが・・・。

「ラカの歌う歌は、ランカだけのものなのか?」それとも、「他の誰かに向け歌われるべきものなのか?」

そして、ランカは歌うことを決意しました。たった一人の望みだからという理由で・・・。苦しみに満ちた声・・・それはハジュラを惹きつけた・・・。


デッカクなっちゃった!!・・・ちょw さすがにこれは押入れには入らんよ~!!!

バジュラ殲滅作戦は無事成功。だが、その犠牲はあまりに大きすぎた・・・。そしてそれは、残された者達にも深い傷を残すこととなったのです・・・。


もはや歌えなくなってしまったランカ。失恋、戦いに自分の歌が使われることの戸惑い、そしてバジュラを打ち滅ぼすことへの罪悪感など、彼女の中には抱えきれないほどの多くの問題が内在しており、苦しみを生じさせていました。

そこには、大いに同情してしまうところでありますが、ラストの彼女の行動にはどうにも納得のいかない部分がありました。なぜ?そうなるのか?と・・・。

アイ君はバジュラの幼生であります。当然、羽化すれば、人類と敵対し襲うあの形態へと変わります。そして、変態したその姿を見たアルトは驚き、銃を向けましたが、その反応は当然ものだったと言えるでしょう。彼らはつい先ほど大切な友人を殺した忌むべき存在なのですから・・・。

しかし、ランカはアイ君を庇いました。そして、ブレラもそれを容認するのです。で・・・問題はこの後のランカの行動なのですが、「望みを叶えてやる」と話すブレラの言葉に「アイ君を仲間のところに返してあげたい」とランカは答え、アルトに「さようなら」を告げると共にブレラと宇宙へと飛び立ってしまったのです。

これには、何とも彼女の心の変遷というものがを捉えにくい展開でありましたので、正直ポカ~ンとしてしまいました。彼女がアルトと共に行かなかった理由、アルトにさよならを告げた理由など、ここにおいて描写すべきランカの心の動きが触れられなかったのは、非常に残念であります。

これに関連して実況掲示板の方で以下のような意見がリスナー様から聞かれましたので紹介したいと思います


25 :ジーノ:2008/08/29(金) 01:54:44
やっぱり、こいつら好きじゃないな。
キャラを好きになれなくなった。

30 :ジーノ:2008/08/29(金) 02:00:45
いや、なんというか、キャラ同士の擦れ違い以前に、行動に疑問符がいっぱいで。
ミシェルが最後の防壁だったのだなって。シェリルも出なかったし。



ランカに限らず、他のキャラクターの行動にも疑問符が多かったという意見でございますね。まあ、ルカやアルトの表情や行動などには分かりにくい部分があった事は確かです。


彼らの行動原理というものを理解するには、まず彼ら自身が抱える問題も頭に入れて見ていかなければなりません。そこを考慮すれば、確かにアルトが、そしてルカが「なぜそうしたのか?」も理解出来なくもないのですが・・・やはり描写が足りなすぎるか・・・。

これからは、ランカがいなくなって、フロンティアではアルトとシェリルがよろしくやるって展開なんですね、分かります。・・・まあ、今後はバジュラの秘密についてはグッと迫るだろうし、アルトも家に戻っていよいよ父親との対峙する場面が見られるかな?・・・その解決の後に、シェリルとランカのどちらを選ぶかという決断を迫られることになるのか・・・というわけで次回にも注目しましょう。

ところで、今回は所々で、作画の雰囲気が変わっていましたね。どっちかというリアル系の絵柄と言えばいいのかな?これは作画崩壊ではないのですが、これまでのマクロスFの画で馴染んでいた人にはかなり違和感があったでしょうね

たまたまなのか?それとも、今回はクランがド派手に活躍するシーンがありましたのでそれに合わせてきたのか?・・・画にかなりクセがあるのでこれは賛否両論だったでしょうな。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<毎週木曜日深夜1時25分より「マクロスF実況ラジオ」を放送中~!!>

毎週木曜日、深夜1時25分のマクロスFの放送時間に合わせて、実況ラジオを放送しております。マクロスFで一緒に盛りあがろう!!興味のある方は是非聴いてみてください。

掲示板も設置しております。掲示板では、リスナーさんが書き込み、意見交換をされています(時には熱い議論も)、あなたも参加してみませんか?詳しくは、当日このブログのトップページをご覧になってくださいませ。

http://youkyanism.blog44.fc2.com/tb.php/10-2b596b63
http://awayuki-net.jugem.jp/trackback/46
http://app.blog.livedoor.jp/isaji_sn/tb.cgi/51459320
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/245860/23435015
http://app.blog.livedoor.jp/imutan2253/tb.cgi/892036
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10134203975/6b600d89
スポンサーサイト
お知らせ

毎週水曜日22時と金曜日21時半より「ねとらじ」にてアニメ感想ラジオ
「ピッコロのらじお♪」を放送中~!
アニメ好き男女による濃厚なアニメ語りが聴きたい方は是非聴いて下さい。掲示板で語りに参加できます!!
ねとらじHP
http://ladio.net/

☆水曜日課題アニメ
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ2期、響け!ユーフォニアム2、魔法少女育成計画、ユーリ!!! on ICE等
☆金曜日課題アニメ
3月のライオン、ドリフターズ、うどんの国の金色毛鞠、船を編む、ジョジョの奇妙な冒険等
各レビュア・プロフィール
ピッコロイラスト100
Author:ピッコロ
このブログの総責任者。ネットラジオのDJ。最近はBLゲームにもはまりニコ生で配信中~。永遠の18歳。


Author:フォルテ
主に朝夕アニメの感想を担当。ラジオでの役職は「切り込み隊長」。そして永遠のショタ。

☆各イラストはARIKAさんに描いて頂きましたありがとうございます!
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページアクセスランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR