(アニメ感想) ガンパレード・オーケストラ 第3話 「遠すぎた橋」

ええ~、関西で一週間以上遅れての放送になりますね。このタイムラグは何とかして欲しいところですがいたし方ないですかねえ。さて、前回で隊員達との溝がさらに深くなった咲良。初っ端から少し重い展開ですが、いつになったら隊員達と分かり合えるのやら・・・。暫くこの展開が続きそうなので覚悟はしてますが、そろそろ開けた展開を見せて欲しいところですね。



gunpa05102600
 相変わらず孤立無援の咲良ちゃん(カワイソス)



gunpa05102601
 亜美ちゃんだけは咲良の味方gunpa05102602
 あれ?あんたいたの・・・

gunpa05102603
 かあ~!こ憎たらしい小娘だこと!!

墜落したヘリの爆発により大怪我を負った彩華。だが、そこへ幻獣が出現したため現場に急行しろとの命令が下った。咲良はすぐに隊員を現場に向かわせようとするが、傷ついた彩華をほっておけないと乃恵留と愛梨沙はこの場に残ると言い出す。しかし、彩華は「街を守って欲しい」と咲良に言う。その言葉に渋々従う乃恵留と愛梨沙。

幻獣の進行方向は街ではないと直感した咲良は街に向かわずに先回りをするようにと乃恵留と愛梨沙に指示を出す。しかし、彩華の街を守れと言う言葉を思い出した二人は咲良の命令には従わずに街へと向かうのだった。

さあ、もうここまできたら統制も何もあったものじゃないですね。そもそも、これは生死を賭けた戦いであるはずなのに乃恵留と愛梨沙にとったら学校の授業の延長ぐらにしか思ってないのでしょうかね?咲良に対する反発心があるにしてもちょっとこの行動はね?今まで幻獣が現われなかったって言う緊張感のなさもあったのでしょうかね。

幻獣と接触した乃恵留と愛梨沙。しかし、戦いの途中でエネルギーがキレ、大ピンチに陥る。が、間一髪そこへ尚也が助けに訪れると同時に幻獣は穴を掘りどこかに姿をくらませてしまった。
咲良は幻獣が青山ツインブリッジを目指していることを予想していた。そこは交通の大動脈であり咲良達にとっての最も大きな食料の供給源となっているのが北海道であり、この橋は本土へ食料を輸送する重要なルートを幻獣が狙ってくると咲良は読んでいたのだ。しかし、この咲良の考えに異議を唱える乃恵留は地底から幻獣を追うべきだと主張。だが、ここにここは小島航が割って入って取り合えずこの場は収まった。

gunpa05102604
 咲良!いきます!!

ええ、あれ?小島航っていたのですが何か初めて喋ったのを見ました。と言うか私はこの人はずーと家に引きこもっているものだと思ってました(^^;)。まあ、とにかく咲良に助け舟を出した(本人はそういうつもりはなさそうですけど)のは良かったかな。相変わらず何かと咲良に反発する乃恵留ですけど、これきっと咲良が可愛いから嫉妬してるんだな・・・で彩華はおばさんだから安心してるんだなと・・・(^_^;)。やれやれ

咲良の予想は当っていた。橋を守るため出現した幻獣と戦う第4中隊の面々。しかし、幻獣の自爆により橋は破壊されてしまった・・・。

gunpa05102605
 ベ~っだ。この性悪女っ!

それにしても、咲良も決して孤立無援というわけではないですね。亜美は良き理解者になってくれてるし男の隊員もそれなりにかばってくれる彩華は確かに咲良にはいろいろ複雑な気持ちを持ってそうですけど、表向きは咲良に従ってくれてます。むしろ、孤立しているのは愛梨沙と乃恵留だけのような気がしてきました。まあこれも自業自得だから仕方ないのですけどね。この三人が分かり合える日はいつかくるのでしょうかね?

gunpa05102606


gunpa05102607
 

ガンパレードオーケストラ 緑の章(仮称)

0 Comments

Post a comment

0 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)