(アニメ感想) ちょこッと Sister 第9話 「恋のつぼみ」

ちょこッとSister 第1巻




あの日以来、微妙な関係となった綾乃とはるま。そんな彼の様子を見て、綾乃とはるまの間に何があったのか、直接綾乃に聞こうとするちょこですが、管理人さんに止められます。一方、駅から帰ってくる途中、花屋で揉めている綾乃と一也を目撃します。勘違いしたはるまは、一也を止めに入りますが・・・。もっと現実と戦おうよ管理人さん(笑)。綾乃さんとお兄ちゃんの間に何かあったかもしれないと話すちょこに、そんな風に自分をごまかしてどうするのでしょう?それに比べて、積極的なちょこ「何があったかお花屋さんに聞いてくる」と綾乃さんの元へと向かおうとします。当然、それを阻止するのは管理人さん。「何か聞かれたくないようなことがあったかもしれないじゃない?」とおっしゃるのです。逃げちゃだめだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ!!!、現実を受けとめようよ。きっと、傷つくのが怖いのね・・・。

一也がどう見ても凶悪な顔です(苦笑)。指輪を返せと迫るその姿は、どう見てもレイプ魔にしか見えないですね、本当にありがとうございました。普段は意気地のないはるまが、男を見せようと言う気になるのも当然です。しかし、本当は関わらないほうが良かったのかもしれません。なぜなら、この先の展開が私には読めてしまうからです。

予告します、きっとこうなるでしょう。ここより私の妄想です→・・・まず綾乃の婚約者が一也であること、そしてすでに婚約が解消されたことを知ったはるまは、「綾乃さんそんなことで本当にいいのですか?」と問い、「ええ!?」ととまどう彼女に、「そんな気持ちのままでいるなんて良くないです!!そんなの僕の綾乃さんじゃない!?」と言ってその場から逃げ出し、一也の元に・・・。そして、いきなり僕と勝負しろと言って凶悪な一也にボコられる。今日はこれぐらいにしておいてやると捨てゼリフを残し、その場を去りますが次の日また現れ「昨日の続きだ」と言ってまたボコられ、「クッ!持病の心臓病が・・・」と何とか言ってまた逃げ出し、次の日またまた勝負に・・・。そんなことを繰り返しているうちに一也の方が折れ「お前には負けたよ」とか何とか言って、綾乃の前に行き、「君を実家に連れて行く、夢を諦めてくれ」とかていのいい事を言って拉致。そして、二人が電車に乗りこみ去っていくのを見送るちょことはるまと管理人さん。そこで管理人さんですよ「別にいいじゃないですか?私がいるから」とか傷心のはるまに迫り、私のほうが胸が大きいんだからとか言って抱擁。そのままベッドインに・・・。暫くして、わーい私に弟が出来たと喜ぶちょこ(完)・・・こんなん出ましたけど~?(汗)どんなものでしょう?もちろん、途中で真琴さんの乱入アリです(笑)。

さて、それぞれ微妙な気持ちを抱いたままの、はるま、ちょこ、千歳の三人。ただ、はるま一人前向きです。婚約が解消されたと言う綾乃さんに対して、「俺にもチャンスがあるってことなのかな・・・」と言った具合。いや、それは絶対にない!!断言します。ピエロになること確実・・・ご愁傷様でした。

つばき荘を訪れた綾乃。はるまに用があるようです。その頃、はるまの部屋では服の上からブラを着ると言うフェチプレイ(苦笑)にちょこが夢中になっていました。そこへ綾乃さんがやっきたものだから、さあ大変!!・・・が思っていた以上に綾乃さんのリアクションが薄かったですね。残念!(苦笑)しかし、はるまと綾乃の様子を影から伺っている管理人さんが何とも可愛かったです。はるまへ抱く密かな想い、傷つくことを恐れ打ち明けられるはずもなく過ぎ行く毎日。私は心から管理人さんを応援したくなるのです。

今回は「KEEP OUT」だけでなくボカシまで入る始末・・・一体このアニメはどこに向かっていっているのでしょう?それにしても、このままだと花屋さん編だけで1クール使っちゃいそうですね。今後はるま、綾乃、千歳この三人の関係に明確な決着はつけられるのでしょうか?そして、ちょこと駆少年の恋は?・・・。

ちょこッとSister 4 (4)


http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11863802

0 Comments

Post a comment