(アニメ感想) ARIA The NATURAL 第22話 「その ふしぎワールドで… / その アクアを守る者よ…」

月刊ウンディーネ 2巻 ARIAカンパニー特集号




どこかこの世界とは違うパラレルワールドが存在している・・・。灯里はそんな話しを社長に聞かせます。そんな世界では、社長がヒーローになっているかもしれないし、スターになっているかもしれない・・・と。「もしかしたらあの階段の間に秘密の入り口があるかも」、そういって外の階段を指差す灯里。その話しを聞いて未知の世界に憧れを抱くアリア社長は、階段の隙間にその身をねじ込みます。そして、抜け出したその先・・・そこには不思議な世界が待ち受けていたのでした・・・。アリア社長太りすぎですよ~(笑)階段の間に挟まってのケツふりダンスが何とも悩ましげでしたね。しかし、困難の先には楽園アリ!そこは不思議なパラレルワールド!!キャラが生きているアニメだからこそ出来るこの荒業。何かワクワクしますです。あっ、ところでオープニングの曲同じ歌だけどいつもと雰囲気がちょっと違います、歌詞かな?

さて、男と女の入れ替わったこの世界ですが正直、灯里もアリスもあまり変わらないような・・・(汗)。しかし、藍華は精悍で男らしいですね、アル君はなかなか可愛らしいお嬢さん・・・って事は暁も・・・やはりそうでした、声はどうなってるの?って思ったら男のまんまじゃねえか!!社長が青い顔になるのも当然です。どう見てもただのオカマですね、本当にありがとうございました。ところでアリア社長の叫びが「なんじゃこりゃ~!!」と言っているように聞こえましたが気のせいではないですよね?(笑)

人間の性別も入れ替わっていたなら、ネコの性別も入れ替わっています。この世界のヒメ社長はメス。アリア社長とヒメ社長はどんなに仲良くなっても男同士の友情なのです。こんな世界はいやだあ~!!と絶望するアリシ社長なのでした。どうでもいいけど、あの赤いバラは・・・いやもうノーコメントです。デッカイネタでした(汗)。

当たり前ですが、アリシアも男です。これは結構可愛い少年と言う感じでいいですね。晃も元々男みたいなものですし、アテナもなかなかの美少年。これ元々小百合色の強いこの世界観がBLに変わっただけですよね?それにしても、ウッディーがオバサンオカマなのはヒドかった。男性陣はみんなオカマじゃないですか!?オカマ禁止~!!

さて、後半のお話しです。暁の兄を囲んで、アリシア、灯里、アリア社長で昔の暁の話しで盛り上がります。元気だったが、臆病者だったと言う暁の幼き頃のお話しです・・・。

「またつまらない話しを聞かせやがって、クソ親父が・・・」って心の中でアリシアさんが想っていると言うのは私の妄想ですから(汗)。しかし、なぜか暁の昔話に興味津々のアリア社長。もしかして、暁になついているのでしょうか?

アクアの平和を守る無敵の男・・・暁。以前、女の晃にこてんぱんにやられたことは黒歴史として残っていますが、まあそれはこの際いいでしょう(苦笑)。しかし、妄想文学少女と言うのは良く聞きますが、妄想戦隊ヒーローオタクと言うのはあまり聞きませんね(苦笑)。まあ、それもいいとしましょう。でも、どうしても解せないことがあります。あんなに若くて美人のオカアちゃんがいながら、なんでこんなになってしまったかと言うことです。うーん、デッカイ謎ですね。

自分の秘密は人造人間であると言い、家に帰ってきた母親の正体を確認(偽者と入れ替わってないか)、兄がからかうと偽者だと勘違いし逃走、ウッディーに匿ってもらおうとするものの、チョコまみれのウッディーを見て驚きまたまた逃走と・・・この度を越した妄想壁は灯里にも通じるものがあります。実は二人は似たもの同士だったのですね。なるほど、今さらながらアリア社長が暁になつく理由が分かった気がします。

泣き虫で妄想壁のある少年時代の暁ですが、そんな彼の言動を否定するでもなく受け入れ優しく包み込む母の大きさに感動いたしました。アリシアさんも母親にあったらきっと、そんな女性になるに違いありません。ブラックアリシアが存在するというのが、私の勘違いだったらの話しですが・・・(苦笑)。

月刊ウンディーネ 3巻 オレンジぷらねっと特集号


http://mikage17.blog15.fc2.com/tb.php/1179-63edff55
http://key623.blog2.fc2.com/tb.php/2918-b9c3f477

0 Comments

Post a comment