(アニメ感想) ケロロ軍曹 第126話 「勇者はどっちだ!?」

ケロロ軍曹 2ndシーズン 13




侵略期限も後22日に迫り、プレッシャーを感じ始めたケロロ。しかし、そののしかかる重圧に耐えきれなくなったケロロはついに現実逃避。侵略そっちのけでプラモをつくり、家事に精を出す始末です。そんなケロロに、クルルはある機械を渡しますが・・・。ゲームの世界へ・・・まさに究極の現実逃避です。相変わらず、クルルはケロロを甘い言葉で誘っておいて、自分の開発したおもちゃの実験体にして楽しんでいます。この男、ケロロで便利な機械によって堕落する人間の習性でも研究しているのではないでしょうかね?今回は、期限も迫っていると言うのに・・・本当に危険な悪魔の誘いだと思います。しかし、ケロロはその誘いにあっさり乗り、夏美とモアも巻き込んでRPGの世界へと旅立ちます・・・。

なんと肉体そのものがゲーム世界に転送されるのですね。さて、夏美は勇者として転生。もちろん、レベルは1からスタートで装備も基本的なもの。戦士系だろうから、MPは低いです。一方、もう一組の勇者ギロロですか、ケロロ、タママ、クルル、モアと言う従者を引き連れ民家を探索。案の定、やくそうを見つけますがクルルは即効で捨てます(苦笑)。こちらは、僧侶系だから別にやくそうは必要ないのね。ケロロとモアはちいさなメダルを発見。嫌がる村人から無理やり強奪するのでした・・・。そっか、RPGに登場する勇者様ご一行ってただの強盗集団だったんですね(汗)。これからは、民家でのお宝探しはやめにしたい思います。ところで、何でモアだけ普段の格好のままなんですか?

冒険を順調に進めていく夏美は、遠くで冬樹の声をしたのを聞き、走り出します。すると、途中仲間にして欲しそうな顔をしてこちらを見ている犬が出現。な~んとなく冬樹に似ていると思ったら、仲間にした途端冬樹に変身しました。夏美を心配し、冬樹は小雪、ドロロと共にこの世界に入ったのだと言います。小雪とドロロは他の場所に飛ばされた模様。取りあえず、小雪達を探す夏美と冬樹ですが見つからず、近くの小屋に泊めてもらうことに・・・がそこにいたのはなんと小雪でした。これで、小雪が仲間となり三人パティーの完成!!後はドロロだけか・・・。

一方のケロロ達は群がる敵に苦戦。ちなみに、レベルは全員60以上になっています。モアだけ、異様にMPが多いのですが、魔法使いですかね?ただMPをほとんど消費してないみたいだから、戦闘では活躍してない模様・・・と思ったら黙示録撃で敵を一掃!!混乱の異常ステータスで、この子が味方に攻撃を仕掛けてきたらと思うとゾッとしますね。この戦闘により、ギロロ達は一気にレベル99までアップ!!そして、ついにまおうの城の前までやってきます。が、そこへ夏美達が登場!!ライバルに先を越されはいけないとあせるケロロ一行は、さっさとまおうの城へと入っていくのでした・・・。

とにもかくにも遊び人と言うのは対ボス戦においては、全く役に立たないものであります。状態変化の効果はボスにはゼロと言うゲームが多いですからね。このゲームにもそれが反映されているようで、最終ボスとの戦闘では役立たずのケロロでした。しかし、夏美のいたわりの心と友愛の心により、まおうと化したサブローは救われます。ところが、このゲームここでは終わりません。なぜなら、最後にさらに強力な大魔王が待っていたからです。そして、その大魔王こそ・・・。

逃げた先には楽園がないと言うことをクルルは、彼なりのやり方で、ケロロに伝えたかったのではないかとふと考えたりして・・・。侵略期限まで後21日・・・一ヶ月もないのです。ケロロもウカウカしてられません。そもそも、地球を侵略すると言うことは、夏美達を傷つけることになる場合もあるわけで、それについての解決策も考えなくてはいけません。最後にケロロがどんな決断を下すのかは興味はありますね。まあ、暫くはこんなおバカな日常が続くと思いますが・・・。

ケロロ軍曹 13


http://moeexcellent.blog24.fc2.com/tb.php/376-56435167

0 Comments

Post a comment