(アニメ感想) ひぐらしのなく頃に 第25話 「罪滅し編 其の四 地球侵略」

TVアニメーション「ひぐらしのなく頃に」イメージアルバム かけらむすび




連続怪死事件の真相について書かれた鷹野のスクラップ帳・・・。それを持つレナは黒幕から狙われることとなります。彼女から事件の真相を知らされた大石は、雲隠れしたと言うレナの身柄確保に乗り出します。一方、魅音の指示により園崎家もレナの身柄確保に動いていました。そんな中、例のゴミ捨て場で身を隠すレナ・・・。心配した圭一がそこを訪れ、孤立しつつある彼女に説得しようとします。しかし・・・。今回は大石が刑事らしく大活躍してくれています。初めて彼を頼もしく思えましたよ(苦笑)、まるで刑事コロンボみたい!ただ、女子高生のたわ言をよく信じたなあと。過去に問題行動を起しているレナですし、こんな小さな村で細菌テロなんて荒唐無稽な話しですからね。

一方、圭一達も姿を消したレナを心配している様子。鉄平&リナ殺しがバレ、警察が動いているのかもしれないと警戒し、魅音は興宮にレナの保護を頼んだと言います。ちなみに、圭一達は鉄平達の遺体を森林に隠しましたが、あそこではまずいと言うことで魅音は園崎家のほうで秘密の場所に処分してもらったとのこと。秘密の場所と言うのは、例の地下の井戸でしょう。ただ、これで鉄平殺しの件は、圭一達だけの秘密ではなくなりましたね。話しは非常に危険な方向へと向かっているような気がします・・・。

例のゴミ捨て場で身を隠すレナ。心配した圭一が様子を見に来ますが、以前とは彼女の様子が違っていました。冷たい目、まるで突き放すような物言い、そして首元の傷・・・かつて鬼隠し編で、圭一が陥った状態と似ています。これが鷹野の言うウィルスの発症でしょうか?しかも、極度の人間不信に陥っており、状況の変化をネガティブに捉えてしまう傾向にあるようです。例えば、園崎家が動かした鉄平達の遺体。レナは魅音が自分を売ったと思い込み、それを擁護しようとする圭一にも敵意をむき出しにします。

さらに困ったことに、レナはこれは、宇宙人の仕業だとまで言い出す始末。綿流しの夜、鷹野と富竹と談笑した時には、すでに死んでいたと言う大石の言葉、それと現在もう一人のレナが、別の場所にいると言う情報、これらから彼女の妄想は広がったのでしょう。しかし、鷹野や富竹は、おそらくウィルスが発症していただろうから、それによる何らの作用で死亡推定時刻の推察に狂いが生じた可能性が高いし、レナが別の場所にいると言う話しも魅音が気を利かせてやった工作なのでしょう。それでも、今のレナは圭一の言葉を何一つ信じようとしません。もう、悲劇的な結末は約束されたものなのかもしれませんね・・・。

レナによって圭一のもう一つの過去が明らかとなりました。児童ばかりを狙った襲撃事件。ここに引っ越す前の出来事です。おそらく当時の彼は、過度のストレス状態にあったのでしょう。しかし、少年法に守られていると言うのなら、そんな重大な秘密をレナに話すか大石は・・・(苦笑)。

さて問題はこの後、つらい過去を魅音達に話す場面で起ります。全てを明かした圭一に優しく諭す魅音達。その時、圭一の中にある記憶が蘇ります。そう、それが鬼隠し編に起こした圭一の行動の一部始終。最後は、魅音とレナを殺し自らも首をかきむしって死んだというあの事件。これは原作を知らない私を激しく混乱させました。「あの時、圭一に救いの手を差し伸べようとした仲間達を信じず殺してしまった・・・」そんな風に激しい後悔の念に襲われる圭一を優しく諭したのが梨花、「全てを許しましょう」と・・・。

この物語の全てを知る人物はやはり、梨花のようです。こことはよく似た別の世界と言うことはパラレルワールドと言うことですか?突然、ふって沸いたようなSFチックな設定に混乱しています。梨花は全ての物語を知りながらも、あがなえない運命に絶望していたと言うのでしょうか?しかし、突然圭一の脳裏をよぎった一つの記憶・・・それは奇跡だと梨花は言います。

廻り続ける運命、例え惨劇がこの先に待ち構えようとも何度でもあがなってみせよう、その先の未来にたどり着くまで・・・。

結局、鷹野のスクラップ帳にはオカルト好きらしい彼女の発想が、満載の内容だったようです。それをすっかり信じてしまったレナですが、果たしてウィルスの話しもデタラメだったのか・・・。ただ、祟り殺し編の圭一が望んだことが現実になるという話し、暇つぶし編の梨花が赤坂に言った「それでも生きたい・・・」と言う言葉。何となく、ここで繋がったような気がしますね。後は、黒幕が実際に存在するのかどうか。ここが謎解きの最後の大きな鍵となりそうですね。いよいよ、次回は最終回。果たして、その勇気によって圭一は惨劇の連鎖を断ち切ることが出来るのか?私は、最後に梨花の笑顔が見たい・・・

ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編 (2)


http://app.blog.livedoor.jp/asu6/tb.cgi/50795768
http://sunsetsky.blog6.fc2.com/tb.php/376-e9eef56b

0 Comments

Post a comment