(アニメ感想) つよきす Cool×Sweet 第12話 「改めてよろしくッ!近衛素奈緒です!」

つよきすアナザーストーリー 鉄乙女の場合




「私はレオが好きだ・・・」乙女の告白を聞き、もはや何のために舞台に立つのかその意味さえも分からなくなってしまった素奈緒。そんな中、生徒会長争奪の弁論大会では激しい舌戦が繰り広げられていました。しかし、内容はエリカの圧勝。次期生徒会長もエリカの再就任の色が濃くなり始めていたその頃、素奈緒の元へとある人物が迎えに走っていたのでした・・・。今回のOPは声優さんによる声つき。最終回と言うことで、スペシャルバージョンとなっております。さて、乙女の告白により自分の本当の気持ちに気づいたレオは、素奈緒の元へと走り出します。乙女は、やはり彼を素奈緒に譲ったのですね。いや、もしレオが自分の事を好きだと言ったらどうしてたのでしょうか?それでも、彼女だったら身を引いたかな・・・だとしたら彼女こそ真の侍と言えますね。

結局はレオが、ウジウジと悩む素奈緒を強引に連れ出したわけですが、何をしたいのかと思えば、生徒会長争奪弁論大会に出すつもりのようです。今まで、素奈緒が生徒会長になりたいなんて考えている描写は、一つもなかったと思うのですが・・・。実はこれ、エリカが対立候補がいないと盛り上がらないからと、勝手に素奈緒を推薦していたようです。実は、ああ見えてもエリカは素奈緒の事を認めていたのですね。ここで、エリカに勝利すれば最強のツンデレを攻略することが出来ます。さあ、いくのです素奈緒!!

生徒達が注目する中、素奈緒は演劇によって選挙演説を始めます。初めて、この学校にやってきた時のこと、多くの仲間との出会い、様々な出来事、そして演劇にかける情熱・・・。この演劇によって、素奈緒は少しずつ気づいていきます、様々な人に支えられていたこと、そして自分の素直な気持ちに・・・。

なかなか、感動的な演出でありました。最後、素奈緒を認めたエリカが握手を求める場面は、素奈緒がついにエリカ攻略に成功した瞬間でもありましたね。いやあ、壮大なるツンデレの物語お疲れ様でした。

最終回としては無難にまとまっていたと思います。素奈緒とレオの恋もまだまだこれからと言う感じですし、エリカとの戦いもまだ続きそうです。このアニメは、それぞれのキャラにスポットを当てたエピソードが一番面白かったですね。特になごみのエピソードは、素奈緒の演劇にかける情熱が、なごみの心を突き動かすためのの重要な役割を果たしていたりと、見所が多かったです。最後のエリカ攻略も素奈緒らしいやり方で、良かったと思います。まあ、原作ファンには不満の多いアニメ版だったでしょうが、見るべきところもあったのではないかなあと思います。声優ならびにスタッフの皆様お疲れ様でした。

つよきす Cool×Sweet 第2幕


http://otaku.blog8.fc2.com/tb.php/731-00e22777

0 Comments

Post a comment