(アニメ感想) いぬかみっ! 第25話 「絶望の宴っ!」

いぬかみっ!キャラクターコレクションCD(5)たゆね・いぐさ&啓太




赤道斎により薫の貫かれた胸・・・「これがお前の絶望か!!」勝ち誇ったような笑みを浮かべる男の放つその声は、もはや赤道斎のものではありませんでした。邪星!!そう、これら全ては赤道斎に憑依した邪星の仕組んだ罠だったのです。絶望し倒れゆく薫を抱きとめるなでしこ・・・。最後の瞬間に薫はなでしこに言います「啓太さんは僕の希望・・・大好きだよ、なでしこ・・・」。そして消え行く薫・・・。街にはなでしこの絶叫がこだまするのでした・・・。史上最強の外道、邪星。全ては彼の目論見通りだったわけです。ただ、なでしこがもっとしっかりしていれば、薫を救えたかもしれないと思うと残念でなりません。いや、これも邪星にとっては計算の内だったのかもしれません。まあ、それは前回散々叩かれたので、今回は触れないでおきましょう。

ただ、最後の「大好きだよなでしこ」と言う薫の言葉。これはどうとったらいいのでしょうか?他のいぬかみ達とはまた違う特別な感情を抱いていたことは事実でしょうけど、恋愛感情に近いものであるのかな?

絶望・・・そう辺りには絶望が蔓延していました。呆然とするいぬかみ達・・・。しかし、てんそうは言います「まだ終わってない・・・薫さんだったらあきらめない・・・だから私もあきらめない!!」と。この言葉が他のいぬかみ達にも勇気を与えます。最後まで、自らの運命よりあがない続けた薫の意志を継ぎ、乙女達は戦います!!

いぬかみ達が、邪星の非情なる攻撃によって次々と倒れていく中、なでしこがいよいよその真の力を発揮します。驚いたのは、彼女が格闘タイプであったこと。しかも、赤道斎と大妖狐の技を平然と受け流しているではなですか!!バ、バカな・・・まさかようこよりも力は上!?自分の力が怖くて、自分の性根がが大嫌いで主人を持たずに戦いをやめた。それが「やらずのなでしこ」。なるほど、かつてようこが、彼女を本気にさせるのを恐れていた理由が、今分かった気がします。しかし、邪星もこのまま終わるわけはありますまい。そして・・・。

特命霊的捜査官・仮名・・・そんな肩書きあったんですか。私はてっきりただの変態かと・・・(苦笑)。ただ、例のガイコツ戦士を一人で蹴散らす辺り、案外いぬかみ達よりも戦闘能力は上かもしれませんね。啓太を背負ったまま、果たして邪星のもとへとたどり着けるのか・・・。

さて、次回はいよいよ最終回!次回予告が、最高でした。そう、「我々は素晴らしき変態である」と仰られるのですね。分かりました認めましょう、私は変態です(苦笑)。実際、次回は変態の逆襲があるようなので、そこに期待しようではありませんか!!と言うか、正直、押し寄せる変態を目にした時、頼もしいとさえ思えましたよ。これって末期症状ですよね?(苦笑)。

最凶の魔導師、邪星。ただ彼にとって誤算だったのは、変態キング・啓太がいると言うこと・・・さあいよいよ真打の登場なるのか?次回に期待です。

いぬかみっ!VOL.3っ!!=特装版=


http://app.blog.livedoor.jp/clear35/tb.cgi/50634807
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/be12b0795a16c89283953b4640bc8077/b3

0 Comments

Post a comment