(アニメ感想) ザ・サード ~蒼い瞳の少女~ 第19話 「強行突破」

ザ・サード~蒼い瞳の少女~オリジナル・サウンドトラック Vol.2




ローナ・ファウナの待つ施設へと突入を開始した火乃香達。しかし、迎撃部隊との戦いの中でイクス、パイフウとはぐれてしまいます。火乃香は二人の到着を待たずに途中合流した、ブルーブレイカーと施設への侵入をはかるのでした・・・。火乃香が無茶している時が一番可愛い・・・イクスに同意を求めるパイフウですが、この状況でそんな風に考えられるのはあなただけですよ(苦笑)。

しかし、ブルーブレイカーが強い!強すぎる!!迎撃部隊がまるで相手にならない感じ。もはや、彼を熱くさせる存在は火乃香だけなのか・・・。

さて、囚われの身となってすでに3話目(苦笑)。いい加減その姿勢でいるのも疲れたであろう浄眼機。ローナ・ファウナにはもう一人協力者がいたようです。性格は少し違うようですが、顔と声はほぼ同じ。双子の姉妹か?「ほぼローナ・ファウナ」に弄ばれる浄眼機がちょっといい気味なんて思ったりして(苦笑)。

火乃香とブルーブレイカーの前に多脚戦車が登場!浄眼機の話しによると自動歩兵のような機動兵器の掃討を前提に設計されたものだそうです。おまけにこれが、とんでもない装甲をしているため火乃香達は大苦戦。ブルーブレイカーは「これと言って弱点はない」と言いますが、こうもあっさりと敗北宣言ですか?(汗)ただ、強いて言うならば上下の装甲が甘いと言う弱点はあるようです。そこで、火乃香とブルーブレイカーのコンビネーションで上と下からの攻撃を試みるのでした・・・。

火乃香がこの作戦に参加していることが分かり、心を乱す浄眼機・・・。さきほどまで、あれほど冷静を装っていた浄眼機の変化にローナも気づき始めたようです。浄眼機の気持ちをローナが気づけば、火乃香を駆け引きの道具として使われかねないため危険ですね。ただ、ローナが何の目的でこんな事をしているのは未だ不明なわけですが・・・。単純に浄眼機か火乃香が目的なのか?・・・。次回の展開に期待しましょう。

ザ・サード~蒼い瞳の少女 オリジナル・サウンドトラック


http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/de88190c7b8d2d960891fa86734f716f/75

0 Comments

Post a comment