(アニメ感想) ケロロ軍曹 第128話 「ケロロ 最後は本気で神頼み? であります」

ケロロ軍曹 2ndシーズン 13




侵略も後、十日に迫りいよいよあせりの色が濃くなったケロロ。最後はもう神頼みとばかりに、おゲロ様の祠へと訪れます。そこで、ケロロはあるものと運命の出会いを果たすことになるのですが・・・。おゲロ様ならぬおギロ様ですか・・・相変わらずケロロ達のおもちゃとなっているギロロも可愛そうですが、売り子として無報酬(おそらく)で借り出されるモアが不憫でありませぬ(涙)。しかし、ギロロの体から油を抽出するって・・・一体どこから採取したものでしょうか?不気味な色をしているし、考えただけでもおぞましいです(苦笑)。

ギロロの油は10パーセント、後はすべておゲロ様の油と言うトンデモないインチキ商売ですが、これが大ヒット!何でも実際におギロ様にご利益があったらしく、噂が噂をよんだのです。ここで、タママが一言。「ご利益が本物なら、僕たちの願いもおギロ様に叶えてもらえばいいんじゃないですか?」。いや、ごもっともな意見で。そんなわけで、早速お願いをするケロロ。「どうか新作発売前のガンプラが手に入りますように・・・」、何だ自分の欲望かよ~!!ところが、実際にこの願いが叶ってしまうから恐ろしいものです。

実は、このおゲロ様グッズはとんでもない欠陥商品だったのです。いい事が起きた後には必ず悪いことが起きるというもの。つまり、プラスマイナスゼロと言うわけですね。しかし、桃華の場合が一番悲惨でしたね。大量に買い込んだギロロの油、その匂いも凄まじかった・・・一体どこから抽出を・・・。結局、ケロロ達の目論見はいつものように、失敗に終わります。今日も一日ドつかれさん!(笑)。

落雷により止まったかに見えた侵略期限カウンター。しかし、中から現われたのは古代ケロン人が作った最凶の侵略兵器「キルル」。キルルが放つ凄まじい殺気に、ドロロとギロロもいつになく真剣な表情。次回は、久しぶりのシリアス展開か?ケロロ達の奮闘に期待したいですね。

ところで、いきなり団子って本当にあるのですね。デッカイビックリでした。

ケロロ軍曹 13


http://app.blog.livedoor.jp/ld_takayuki/tb.cgi/50725820

0 Comments

Post a comment