(アニメ感想) 蟲師 第2話 「瞼の光」

第一回が放送されるやかなりの反響があったこのアニメ。そういう私もこのアニメの不思議な魅力にすっかりはまってしまいました。今期はノーマークでも面白いアニメがかなり多いです、ひょっとして過去最高かもしれませんね。さて、今日はどんなお話しを見せてくれるのでしょう?



mushi05103100




mushi05103101
mushi05103102


mushi05103103


スイは本家の末娘。半年前、光が当ると目が痛むと言う病を患った。彼女は、自身の世話を親身にしてくれるビキに「私の目には蟲が棲んでいる」と明かした。
スイは、伝染の恐れを危惧した本家の人間から捨てられたも同然でビキの家に預けられた。一日中を真っ暗闇の蔵で生活する彼女。しかし、スイはある男がここに来るという声を聞いていた・・・。

ええ、ホントに蟲とは不思議な概念です。この物語の中でもこれの正体ははっきりとは語られていません。でも、この不思議な感覚はなんでしょう?蟲の話しを聞いていると胸がさざわざわしてしまいます。ところで、可愛そうに真っ暗闇の中一人で(たまにビキが訪れるみたいですけど)暮らすスイちゃん。早く何とかしてあげて・・・。

ついに、スイの病はビキにも感染した。もう二度とスイのいる蔵にはこさせないと冷たく話すビキの母親。そんな時、蟲師ギンコがビキの元へと姿をひょっこりと現わした。
ギンコは、ビキに治療薬と陣痛剤を与え次は、スイの治療を開始するのだった。

mushi05103104


蟲師と言うのは医者のような事をするんですね。蟲の退治屋と言うだけではないのですね。今回はちょっと怖い雰囲気もありますが、蟲師の仕事が見られる重要な場面なのではないでしょうか?まだ、謎の多い蟲、蟲師ですが少しでも何かが分かっていくのでしょうか?

うわっ!凄いグロい場面が出てきました。スイが目を開いたときに目の中が空洞になっていのはかなりゾクっとしましたね。今回はちょっと恐ろしい・・・。しかし、ギンコが「お前は忘れたのか?昔はお前もこんなだっただろ?」って言ったのは誰に向けてのものでしょうね?2つ目の目蓋、本当の闇、異質な光・・・ああ、やっぱりゾクゾクします。元は無(闇)から生まれでた人類である私達へのメッセージ?
しかし、何なのでしょうね?このアニメの持つ透明で不思議な空気感と言うのは?生命の根源その真理に迫っていると言う恐れ多くも、激しく好奇心を煽られるようなこの感覚が我々をとらえて離さないのでしょうか?このアニメを見ていく上でとても重要なキーワードが幾つか出てきたそんな回だったですね。今後このアニメにますますはまっていきそうです。次回も楽しみです。

mushi05103105


蟲師 (1) アフタヌーンKC (255)

0 Comments

Post a comment