(アニメ感想) -Pumpkin Scissors- パンプキン・シザーズ 第2話 「戦災復興部隊」

Pumpkin Scissors 2 (2)




先のダム占拠事件解決における功績が認められ、陸軍情報部第3課へと迎えられたオーランド伍長。そして、早速の任務はウォルキンス領地へと向かうこと。治安が乱れているとの差出人不明の嘆願書の審議を確かめるためです。しかし、街へと入ったアリス達が感じ取った異変・・・。そこで、アリスは街の人間からある驚くべき事実を聞かされることになるのでした・・・。マーキュリー号にとって、噛み付きはきっと一種の愛情表現なんですよ。そんな、マーキュリー号の手荒い歓迎を受けたオーランド伍長は、やはり愛すべきキャラであります。ところで、マーキュリー号の公式の設定・・・精力絶倫とありますが、ま、ま、まさか!?バ、バタ・・・い、いややめておこう(汗)。

さて今日から、「アリスとその愉快な仲間達」への仲間入りを果たしたオーランド伍長。この陸情3課は、まともな戦闘要員がいないようなので、彼の加入はとても重要ですね。

ウォルキンス領の街へとたどり着いたアリス一行。しかし、街の人々は暗く沈み、まるで覇気が感じられない様子。こんなところにも戦争の爪痕が・・・しかし、アリスは、街の人からある衝撃的な事実を聞かされることになります。それは、領主であるウォルキンス子爵が、領民を標的に戦車砲で撃つと言う、殺人ゲームに興じていると言うこと・・・。稀に、戦時中か戦後の混乱期に、こういうイカれた人間が現われることがありますが、ウォルキンスの場合もそれですね。貴族と言う身分に守られ、誰も逆らえないのをいいことに神にでもなったつもりでしょうか?これに激怒したアリスは、ウォルキンスの屋敷へ乱入!!本人に直接、その事実についての真偽を問いただすのでした。

思い上がるな、閉じた世界の矮小な暴君が!!」ウォルキンスへ痛烈な言葉を浴びせるアリス。しかし、ウォルキンスは意に介した様子も見せず、逆にアリスへお返しとばかりにこう言い放ちます「お祭り部隊、パンプキン・シザーズ!!」。お前らも自分と同じ穴の狢だろうと、言いたげですね。「矮小な・・・」、なるほど確かにそうかもしれません。仮にウォルキンスの言った事が本当だとしたら、所詮はお飾り部隊。しかし、例え軍から大した援護もない小さな部隊であろうとも、その矮小な世界から少しでも何かを変えていこうと、強い意志を持ち立ち向かうアリスと、身分に守られ居心地のいい世界の中に身を置くウォルキンスとでは、大きな差があります。その人間力の差と言うものをこの後、ウォルキンスはイヤと言うほど思い知らされることになるのです・・・。

捕らえられ、強制的に殺人ゲームへと参加させられることになったオーランド、オレルド、マーチス。この状況下でも緊張感のない、オレルド、マーチスにはビックリですが、意外と多くの修羅場を潜り抜けてきたのでしょうか

さて、一方のアリスはメイドたちに銃を突きつけられ身動きの取れない状況。実は、嘆願書を送ってきたのはこのメイド達でした。「なぜその銃をあいつに向けない?」アリスの問いかけに、「相手は貴族だから出来ない」と答えるメイド達。するとアリスは自分が貴族であることを名乗り、平民でも貴族に銃を向けられるのだとい言うことを証明してみせたのです。

アリスは確かに貴族としての誇りは持っているようです。しかし、不思議と嫌味がないですね。素直に人の心を動かす何かがアリスにはあります。そんな彼女の魅力に惹かれているからこそ、オレルドやマーチスもこんな無茶に付き合えるのかもしれませんね。

相変わらず桁違いの戦闘能力ですね、オーランド伍長は・・・。ただ、身体能力と耐久力は確かに人並み外れて言いますが、やはり彼は生身の人間です。砲撃をもらえば、当然傷つくし死ぬこともあるでしょう。ただ、例えその身に深刻なダメージを負ったとしても決して引くことはせずに、ひたすらターゲットを撃ち滅ぼそうとする執念・・・それが命を無視された兵隊、ゲシュペンスト・イェーガー。当然、田舎貴族の戦車ゲームなんかでは、彼を仕留められるはずもなく、THE END・・・途中駆けつけたアリスにより、ウォルキンスも死だけは免れましたが、もはや貴族としてのプライドはズタズタでしょう・・・飼い犬にかまれたとはこのことですね

それにしても、戦車から飛ばされたオーランドを救うため、自らの危険を顧みず、飛び込むアリスには心底惚れました。貴族らしからぬこの行動力。そして、「世界が変わらないのなら・・・」と嘆くオーランドに対して放った言葉「世界?背が高いとそんな遠くが見えるか?貴様も子爵と変わらんな」。私は、このアニメが始まる前は、青臭い理想主義を並べるアリスが、オーランドと出会ったことで現実を思い知る・・・と言う展開を予想していたのですが少し違ったようです。このアリス、随分と物分りがいいのですよ。逆に、オーランドに説教を垂れるぐらいですからね・・・。

今回で、アリス自身にも非常に興味がわいてきました。彼女の生い立ちそしてここに至るまでのエピソードが見たいものです。信じるものを持つ女性の強さ、そして美しさや気高さと言うものを彼女からは感じますね。現在放送中のアニメのヒロインで、最も輝いている存在だと思います。ただ、これから先も様々な暗黒部分を目にしてもなお、その輝きを保ち続けることが出来るのか?そこには、注目したいですね。もちろん、我らがダークヒーローオーランド伍長にも!!


<ブログをお持ちの方にお知らせ>10月14日土曜日10時よりオノッチ様のネットラジオ「自堕落ラジオ」が放送される予定です。今回も、ゲストとして出させて頂く予定でございます。今回は、新作アニメ特集!!この一週間は新作ラッシュとなりましたが、それらのアニメをズバって斬って(苦笑)いやいや、楽しく語っていきたいなと思っております。

前回の放送はこちらで聴けます→ピッコロのブログ

<紹介させて頂く記事の募集です>そこで、一週間のアニメを振り返っていく時に、皆様のアニメ記事を紹介させて頂けたらなと思っております。新作も旧作も大歓迎!!長文記事、簡単な感想記事、またはネタ記事、どのような内容でも構いません。うちの記事を読んでもいいよ、紹介してやって~と言う方がおられましたら、お気軽にこちらのコメントか、メールにてご連絡いただけると嬉しいです。
メールはこちら→koubow20053@monkey.livedoor.com

前回、記事を紹介させて頂いたブログ様本当にありがとうございました。とても、楽しく読ませていただきました。また機会がございましたら、よろしくお願いいたします。


Pumpkin Scissors 3 (3)


http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/384-fbf2a7ee

0 Comments

Post a comment