(アニメ感想) 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第2話 「お姫様は優等生!」




夜明け前より瑠璃色な ~Fairy tail of Luna~ #1/ドラマCD (手塚まき、成瀬未亜、安玖深音、他)




カテリナ学院への登校することになったフィーナ。彼女を心配するミアも学校まで付いていくと言い出しますが、フィーナはこれを説得して阻止します・・・。月の女王と言うことでどこか気兼ねするクラスの生徒達。しかし、フィーナは徐々にクラスへと溶け込んでいきます。そして、迎えたお昼休み。学園内を俳諧しているメイドがいると言う噂が生徒達の間て゜囁かれているのを耳にしたフィーナは・・・。可愛いよフィーナこんなキザなセリフをさらりと言ってのける達哉が私は嫌いです(苦笑)。ところで、早くも作画が・・・いや見なかったことにしよう。ス、ストーリーに集中するんだ・・・。

さて、朝霧家で暮らすことになったフィーナとミア。さやか姉さんは二人のためにステキな部屋を用意します。ところが、ミアは姫と同じ部屋はイヤだと話し、屋根裏で生活することに・・・。フィーナを愛してやまないミアが同じ部屋はイヤ・・・これは何かあるな(キラーン)。はっ!?もしかしてこの展開・・・真田さんだあ~!!だとしたら、またフィーナコレクションとか言って彼女のあんな写真やこんな写真をとりまくって、ハアハアしようとしているに違いない!!(笑)

カテリナ学院へと転校してきたフィーナ。月のお姫様に気後れしてしまったのか最初は遠慮がちだったクラスの生徒達。しかし、フィーナの人柄に惹かれ、自然と彼女の周りには人が集まりだします。容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能・・・完璧すぎるお姫様。しかし、そんな彼女が求めるのはごく普通の女の子としての幸せなのかもしれませんね・・・。

メイドが弁当持ってやってきた!!確かに、四六時中監視されたんじゃウザくてしょうがない!って言うフィーナの気持ちは分かりますが、こんな従順なメイドさんがどこにいると言うのでしょう?フィーナの不満が、私には理解出来ませんよ~。

しかし、ミアの奴まだネコ被っていますね。そろそろ、本性を現してもいい頃だと思うのですが・・・。

公務に追われ、学園にも通えなくなる日々が続くフイーナ。そんな彼女に、何かしてあげられないかと達哉は思い悩みます・・・。当然、フィーナと達哉では住む世界が違うわけです。フィーナの背負っているもので、達哉がその代わりとしてやれることは一つもないでしょう。だから、彼は家族として、彼女を「お帰り」そう言って迎えられる家族として、支えることにしたのです。もちろんそれは、高野さんのアドバイスがあってこそ、導きだした答え・・・。様々な人に支えられ、二人はこれからもこうして成長を続けていくのでしょう。二人の歩む先に、多くの人の幸せがあることを私は願いたいですね。

さて、前回も怪しかったのですが、早くも崩れだした作画・・・。フィーナがフィーナでなくなるその瞬間を我々は目撃することとなったのです(苦笑)。そんなことよりも肝心なのはストーリーなのです!!(と言うことにしておく(汗))まあ、フイーナの目標としているのものが、月と地球の交流をさらに深めることであることがはっきりして、感情移入もしやすくなったのではないでしょうか?達哉も家族として彼女を支えることを決意し、今は二人の行く末を温かく見守りたい気分です。

しかし今回は、もう少しギャグシーンが多いと思ったのですが・・・ミアの秘密も華麗にスルーだし(苦笑)。まあ、その辺は来週に期待ですかね・・・。


<ブログをお持ちの方にお知らせ>10月14日土曜日10時よりオノッチ様のネットラジオ「自堕落ラジオ」が放送される予定です。今回も、ゲストとして出させて頂く予定でございます。今回は、新作アニメ特集!!この一週間は新作ラッシュとなりましたが、それらのアニメをズバって斬って(苦笑)いやいや、楽しく語っていきたいなと思っております。

前回の放送はこちらで聴けます→ピッコロのブログ

<紹介させて頂く記事の募集です>そこで、一週間のアニメを振り返っていく時に、皆様のアニメ記事を紹介させて頂けたらなと思っております。新作も旧作も大歓迎!!長文記事、簡単な感想記事、またはネタ記事、どのような内容でも構いません。うちの記事を読んでもいいよ、紹介してやって~と言う方がおられましたら、お気軽にこちらのコメントか、メールにてご連絡いただけると嬉しいです。
メールはこちら→koubow20053@monkey.livedoor.com

前回、記事を紹介させて頂いたブログ様本当にありがとうございました。とても、楽しく読ませていただきました。また機会がございましたら、よろしくお願いいたします。




夜明け前より瑠璃色な~恋する瞬間~―Official Heroine Story (1)


http://omochiyasan.blog69.fc2.com/tb.php/283-ad874711
http://haru.sakurasaku.chu.jp/trackback/558648
http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10018472219/61d7171f
http://app.blog.livedoor.jp/hinamizawa/tb.cgi/50791901

0 Comments

Post a comment