(アニメ感想) イノセント・ヴィーナス 第10話 「決意」

イノセント・ヴィーナス 1




国防軍との戦いで傷ついた武市を見舞う司馬は、打倒・中央ロゴスを目指すこと誓います。一方、ファントムの新しい副指令として着任した仁。他のメンバーが戸惑いの表情を見せる中、仁は次の任務についての説明を始めるのでした・・・。物語は大きく動き出した感があります。仁は、ファントムの副指令とし着任し沙那奪還を再び目指し、一方の司馬も打倒中央ロゴスを目指すことを決意。

そんな中、沙那も一つの決意を口にします。「もう一度仁と会って確かめたいの」、会ってどうなると言うものではないかもしれませんが、自分の秘密、そして仁の事についても、もう一度ちゃんと向き合いたいと考えているのでしょう。これは、沙那自身の戦いです。そして、そんな沙那を支えようとする丈。彼こそ、沙那の真の騎士(ナイト)と言えるでしょう。

しかし、レニーと司馬がいつも一緒にいることに、イライラするヒジンがなんか可愛かったですね。姉御肌で頼れる存在の彼女も、やはり一人の乙女なのですね。そんな彼女の協力を得て、仁の元へと向かう丈と沙那(あっ、ごらも)。この先、二人を何が待ち構えているのでしょうか・・・。

今回は、仁のキレ具合が相当やぱかったです。幾らなんでも顔崩しすぎたろうと・・・(苦笑)。せっかくの男前が台無しでしたね。

ただ、「人がもとめるのは真実なんかじゃない、優しいウソなんだよ」と言う彼の言葉には少しドキっとしました。沙那も、そんな仁の優しい言葉を期待していると言いたげでしたが・・・。果たしてそうでしょうか?沙那がまだ、仁のことを信じているのかどうかは、分かりませんが、少なくとも真実を知りたいと言う想いに偽りはないでしょう。例え、どんなに残酷な現実であっても、目を逸らしたくないと言う強い気持ちがなければ仁の元までやってきません。彼女の決意は本物です。

丈とファントム部隊の戦い・・・。しかし、例のデバイスを組み込まれ(さらにリミッターも外してある)、暴走寸前の丈。ところが、ここで丈にある変化が起きます。彼に力を貸したのはセブンチルドレンなのか・・・。恐ろしい戦闘能力!!今の丈には、ファントム部隊も敵ではなかったのでした・・・。

この部隊で唯一の常識人であったスティーブの死。最後は丈を庇って逝きました・・・。腐敗した日本を立て直すと言う使命感に燃え、ファントムに入隊した彼。残酷な現実に打ちのめされ何度となく絶望したことでしょう。そんな彼の事を想うと涙が止まりませんでした・・・。

さて、仁を捕らえることに成功した沙那達。仁から語られる真実は沙那が想像している以上に残酷なものであるでしょう。しかし、今の彼女には仲間が、そして丈がいます。きっと、乗り越えていける・・・そう信じて次回を楽しみに待つといたしましょう。

スティーブもスキンヘッドじゃなきゃ男前なのにね(苦笑)・・・そう思ったあなた!コメントまで・・・もちろんそうでない方も!


<ブログをお持ちの方にお知らせ>10月14日土曜日10時よりオノッチ様のネットラジオ「自堕落ラジオ」が放送される予定です。今回も、ゲストとして出させて頂く予定でございます。今回は、新作アニメ特集!!この一週間は新作ラッシュとなりましたが、それらのアニメをズバって斬って(苦笑)いやいや、楽しく語っていきたいなと思っております。

前回の放送はこちらで聴けます→ピッコロのブログ

<紹介させて頂く記事の募集です>そこで、一週間のアニメを振り返っていく時に、皆様のアニメ記事を紹介させて頂けたらなと思っております。新作も旧作も大歓迎!!長文記事、簡単な感想記事、またはネタ記事、どのような内容でも構いません。うちの記事を読んでもいいよ、紹介してやって~と言う方がおられましたら、お気軽にこちらのコメントか、メールにてご連絡いただけると嬉しいです。
メールはこちら→koubow20053@monkey.livedoor.com

前回、記事を紹介させて頂いたブログ様本当にありがとうございました。とても、楽しく読ませていただきました。また機会がございましたら、よろしくお願いいたします。


TVアニメ「イノセント・ヴィーナス」ドラマCD Vol.1


http://app.blog.livedoor.jp/tomitomiq/tb.cgi/50649463

0 Comments

Post a comment