(アニメ感想) はぴねす! 第2話 「お花見」

はぴねす! Vol.1




謎の魔法科校舎の爆発により、雄真のクラスに編入となった春姫。入学式の準備に忙しく椅子並べをする雄真たちですが、「こんなもの私の魔法で!」と杏璃が魔法を披露。ところが、その魔法が原因でとんでもない騒ぎに・・・。自己紹介で、準が女でないことが明らかとなります。これを聞いてホッとする春姫・・・。分かってねえぜお嬢さん、世の中にはお前さんの知らない世界があるんだよ(苦笑)。相手が男だからって、雄真と準が恋人同士じゃない保障なんてどこにもないさ・・・フッ。

雄真と同じクラスになり、何かと彼の事が気になる様子の春姫。すでに、ヒロインが主人公の男の子にデレデレ状態です。さて、そんな中、新入生の入学式の日を迎えます。雄真の妹であるすももも新入生。そんな彼女は当日の朝、中学生の時の制服を間違えて着てしまうウッカリ者のお茶目さんです。入学式が終わってから、お母さんが雄真に「すももちゃんばかり見てたでしょう?」ってひやかしていたことから、この二人は実の兄妹ではないのかもしれませんね。

さて、今度の日曜日にお花見をしないか?と雄真たちに誘われていくことになった春姫と杏璃。取り敢えず、明日のお花見に備えてお買い物と言うことで、各ペアに分かれてお買い物をすることを提案する川村。実は前の日、雄真と事前に打ち合わせしていたのですが、雄真がそのことを忘れていて結局、雄真と春姫、杏璃と準と川村と言う組み合わせになってしまいました。きっと、川村も春姫狙いだったのね、華麗にスルーされている杏璃があまりにも可愛そうですね、はい(苦笑)。

子供の頃、魔法使いとなるきっかけを与えてくれた男の子の話しを雄真に聞かせる春姫。しかし、雄真の反応は意外なもので「魔法を使ったからと言って幸せになるとは限らない」と冷たく言い放ちます。雄真は魔法使いはキライなのでは?そんなもんもんとした想いを抱きながら迎えた、お花見当日・・・。

魔法で何でも出してしまう高峰先輩のドラえもんいらずの能力が凄かったですね。この世界の魔法は、無から何でも作り出せるのでしょうか?それに対して、魔法キライなはずなのに特に嫌悪感を示さなかった雄真・・・う~ん謎だ。

まあ、しかし今回もドタバタがありましたが最後においしい思いをするのは雄真だったと言うオチで(苦笑)。雄真の魔法ギライをすぐに見抜いてしまう高峰先輩はやはり油断出ない女性ですね。

このアニメのストーリー、雄真の魔法ギライの理由が一つの大きなポイントとなりそうですね。また、雄真に惹かれながらも、どこか壁を感じて、引いてしまう春姫の健気さに萌える作品であると言うことは良く分かりました。ただ、個人的には、現在どのキャラにも感情移入が出来なくて、物語に入りこめない状態。何かきっかけがあればもう少しよくなるのでしょうけど、何かかが足りない・・・今はそんな評価に落ち着いています。まあ、暫く様子を見ていきますかね。

ところで、春姫とすももが幼馴染だったと言う設定・・・。使えなさそうな設定ですね(苦笑)。結局、すももと雄真は実の兄妹ではなかったので、すももに春姫が嫉妬してしまうと言う場面が今後あるのかな?なんて邪推してしまいましたが・・・。

コソコソと話し合う、雄真と川村を見て「男同士、色々あるのよきっと」と話す準に、おめぇも男じゃねえかあ~!!と男らしく突っ込んだあなた(笑)。まさしく漢です!お友達になりましょう(笑)、コメントください。もちろん、そうでない方も。

はぴねす!ビジュアルファンブック


http://blog.seesaa.jp/tb/25821957
http://dengekijap.blog47.fc2.com/tb.php/459-a72aca0d
http://app.blog.livedoor.jp/genneigennjitu2005/tb.cgi/50805351
http://shinshu.fm/MHz/33.63/a04500/0000154871.trackback
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/26f61a759956769e742c15eb70f9b5b2/e2

0 Comments

Post a comment