(アニメ感想) ちょこッと Sister 第16話 「ドキワク夏祭り」

「ちょこッとSister」 あんちょこ 3冊目(Under Chocottosister File.THREE)




今日はお祭りの日。ちょこは、はるま、千歳と共にお祭り会場へと繰り出します。屋台めぐりで祭りを満喫するちょこですが、歩き回っているうちにはるま達とはぐれてしまい・・・。相変わらずゆりぴょんのメイドさんの目つきが悪いですね。何を考えているか分からなさそうに見えて実は、とても優しい心の持ち主なんて設定がありそうな予感。ゆりぴょんの護衛も兼ねて、「戦うメイドさん」なんて設定も隠されていればなお最高です(笑)。

夏祭り・・・ちょこだけと思ったらデッカイおまけがついてきた!(笑)最近の管理人さんは何かとおいしい思いをしていますね。まさしく、ちょこは恋のキューピット。しかも、途中でちょこがはぐれて、はるまと二人っきりになったときたもんだ!このチャンスを生かせなくてどうする!?管理人さん・・・ors。

やはり、ゆりぴょん付きメイドはいい人でした。ゆりかが素直になれずに、それでも本心では何を望んでいるかをちゃんと知っているのです。ゆりかへの愛なしでは、これだけの気遣いは出来ないでしょう。強引に浴衣に着替えさせ、ゆりかに祭りへと行くように促した秀子さんは本当にステキな人です。ゆりかは、両親との関わりがいまいち希薄そうですから、秀子さんが母親代わりとなっているのかもしれませんね。

このアニメ、魅力的なキャラは多いのです。例えば前述した、秀子さんや今回久々に登場した「永遠の17歳」(って違うか)ミドリさん等。ただ、せっかくの魅力的なキャラも、スタッフがエロを入れることに集中しているため、と言うかサービスシーンありきのストーリー構成になっているから、どうにもストーリーに集中が出来ません。今回も、ちょこの胸チラに始まって、芋飴レロレロ、しかも髪をかきあげる仕草はやり過ぎでしょう。ここまで、あからさまだと、さすがにひいてしまいました。

管理人さんの告白は今回はお預け、ただ恋愛に関しては奥手だった彼女が、はるまの愛に生きることを決意し、そのために自ら動き出そうとしているのを見ていると、心から応援したくなりました。ガンガレ!管理人さん!!

それにしても、ミドリさんって何者なんでしょう?私、極道の組長の娘なんてオチを予想しています・・・。

<追記>芋飴じゃなくてちょこバナナでしたね、時代が古くてすいません(汗)

<ブログをお持ちの方にお知らせ>10月28日土曜日10時よりオノッチ様のネットラジオ「自堕落ラジオ」が放送される予定です。今回も、ゲストとして出させて頂く予定でございます。さらに、前回と同じく今回も追加ゲストにGMさんが登場!現在放送されているアニメや声優さんの話題等について熱く語っていきたいなと思っております。

前回の放送はこちらで聴けます→ピッコロのブログ

<紹介させて頂く記事の募集です>そこで、一週間のアニメを振り返っていく時に、皆様のアニメ記事を紹介させて頂けたらなと思っております。新作も旧作も大歓迎!!長文記事、簡単な感想記事、またはネタ記事、どのような内容でも構いません。うちの記事を読んでもいいよ、紹介してやって~と言う方がおられましたら、お気軽にこちらのコメントか、メールにてご連絡いただけると嬉しいです。
メールはこちら→koubow20053@monkey.livedoor.com

前回、記事を紹介させて頂いたブログ様本当にありがとうございました。とても、楽しく読ませていただきました。また機会がございましたら、よろしくお願いいたします。


「ちょこッとSister」 あんちょこ 1冊目(Under Chocottosister File.ONE)


http://blogs.yahoo.co.jp/mireiyumoe2/trackback/1220602/42878429
http://app.blog.livedoor.jp/onochi/tb.cgi/50750486

0 Comments

Post a comment