(アニメ感想) イノセント・ヴィーナス 第12話 「世界」




イノセント・ヴィーナス オリジナルサウンドトラック/アニメ




対峙する仁と丈。かつて共に戦場を駆け抜けたあの頃とは、様変わりした二人の姿がそこにはあったのです。もはや、止められぬ戦い・・・二人はグラディエターに乗り込むのでした・・・。権力への渇望が、これまでの仁を支え続けていました・・・。父親への復讐、かつてはそれも考えていた時期もありました。ただし、父親の後ろ盾をを奪われたことへの復讐心ですが・・・。結局、誰よりも野望に忠実であったのは仁。己の野望を叶える為、全てを利用したのです。沙那、ドレイク、そして丈までも・・・。

そして二人は戦います。圧倒的な力を見せる丈。それに対抗するため、仁もリミッターを外します。この二人の違いとはなんでしょう?私には未だ分かりません。ただ、セブンチルドレンは、丈に味方しました。彼らの母体である沙那を救おうとする丈の純粋なる思いが、伝わったのかもしれません。しかし、一方の仁は、恐怖の取り込まれやがて暴走を始めます。もはや、この勝負、戦う前からその勝敗は決まっていたのです・・・。

最後まで仁は哀れでした。醜く、わめき、怯え死んでいったその姿は見るに耐えないものがありましたね。丈には、確かに何もありませんでした。沙那と出会う前のことです。しかし、仁と出会い沙那を誘拐したあの時から、この男の運命は変わりました。今の、丈は沙那を救うことが全てです。こんな風に丈を変えたのは、仁自身であったと言うのは、皮肉なものです。

六体のグラディエータに乗り込み、現われたドレイク。すると、戦いを繰り広げている、サツマ軍、国防軍のあらゆる兵器が、突如制御不能となります。ドレイクは六体のグラディエータに乗せた神経組織をネットワーク化し、エリア内に近づくあらゆる電子装置を兵器の類を全てコントロールすることが可能となったのです。敵味方関係なく、また街にも攻撃が及び、両軍とも激しく消耗します。そんな中、ドレイクの前に丈の搭乗するグラディエータが姿を見せるのでした・・・。

そこにあったのは悲しい事実・・・。沙那を助けようとしていた子供達は、すでに兵器として利用されていました。しかし、最後は彼らにより、救われる形となったのです・・・。恐怖に支配され、最後は司馬によって殺されてしまったドレイクは当然の報いと言えるでしょう。

それにしても、何も知らずに殺戮兵器の一部と化してしまった子供達は、本当に可愛うでした。最後、沙那がワタルを抱きしめ彼の瞳が、色づき始めるシーンには涙が止まらなかったです。子供達があの苦しみから、沙那と丈によって開放されたことはせめてもの救いか・・・。

確かに1クールで描き切れないところは多かったでしょう。丈の過去がちゃんと明かされなかったことや、彼が沙那を守ろうとするまでに至るその過程など、まだ不十分な点は多かったです。しかし、最後はキレイに収まったので、見終わってそれなりの充実感はあります。

多少の中だるみはありましたが、先の気になる展開であったので飽きることなく見られましたし、私は好きな作品でした。ただ、仁が後半ほとんど妖怪と化していたのは残念(苦笑)。黒いのはいいけど、なんかあそこまで顔崩すのは違うと思うな~。後、丈が旅に出るって・・・まんま明日のジョーじゃん!!(苦笑)スタッフの皆様壮大なネタありがとうございました。いや、真面目に声優並びにスタッフの皆様お疲れ様でした。また、この感想記事を読んでくださった方、今までコメントを下さった方ありがとうございました。

ところで、司馬とレニーはこれからハネムーンですか?ヒジンがあまりにも可愛そうです。早く別れてくださいね~(っておい)。


<ブログをお持ちの方にお知らせ>10月28日土曜日10時よりオノッチ様のネットラジオ「自堕落ラジオ」が放送される予定です。今回も、ゲストとして出させて頂く予定でございます。さらに、前回と同じく今回も追加ゲストにGMさんが登場!現在放送されているアニメや声優さんの話題等について熱く語っていきたいなと思っております。

前回の放送はこちらで聴けます→ピッコロのブログ

<紹介させて頂く記事の募集です>そこで、一週間のアニメを振り返っていく時に、皆様のアニメ記事を紹介させて頂けたらなと思っております。新作も旧作も大歓迎!!長文記事、簡単な感想記事、またはネタ記事、どのような内容でも構いません。うちの記事を読んでもいいよ、紹介してやって~と言う方がおられましたら、お気軽にこちらのコメントか、メールにてご連絡いただけると嬉しいです。
メールはこちら→koubow20053@monkey.livedoor.com

前回、記事を紹介させて頂いたブログ様本当にありがとうございました。とても、楽しく読ませていただきました。また機会がございましたら、よろしくお願いいたします。




イノセント・ヴィーナス オリジナルドラマ #0/ドラマCD (野島健児、櫻井孝宏、名塚佳織、他)


http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10018902613/05ff56fe
http://dotcube.blog63.fc2.com/tb.php/284-a1cad01b
http://animeseikatsu.blog61.fc2.com/tb.php/541-07bb5b12
http://sakuranomotonite.blog50.fc2.com/tb.php/76-0425e719
http://kenjim.blogtribe.org/tbinterface.php/0728647329b9d207110f38b0cc5ee6ea

0 Comments

Post a comment