(アニメ感想) 武装錬金 第4話 「もう一つの新しい命」

武装錬金 2 (2)




学校でパピヨンマスクを探すカズキは、病を患う三年生の蝶野に出会います。斗貴子が記したパピヨンマスクの特徴にそっくりなその少年を前に、カズキはそれが間違いなく自分の探している人物であることを確信します。そう、彼こそがホムンクルスの創造主・パピヨンマスクだったのです!蝶野は解毒剤ををカズキに見せると、ある取引を持ちかけるのでした・・・。目覚めるとそこはホテルだった・・・目の前には私服姿の斗貴子が、そしてカズキはパンツ一丁だった。一体何が!?もしかして、夜明けのモーニングコーヒー!?エライこっちゃです~(笑)。いや、冗談はさておき「年上だと嬉しいか?」とカズキにたずねる斗貴子さんの表情が、なんかとても可愛く見えたのはポイント高かったですね。

身長175~180センチ、ヤセ型、姿勢は良い、顔は色白と言うより蒼白、そして、ドブ川が腐ったような目・・・。目の前にいるその男は、間違いなくカズキが探していたパピヨンマスクの創造主、その者でした。カズキは身構え、武装練金を発動させようとしますが、パピヨンマスクはそれを制止。そして、解毒剤を取り出し、ある物と交換にそれを渡すと持ちかけます。そのある物とは、カズキの核鉄・・・。しかし、カズキの核鉄は、彼自身の心臓の代用品となっているため、渡せないとそれを拒否。自分の命が惜しいからと言うよりも、自分が死ぬと斗貴子さんに解毒剤を渡せなくなるからと言う理由がカズキらしいですね。

しかし、この変態仮面(笑)、やたらと態度はデカイし、イカれてますが、実はかなり貧弱なのです。カズキのパンチ一発で失神KO!まあ、斗貴子のように戦闘訓練は受けていないので、当然と言えば当然なのですが・・・。ついでに、カズキにちらつかせていた解毒剤もフェイク。本物は、直接注入するタイプの注射器であると斗貴子は言います。これは蝶野が、カズキ達と学校で接触することは想定済みだったと言うことになりますか。

蝶野の目的は、自身をホムンクルス化することによって、病んだ体を捨て不老不死の体を手に入れること。しかも、蝶野の開発したそれは人間型ホムンクルス・・・現在生成中のホムンクルスは蝶野の細胞をベースに作った言わば分身。分身との合体ならば精神は、同化して殺されずにそのまま残るということ。しかも、人がベースであるため、これまでのような化け物にはならずに、見た目は人と変わらない超人が誕生すると言うことです。ただし、人を食わねば生きられないと言うことは、変わりはないですが・・・。

蝶野の危機に駆けつけた大鷲のホムンクルス、鷲尾。体の一部をホムンクルス化した彼は、今までのホムンクルスとは一味も二味も違います。しかし、こいつを倒せば後は蝶野を残すのみ!果たして、カズキと斗貴子はこの戦いに勝利し、パピヨンマスクまでたどり着けるのか!?

鷲尾のスピードとその動体視力は、驚異的なものがあります。これに対抗するにはカズキと斗貴子のコンビ攻撃は重要となるでしょう。戦いの中で成長していく、カズキの活躍に期待です。しかし、変態仮面が変態過ぎるため(苦笑)鷲尾のクールさが際立っています。彼は本当の意味で、蝶野の事を大切に想うものなのですよね。その優しさが、蝶野に届くことはあるのか・・・。次回にも注目です。


<ブログをお持ちの方にお知らせ>10月28日土曜日10時よりオノッチ様のネットラジオ「自堕落ラジオ」が放送される予定です。今回も、ゲストとして出させて頂く予定でございます。さらに、前回と同じく今回も追加ゲストにGMさんが登場!現在放送されているアニメや声優さんの話題等について熱く語っていきたいなと思っております。

前回の放送はこちらで聴けます→ピッコロのブログ

<紹介させて頂く記事の募集です>そこで、一週間のアニメを振り返っていく時に、皆様のアニメ記事を紹介させて頂けたらなと思っております。新作も旧作も大歓迎!!長文記事、簡単な感想記事、またはネタ記事、どのような内容でも構いません。うちの記事を読んでもいいよ、紹介してやって~と言う方がおられましたら、お気軽にこちらのコメントか、メールにてご連絡いただけると嬉しいです。
メールはこちら→koubow20053@monkey.livedoor.com

前回、記事を紹介させて頂いたブログ様本当にありがとうございました。とても、楽しく読ませていただきました。また機会がございましたら、よろしくお願いいたします。


アニメディア 2006年 11月号 [雑誌]


http://blog.seesaa.jp/tb/26196148

0 Comments

Post a comment