(アニメ感想) はぴねす! 第6話 「謎の転校生」

はぴねす! Vol.1




すももが紹介したいと雄真達の前に連れて来た女の子、伊吹。彼女は、今度すもものクラスへと転校してきた魔法科の生徒でした。しかし、何だかすももに対してつれない態度。そんな一風変わった伊吹とすももはお友達になりたいと話すのですが・・・。準のことが分からなくなってきました。男が好きな女装っ子だったのではなかったのか・・・。ところが、伊吹を見た彼女(彼?)の反応に私は驚かされたのです。「可愛い~!!」と伊吹にスリスリスリスリ。これは、きっと女の気持ちで女の子を愛せると言うアレに違いない!!(苦笑)

さてさて、ツンデレ要員として新たに動員された伊吹ですが、教科書どおりのヅンデレっぷりを見せてくれています。ちなみにツンデレ対象はすもも。そりゃもう最初から、ツンツン飛ばしてくれてます(笑)。実は、この伊吹の家、式守家に代々仕えているのが、前回転校してきた上条沙那と信哉。夜中の学校で伊吹と話していたのは気になりましたが、何か理由がありそうですね。また、近いうちに伊吹はここを引っ越さくてはいけないようです。信哉は春姫達を巻き込みたくないと話してましたが、これはこの先に起こるであろう大きな事件を暗示しているのか・・・。

全ては伊吹を振り向かせるため!すももの作戦が始まります。しかし、メール作戦、交換日記作戦、不良撃退作戦等など、全て大失敗。すっかり落ちこんでしまうすももちゃん・・・。「どうしたら伊吹さんと仲良くなれるんだろう・・・」そんな風に思い悩みながら、すももが街を歩いていると、そこに高峰先輩の姿が!!ああ、もうダメだこの人に関わるとロクなことないんだよなあ~(苦笑)。と言うか、人のトラブルを楽しむ黒い人・・・もう勘弁してください(汗)。

高峰先輩よりアドバイスをもらい、お弁当作戦を決行するすもも。彼女を振り向かせるために一生懸命になっている彼女を見ると、なんだかオラ、ソワソワしてきたぞ(笑)。愛のこもった(と言うか怨念のこもった(苦笑))お弁当を食べさせることで、伊吹の心をゲッチュー(死語)しようと言う姑息さは、さすが高峰先輩のアドバイスです(苦笑)。いや、しかしこれが見事はまり、伊吹の心を動かすことが出来たのでした。

もちろん、伊吹の心を動かしたのは、すももの真心が伝わったからに他ならないわけですが、すももを優しく見守る雄真達のサポート、高峰先輩のアドバイスがあったことも見逃してはなりません。こうして、取あえずは伊吹の餌付けに成功!(苦笑)これから、どうするよ?・・・ダメだどう見てもガチ小百合だ・・・(苦笑)。

次回は、さらに伊吹の心を引き寄せるためすももが、またまた大活躍するようです。大変愉快なアニメです。次回も楽しみですね!

はぴねす!ビジュアルファンブック


http://thousandkiller.blog.shinobi.jp/TrackBack/233/

0 Comments

Post a comment