(アニメ感想) 史上最強の弟子ケンイチ 第6話 「梁山泊での一日!屋根の上の夢」

史上最強の弟子ケンイチ 15 (15)




不良たちに付けねらわれることとなったケンイチは、「強くなる意外に生き延びる方法はない」と師匠達から言われ、梁山泊に泊り込みで修行することに。しかし、そんな兄を心配する妹のほのかは・・・。もはや、生気を感じられないケンイチがあまりにも痛々しかった。それを見てあたふたするのが、ゴルゴ13似の父ちゃん。逞しそうなのに、随分と頼りないところが笑いを誘いますね。それに比べて、美人の母ちゃんの落ち着き払ったこと!本当にステキ過ぎます。ちなみに、妹もいますがこれもかなりの変わり者。兄の修行を覗きに梁山泊へと向かう前に、母より渡されたお菓子包みを受け取ると、「お母さん?痺れ薬って薬局に売ってる~?」と言った具合。このアニメで一番面白いのは、ケンイチの家族なのだ!!(笑)

柔軟性は格闘家にとって筋力と並んで命とも言える大事な要素。かつて、極真会館の故大山倍達も言ってました「ダンサーとだけは喧嘩するな」・・・と。身体能力もさることながら、その柔軟性は脅威だったのでしょう。当然のことながら、柔軟性は重要です。ケンイチは美羽の助けを借り、股割りをするわけですが、痛いやら嬉しいやらでケンイチは新たな快感へ目覚めるのでした・・・(苦笑)。

妹の暴走が相変わらず凄かったですが、温かな家族に囲まれ育ってきたケンイチと、幼き頃より両親と別れ、祖父と二人っきりで旅を続けてきた美羽との対比。しかし、この梁山泊は美羽の心の拠り所であり、そこで暮らす者達は家族なのです。またケンイチにとっても、この梁山泊が居場所になりつつあるのは興味深かったですね。

つらい修行の日々、心も体も疲れきったケンイチを癒してくれるのが、我らの女神美羽なのです。ここにきて、美羽の存在意義がはっきりしたことは我々にとって大きな収穫でした。ここにおいでよ~、梁山泊、ここはこの世の天国さ~♪

史上最強の弟子ケンイチ 3 (3)


http://mikage17.blog15.fc2.com/tb.php/1423-c3f6404f

0 Comments

Post a comment