(アニメ感想) はっぴぃセブン~ざ・テレビまんが~ 第5話 「苦あれば福あり」

それぞれのキャラの個性も少しずつ出てきてちょっとだけ面白くなってきたこのアニメ。しかし、これだけ女性が多いのにも関わらずいまいち萌え要素が薄いかなと・・・。今後のお話しでどれだけキャラの魅力を引き出せるか注目していきたいと思います。



happy05110300




happy05110301
happy05110302


happy05110303


明日、祭りが開催される神社で子供が神隠しにあったと言う噂を聞きつけたはっぴぃセブのメンバーたち。明日は、メンバーも祭りに参加する予定でしたが急遽予定を変更。出店グループとパトロールグループ二手に分かれて行動することになりました。そして、当日、菊乃介、猩々、みく達と共にパトロールを続ける亜麻乃。しかし、内心はせっかくの菊乃介とのお祭りを二人で過ごせなくて少しがっかりするのでした。

はいはい、おだんご頭さんは相変わらず菊乃介のことしか頭にないのね。もう、これ以上突っ込むところないですから~。

ドジって菊乃介の浴衣を汚してしまった亜麻乃。慌てて、ハンカチで汚れを拭こうとするのですが通りかかった婦人がそのままではシミになると忠告。汚れをとってあげるから家にいらっしゃいと言うことで四人はその婦人「若菜」の家に招待されるのでした・・・。

若菜キタ~!!なんか、顔までもそっくりですが・・・。色っぽくていいなあ~。お団子頭には出せない色気ですね。

広い屋敷に驚く一行。部屋に飾ってあった写真には夫と仲良く写っている若菜の姿があるが、どうやらこの広い屋敷に一人暮らしなのではないかとメンバーは話します。とその話しの最中に若菜が部屋に入ってきて「今は幸せではない」と言います。旦那は若い女性をつくって家を出て行ったのだと。亜麻乃は、旦那さんは絶対ここに帰ってくると言いますが、猩々とみくは「その可能性は低い」と冷静に話します。さらに、若菜の身体に怪芽霊がとりついていると衝撃の事実を告げる菊乃介。

happy05110304


この屋敷に行方不明の子供達が囚われている可能性が高いとみたメンバーですが、下手に動くと子供に危害が加わると今後の対策を思案します。亜麻乃は逃げた旦那を探すと言い出しますが、探してどうするとみくに言われ断念。そんな時猩々はあの作戦しかないと何か思いついた様子。みくと顔を見合わせてうなづく二人は菊乃介を使ってある作戦を決行します・・・。

菊乃介を使って若菜を誘惑し女としての自信を取り戻させようとするメンバー達。しかし、極度に緊張する菊乃介はあえなく撃沈!作戦は失敗に終わります。しかし、その後猩々が蔵で行方不明の少年を発見。慌てるメンバー達ですが、その前に怪芽霊のとりついた若菜が立ちはだかり、四人に襲い掛かります。なんかとか若菜を説得しようとする亜麻乃ですが、みくは若菜に「バカ女」と言い放ちます。怒った若菜はついに・・・。

今日は人妻ときましたね。もっとお約束のシーンがあるのかと期待しましたが残念ながらありませんでしたw。若菜さんの色気が大人の色気が印象的でしたけど、猩々やみくに活躍の機会を持たせてそれなりにお話しの方はまとまっていたと思います。このアニメ徐々に良くなってきているのではないでしょうか?ただ、相変わらずヒロインが被ってて(亜麻乃とくりや)正直亜麻乃をだすのならくりやは出さないほうが良かったのではないのかなと思います。ここが中途半端だからいまいちのめりこめない残念です。でも、全体的に良くなっているので次回もこの調子で期待したいですね。

happy05110305


七福娘夏祭り はっぴぃセブン―真夏の福袋

0 Comments

Post a comment