(アニメ感想) BLACK BLOOD BROTHERS 第11話 「海」

「BLACK BLOOD BROTHERS」インターネットラジオ 高橋美佳子と植田佳奈のこちらオーダー・コフィン・カンパニー トークCD!!+AN’S ALL STARS THEME SONG




九龍の血統による、特区襲撃は街を大きな混乱に陥れます。そんな中、ついにセイ自らが動き出すのでした・・・。いよいよ、東の竜王がその強さを見せる時がやってきました。反則的とも言えるその力はやはり絶大です。イレブンヤードの開放が何を意味しているのか、今後に注目ですね。

ケインとヤフリーの対決再び!!ケインがのようなものを発してましたが、この世界ではこんな飛び道具もアリということですか。やはり、ケインとヤフリーとの実力差は明らか。ここで、ケインが本気で(変身して)戦わなかったことが悔やまれますね。そして、カーサの登場でその立場は逆転。かつての飼い主に未だに頭が上がらないとは、ちょっと情けないな・・・(苦笑)。

それにしても、ヴァンパイア撃退チームの不甲斐ないこと。九龍の血統の殲滅を目的として作られた部隊ではなかったのですか?それが、何の対策もないまま、元人間達(しかも戦闘タイプではないただの人)によって全滅寸前とは・・・。初登場時のクールさはどこへやら(汗)。あの程度のザコ相手に、セイ自らが力を振るわねばならないと言うのは、この先に大きな不安を残しましたね。

さて以前より、謎だった「なぜジローとコタロウが特区へとやってきたのか?」それが、コタロウの口から語られます。聖域で外の世界を知らずに育ったコタロウは、友達がほとんどいませんでした。それでは、いけないということでジローはコタロウを連れ外の世界に出たのです。外の世界を学びながら、人や吸血鬼の友達を作るために・・・。ジローのコタロウに対する深い愛を感じますね。

ミミコはカーサに対して悪い印象を持っていないようです。確かに、ジローから事前に聞かされていた情報だけだと、どんな悪女なのだろうと想像は膨らんだことでしょう。しかし、実際に会った印象としては、確かに良からぬ事を企んではいるし、油断出来ない存在ではあるでしょうが、ジローやコタロウを憎んでいる風には見えなかったとミミコは話します。しかし、それを聞いてもなおジローはカーサに対して憎しみを募らせるのでした・・・。

ジローの本気を引き出したミミコの問いかけ。本気でぶつかり合わないと分かり合えないこともある。そして、ジローの目を覚まさせたのは、かつてアリスが彼へと送った一つの言葉だったのです。「母なる海へ・・・」。コタウロには、外の世界に出て友達を作れと言っておきながら・・・しかし、本当に心を閉ざしていたジロー自身であったのです。それに気づかせてくれたのは、ミミコ、そしてコタロウ(アリス)の言葉。こうして、教え教えられながら人は成長していくものなのですね。

ところで、最後に登場したあのカーサのメガネの弟(名前失念)。どうやら特異体質のようですね。人と、九龍の血統どちらも自由に行き来できる存在と言うことでしょうか?訪れたジローの危機。油断していたとは言え、最近いい活躍が見られないジロー、果たしてこの先どうなるのでしょうか?次回の展開に期待です。

やっぱり、ミミコはいい!しかし、色気がないのが致命的だな・・・(苦笑)。この子の将来が本気で心配になってきちゃった(汗)

BLACK BLOOD BROTHERS 第1巻



http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/0f71ef78fc
http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/47862b36e7
http://huys.blog.shinobi.jp/TrackBack/101/
http://rotting.blog58.fc2.com/tb.php/274-a64668ed

0 Comments

Post a comment