(アニメ感想) ブラックラグーン -BLACK LAGOON- The Second Barrage 第20話 「The Succession」

ブラック・ラグーン 6 (6)




止まらない、バラライカ達の攻勢。過激になっていくバラライカの仕事に坂東は、不安を覚えつつありました。そして、バラライカは言います「全ての決定はあなた方ではなく、我々にある」と。彼女は、ここ東京で本当の戦争を始めようとしていたのです・・・。闇のもつ本当の恐ろしさ・・・まさにバラライカは、それを体現しようとしています。同じ闇の組織とは言え、その闇の黒さと深さに坂東は飲み込まれようとしていました。組むべき相手ではなかった・・・今さら後悔して遅いのです。奴らは本気なのですから・・・ここは食うか食われるかの世界。飲まれれば負けなのです。

闇に吸い込まれそうで怖い・・・」だから、夜はキライだと雪緒は話します。思えばこの時すでに、雪緒は闇の途方もないその深さに気づいていたのでしょう。今、彼女のいる場所は昼と夜の中間。光の中にいるわけでもなければ、闇の染まっているわけではない。その状態でギリギリのバランスを保っているのです。それは、ロックも同様。こう考えると二人がこの地で、巡り合ったのは運命的であると言えますね。

同じ闇の住人の中にあってもどうしようもなく、浮いてしまう存在と言うのはいるものです。極上のクズとも言うべきでしょうか?チャカ坊のキレ具合は、それはもうかなりのところまでいってます。ロックを足蹴りにし、レヴィを挑発。明らかに誘っています。しかし、レヴィは決して助けようとはしません。なぜなら、彼の片手にはしっかりと銃が握られていたからです。レヴィとやりあうつもりは満々。かなりのイカレ具合です。それだけに、レヴィの言葉はイカしていた「絶対ころしてやる!」。

偶然駅で出会った、ロックと雪緒。二人は、近くの喫茶店へと向かうわけですが、ここでロックは雪緒の正体を知ることとなります。また、互いの立ち位置を確認し合うかのようなセリフはなかなかに興味深かった。そして、雪緒の「私もね家のことが嫌いでした・・・だから今は家のことも父のことも愛してますよ」のセリフは、これから彼女が下す、一つの重大な決断を暗示しているかのように聞こえたのです・・・。

これまで、自分の立場をわきまえ、今回の仕事の件では、バラライカに意見することをしなかったロック。しかし、雪緒に必要以上に肩入れしてしまった彼には、もう我慢が出来なかったようです。「いるべき所を間違えるのは良くないわ」、バラライカのこの言葉は、一応の忠告ととっておいたほうがいいでしょう。彼女はいつもに増して危険です。ところが、それを聞いたレヴィは「ロックは身内だろ互いの信頼は大事だぜ」とめずらしくロックの肩を持ちます。彼女もまた、日本に来てからというもの少し変ですね。ただ、ロックはバラライカに問うべきではありませんでした。なぜなら、彼女から聞かされたのは絶望的な言葉だったからです、「目標に一つ名前が増える・・・それだけのことよ」。

そして、坂東の決意・・・。彼は彼なりのやり方で筋を通そうと・・・片をつけようとしているのです。この辺りは、少し分かりづらいところがあるかもしれません。私は任侠映画などは馴染みがなかったですし、組織関係も少し分かりづらいところがありましたから。今はただ、何となく流れを理解していればいいと思います。詳しいことは最後に明かされますので・・・。

この件で闇・・・バラライカやレヴィのいる世界と言うのはこういう場所であるのだと、ロックははっきりと認識したはずです。バラライカの坂東殺しはそれぐらい衝撃がありました。。分かってはいるのだけど、やはり・・・ここでロックと我々の視点が、一つの同調を見ることになるのです。

ホテルモスクワはやる気だ、嵐が来るぜ・・・鉄と血の嵐だ!!俄かに動き出した世界、もはや誰にも止められない。雪緒もついに大きな決断を下すことになります。彼女だけが日の当たる道を歩み、その影ではどぶ下をはいずり回っている人間がいる・・・しかし、逃げるわけにはいかない。銀次は複雑でした。「雪緒だけには、真っ当な道を歩んで欲しい」そう願っていたからです。しかし、「世界」がそれを許しません。ここが、そういう場所であったことは銀次自身が良くわかっているのです。

そして、サイコロは投げられました。自身の進むべき道を自らが決め、そしてその世界へと身を投じた雪緒・・・。庭での雪緒と銀次の会話は、名シーンでございます。「銀次さんは、私を護ってくださいますか」の雪緒の問いに「不肖、鷲峰組若頭代行松崎銀次。七生を以って御身御守護を勤めさせていただきやす」と誠意と覚悟を持って答える銀次・・・シビれる。ああ~、やっぱりこのアニメ大好きだあ。

原作より省略されているセリフも幾つかありましたが、今のところ問題はございません。日本編はここからが、本当の始まりです。甘さの許されないこの世界で、ロックや雪緒はこれからどう立ち回っていくのか・・・注目です。最後に一つ、バラライカのクールさは異常!!


<ブログをお持ちの方にお知らせ>11月25日土曜日10時よりオノッチ様のネットラジオ「自堕落ラジオ」が放送される予定です。今回も、ゲストとして出させて頂く予定でございます。さらに、前回と同じく今回も追加ゲストにGMさんが登場!現在放送されているアニメや声優さんの話題等について熱く語っていきたいなと思っております。

*なお、放送日時はあくまでも予定でございます。予告もなく、変更になる場合もございますがどうかご了承くださいませ。

前回、前々回の放送アツプが遅れていて申し訳ございません。オノッチさんのこちらのページで聞くことが出来ますのでこちらでどうぞ自堕落ラジオ(出張版)

<紹介させて頂く記事の募集です>そこで、一週間のアニメを振り返っていく時に、皆様のアニメ記事を紹介させて頂けたらなと思っております。新作も旧作も大歓迎!!長文記事、簡単な感想記事、またはネタ記事、どのような内容でも構いません。うちの記事を読んでもいいよ、紹介してやって~と言う方がおられましたら、お気軽にこちらのコメントか、メールにてご連絡いただけると嬉しいです。
メールはこちら→koubow20053@monkey.livedoor.com

前回、記事を紹介させて頂いたブログ様本当にありがとうございました。とても、楽しく読ませていただきました。また機会がございましたら、よろしくお願いいたします。


ブラック・ラグーン 5 (5)


http://omochiyasan.blog69.fc2.com/tb.php/376-cc443b5f
http://telanim.blog58.fc2.com/tb.php/107-f792dff1
http://app.blog.livedoor.jp/genneigennjitu2005/tb.cgi/50837998
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/4819011
http://mikage17.blog15.fc2.com/tb.php/1471-91c0fb2a

0 Comments

Post a comment