(アニメ感想) 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第8話 「お姫様と瑠璃色の空の下で…」

電撃大王 2007年 01月号 [雑誌]




達哉の大胆な告白。それに最初は戸惑いの表情を見せるフィーナでしたが、やがてその想いを受け止め二人は愛を確かめ合います。しかし、そんな二人の前にはこれから先多くの困難が待ち受けていたのです・・・。せっかくの達哉の告白に、フィーナの反応が微妙だったので、いまいち盛り上がらない見せ場となりました。おまけに達哉の「困った時の鼻つまみ」、どうやらこれを世間で流行らせたいようですが(苦笑)なぜかしらけてしまうからタチが悪い。私は、このアニメ一番空気の読めていない男は、仁ではなく達哉だと思います。

そして物語は、二人の愛を認めないカレンが試験と称して達哉とフィーナを剣術で戦わせると言う安直な展開に・・・(汗)。両国の大事を剣術によって解決しようとは一体どういうことなのでしょう?カレンだけは、大丈夫だと思っていたのに・・・もう涙で前が見えませんよ~。しかも、達哉の対戦相手はフィーナ。どうせ、盛り上げるんなら達哉の対戦相手はフィーナの許婚の方が良かったのでは?

ウザいウザイと評判の高野さんですが、今回も空気読まずに(ホントこのアニメ空気読めない人多いよな)登場。なんと彼、剣術の達人だったのです!!ホントデッカイびっくりですね。そしてこの後、達哉と山篭りをして鍛えると言うスポ根な展開を見せるのです・・・。

達哉とフィーナの行動は、周囲に大きな影響を及ぼします・・・まあ二人も予想はしてたでしょうが。さやかが、責任を取り辞表を提出したのです。でも、さやか本人はあまり気にしてない様子。大統領の「彼女は、案外この状況を楽しんでいるかもしれない」と言う言葉もうなずけますね。どうも、さやかさんを見ていると某大原キャラを思い浮かべてしまいますね(苦笑)。

思わず、安直な展開と書いてしまいましたが、結末もまたありきたりのものでした。幾ら、二人の覚悟を確かめるためだったとは言え、真剣勝負で戦えと二人をたきつけ、達哉が勝てば二人の交際を認めると言う条件を提示したにも関わらず、このご都合主義とも言えるまとめかた・・・。どこまで言ってもこのアニメは、緊張感が希薄なようです。近いうちにフィーナの許婚とも、一悶着あるのでしょうが、物語にたいしてどこまでスタッフが真剣味を見せてくれるのか?・・・とても不安を感じてしまいます。取りあえず今回は、中途半端にギャグパートを織り込まずにとことんシリアスで貫いて欲しかった。このアニメのキャラは空気を読めない人が多いと言いましたが、一番空気を読めていないのはスタッフだと私は思います・・・。

なんか、かなりキツい批判口調になってしまいましたが、原作ファンの方はどう思っていらっしゃるのでしょうかね?最終回を迎えて、「キャベツ」しかなかったなあ~(苦笑)なんて事にならないよう祈っております。ところで、最後に登場のリースリット・・・ごめん、すっかり彼女の存在を忘れてました(苦笑)。フィーナの父親に、許婚に、リースリットとまだまだ達哉とフィーナの前には多くの困難が待ち構えているようです。二人の奮闘に期待!!

仁あにぃ~、このアニメで面白いのはあんただけだよ!その空気を読まない「ガラス割りダイビング」はイカしているよ・・・(苦笑)。


<ブログをお持ちの方にお知らせ>11月25日土曜日10時よりオノッチ様のネットラジオ「自堕落ラジオ」が放送される予定です。今回も、ゲストとして出させて頂く予定でございます。さらに、前回と同じく今回も追加ゲストにGMさんが登場!現在放送されているアニメや声優さんの話題等について熱く語っていきたいなと思っております。

*なお、放送日時はあくまでも予定でございます。予告もなく、変更になる場合もございますがどうかご了承くださいませ。

前回、前々回の放送アツプが遅れていて申し訳ございません。オノッチさんのこちらのページで聞くことが出来ますのでこちらでどうぞ自堕落ラジオ(出張版)

<紹介させて頂く記事の募集です>そこで、一週間のアニメを振り返っていく時に、皆様のアニメ記事を紹介させて頂けたらなと思っております。新作も旧作も大歓迎!!長文記事、簡単な感想記事、またはネタ記事、どのような内容でも構いません。うちの記事を読んでもいいよ、紹介してやって~と言う方がおられましたら、お気軽にこちらのコメントか、メールにてご連絡いただけると嬉しいです。
メールはこちら→koubow20053@monkey.livedoor.com

前回、記事を紹介させて頂いたブログ様本当にありがとうございました。とても、楽しく読ませていただきました。また機会がございましたら、よろしくお願いいたします。


夜明け前より瑠璃色な 完結編


http://blogdaichan.blog76.fc2.com/tb.php/139-bd5ed2ae
http://app.blog.livedoor.jp/kabekabe123/tb.cgi/50817456
http://rincolu.blog15.fc2.com/tb.php/1009-034ab587

0 Comments

Post a comment