(アニメ感想) ちょこッとSister 第21話 「Let’s 遊園地!」

ちょこッとSister 第3巻




クロを失って以来、すっかり元気を失くしたちょこ。そんな彼女を気遣い、千歳ははるまにちょこを連れて遊園地に行かないかと誘います。そして、当日・・・すっかり元気を取り戻し、遊園地で楽しむちょこですが、迷子で泣き続けている一人の女の子に遭遇し・・・。いやあ、ちょこにかこつけてはるまを誘う管理人さんがステキですね~。そのわりには、はるまとの関係が一向に進展しないのは、どういうわけなのか、一度誰かに説明してもらいたいものです(苦笑)。さて、そんなわけで一行は遊園地へ!そういえば、真琴さんにはかつて温泉旅行を直前で逃してしまったと言う、あまりにも悲しい過去がありましたね。今回、その雪辱を無事果たすことが出来ました。もう、お邪魔ムシだなんて申しません。だって、はるまと千歳だけじゃ何も生まれないのですから・・・。

良かったですね~、連れてきて」ええ、そうでしょう。でもね千歳さん、本当はあなたが一番良かったのでしょう?(苦笑)「ちょっと、調子乗りすぎですね真琴さん・・・」それはあなたのことです(苦笑)。ああ、そうですか、もうちょこの保護者気取りですか?・・・・・・よく言った!その積極性が欲しかったんだよ~!!いつになったら、孫の顔拝めるのかと思ってたけど千歳もようやくその気になってくれたんじゃな(涙)←って誰だよお前?

ところで、これまでほとんどお話しに絡んでくることがなかった、つばき荘の住人、安岡匡司。彼の秘密が今回明らかとなりました。実は彼、事故により、娘さんと奥さんを亡くしたというつらい過去の持ち主だったのです。最近は、シビアな話しが続きますが、これらの話しは出来れば中盤あたりにもってきて欲しかった。あまりストーリーの進展が望めないサービス回などは極力減らしてくれれば・・・と今さら愚痴を言っても仕方がないのでしょうけど。

しかし、安岡の過去話しに意外な形で、ちょこが絡んでくる辺りの構成がなかなか良かったです。また、それによってちょこにも気づきが生まれ、悲しみを乗り越えた上での成長を見ることが出来た。最後のお墓にマフラーがかかっているという、多くを語らない静かな演出もステキでした。最終回目前にして、この作品が好きになりつつあります。次回にも期待!

真琴さんの「お兄ちゃ~ん!!」に不覚にもグッときてしまいました。そんな自分に今、激しく失望しています(苦笑)。

ちょこッとSister 第2巻


http://pub.ne.jp/tb.php/435891
http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/61c17eb9d7
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/1575-a63408b4
http://blogs.yahoo.co.jp/mireiyumoe2/trackback/1220602/43990184

0 Comments

Post a comment