(アニメ感想) ゴーストハント 第9話 「放課後の呪者 #3』」

「ゴーストハント」セルDVD FILE1「悪霊がいっぱい!?」(仮)




ついに真砂子までが呪いの標的とされ、ナル達にも危険が迫ります。そんな中、調査を進めるナルはヒトガタの見つかった場所から、呪詛の標的にされていたのは笠井の超能力を否定した人間達であったことが判明します。これにより、ナルは笠井が犯人である可能性が高まったと話しますが、麻衣は・・・。病院に運び込まれる真砂子を見て、今さら気づいたのですが、まともに使える人間がいない・・・。坊さんも、綾子も真砂子も、皆役立たずであることが良く分かりました。唯一使えるのはジョンぐらいか・・・結局最後は、ナル頼みになってしまうのは、もはや定番ですか?(苦笑)

結局俺らは肉体労働かい?」、「なんかいいように使われているわね私達・・・」、まあ当人達も自覚しているようですね(笑)。思わせぶりな発言だけを残して、いつも戦線離脱の真砂子に比べれば、このスットコドッコイ共の方が幾分かマシといえるかもしれません。

さて、そんな愛すべきキャラ達の話しはいいとして、肝心の学校で起る怪現象の数々。少しずつ原因が絞れてきた感はあります。元を辿れば、超能力否定派だった生徒や先生がターゲットとなっていたことが、ナルの調査により判明したのです。こうなると考えられる犯人は、二人。笠井と産砂です。

しかし、笠井の能力は不安定なため呪詛が使えるとは考えにくい・・・そうなると、思い当たる人物はただ一人・・・産砂先生に絞られます。

ところで、ナルは陰陽師ではありませんでした。実は、ヒトガタを作ったのはリンであり、彼が陰陽師(みたいなものらしいが)だったのです。

ついに、麻衣までが呪詛の標的に・・・。麻衣を救うために、危険を顧みずマンホールに飛び込んでいくナル。彼の人間的な一面を垣間見たような気がします。そして、出口を失った下水道の中で二人きりに・・・。麻衣を元気づけるために、ちょっとした手品を披露なんかしたりして、ナルの人間らしい一面に触れ、麻衣がさらにナルにデレていっているのが良く分かります(苦笑)。結局君も顔か?(笑)

ナルが倒れたことにより、事態は急変しそうですが、これは麻衣にとって大きな成長を迎えるための重要な局面と言えるかもしれませんね。犯人は大体想像つきますが、それを知った時、麻衣がどう対応するのか注目していきたいと思います。そんなわけで次回にも期待!

麻衣だけは違うと思っていたのに・・・結局乙女妄想かよ!!(笑)

悪霊狩り ?ゴーストハント CDシネマ 4


http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4431485
http://mikage17.blog15.fc2.com/tb.php/1510-437ecabf
http://app.blog.livedoor.jp/miyacolog/tb.cgi/50836977
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/4873837
http://inthemood25.blog82.fc2.com/tb.php/88-e711ffce

0 Comments

Post a comment