(アニメ感想) 武装錬金 第10話 「君と俺は相性がいい」

武装錬金 4 (4)




必要なのは望みを叶えるための力・・・。早坂姉弟とカズキ、斗貴子の対峙。互いの正体を知りもはや、避けることの出来ない戦い。しかし、カズキはまだ迷いの中にあったのでした・・・。最初から二人だけの世界に、身を置く早坂姉弟。カズキが敵であったと知っても何の迷いもないようですね。戦士とは、戦うべき敵と出会えば、ためらうことなく斬るのが務め。カズキはいつでも心のどこかに、迷いを抱えているように見えるのです。斗貴子さんが、彼を戦わせたくないと言う理由の一つには、それもあるのではないでしょうか?

そんな事だから、「武士らしく一対一で戦おう」なんて秋水の口車に簡単に乗ってしまうのです。早坂姉弟の目的は錬金の戦士を抹殺すること。そのために、もっとも確実な方法を選ぶのは当然のこと。巧みにワナ場へとカズキを追い込み、姉の奇襲攻撃で確実に仕留める。秋水と二人で戦わなかったのは、斗貴子さん自身にもまだ甘さがあると言う証拠か・・・。しかし、結果的に早坂姉弟のそのエグさが、斗貴子に火をつけるきっかけとなったわけですが・・・。

それにしても、一度見ただけでカズキのサンライトクラッシャーの特性を見極めるとは・・・やはり秋水は凄いですね。しかも、いかなるエネルギー攻撃を吸収し放出すると言う彼の武装錬金は、カズキのような直進タイプが最も苦手とするタイプではないでしょうか?もちろん、相性がいいと言うのは「秋水にとって」こと。カズキは、瞬く間に危機へと追い込まれてまいます・・・。

一方の斗貴子は、正確な遠距離攻撃を仕掛ける桜花の前に弱冠苦戦。しかし、キレモードに入ってしまった斗貴子さんの前では、虎でさえも猫になるのだ!!「はらわたをぶちまけろ!!」、いやあ~、正直言って私は、桜花の方を応援してしまいましたよ(苦笑)。斗貴子さん、あなたの強さとキレ具合はすでに反則です。

秋水の最大の必殺技・逆胴。これを出すと言うことは、カズキを認めたいう事。秋水との稽古、そしてブラボーとの特訓はこの短期間のうちにカズキをここまで成長させていたようです。しかし、秋水の逆胴の威力は、カズキ自身がよく知っているはず。その速さの前に避けるはかなわず、その重さの前に防ぐはかなわず・・・。カズキのランスVS秋水の刀の戦い、いざ尋常に勝負!!

ホムンクルスに協力する存在、信棒者。秋水も桜花も、カズキ達と同じ人間だったのでした。次回は、いよいよ二人が信棒者となったその理由が明かされることになります。アニメではどんな演出が入るのか、楽しみです。しかし、双子の関わる話しってなぜこんなにも鬱な物語が多いのでしょう?時代は、いまや双子萌えなのか?(苦笑)

しかし、いつもの変態仮面が登場しないとこんなにも物足りないものか・・・。もはや、蝶野なしには生きていけなくなっている自分が怖いです・・・(苦笑)。


<ブログをお持ちの方にお知らせ>12月9日土曜日10時よりオノッチ様のネットラジオ「自堕落ラジオ」が放送される予定です。今回も、ゲストとして出させて頂く予定でございます。さらに、前回と同じく今回も追加ゲストにGMさんが登場!現在放送されているアニメや声優さんの話題等について熱く語っていきたいなと思っております。

*なお、放送日時はあくまでも予定でございます。予告もなく、変更になる場合もございますがどうかご了承くださいませ。

前回、前々回の放送アツプが遅れていて申し訳ございません。オノッチさんのこちらのページで聞くことが出来ますのでこちらでどうぞ自堕落ラジオ(出張版)

<紹介させて頂く記事の募集です>そこで、一週間のアニメを振り返っていく時に、皆様のアニメ記事を紹介させて頂けたらなと思っております。新作も旧作も大歓迎!!長文記事、簡単な感想記事、またはネタ記事、どのような内容でも構いません。うちの記事を読んでもいいよ、紹介してやって~と言う方がおられましたら、お気軽にこちらのコメントか、メールにてご連絡いただけると嬉しいです。
メールはこちら→koubow20053@monkey.livedoor.com

前回、記事を紹介させて頂いたブログ様本当にありがとうございました。とても、楽しく読ませていただきました。また機会がございましたら、よろしくお願いいたします。


武装錬金 3 (3)


http://maruton.blog55.fc2.com/tb.php/783-9ec1539c
http://darkreuse.blog.shinobi.jp/TrackBack/112/
http://app.blog.livedoor.jp/xenon44/tb.cgi/50601316

0 Comments

Post a comment