(アニメ感想) ケロロ軍曹 第141話 「奥東京氷河期 アリサが来た! であります」

ケロロ軍曹 2007年 カレンダー




西澤グループ主催のクリスマスパーティ。そこに招待されたケロロ達ですが、突如、奥東京市全域が猛吹雪に見舞われてしまうと言う事件が起こります。外界からの連絡も遮断され、危機感を覚えたケロロ達はすぐさま退避しようとしますが・・・。冬樹とモアを残し、猛吹雪を起こしている何者かの調査に向かおうとするケロロ。今回はいつも以上に、ケロロ達が頼もしく思えますね・・・な~んて言ってたら、ケロロの考えることときたら・・・。調査だとか何とか言って、適当に小隊のメンバーを巻いてパーティー会場へと向かおうと言うケロロの悪巧み。やっぱりいつものケロロでした(苦笑)。

ところが、カエルの弱点と言うか、生き物全般に言えることでしょうけど、極端に寒くなるとある現象が彼らに襲い掛かります。そう、冬眠です。あまりの寒さに、冬眠状態へと陥ってしまったケロロ達・・・。そして、ケロロは長~い夢を見続けるのでした・・・。

雪女が登場!!どうやら、冬樹が闇に潜むものを引き寄せたらしいのです。ケロロ達が雪女によって凍らされてしまうピンチの中、そこに現われたのがアリサ!彼女には、闇の者を狩るものとしての使命があるようです。雪女との激しい戦い、ケロロ軍曹の戦闘シーンは意外と良く出来ているので、油断出来ません。いつだったか、ギロロの兄貴達との戦いも大迫力だったですからね。

人々の意識の集合体・・・それがアリサの父であり、雪女の正体。争いによって滅びた星、しかし結果的にその星の人々は無=一つとなり、彼らと言う存在を生み出したと言うわけですね。凍てついた心・・・その孤独感が、人の温もりを求めこの地に引き寄せたのかもしれません。結局のところ、人は人を求めるのです。こんな悲劇を地球の人達もまた繰り返すのでしょうか?痛烈なメッセージ性を感じさせる今回のストーリーでした・・・。

いやあ、しかしプレゼント交換でケロロのいきなり団子が再び、ケロロの元に帰ったのには笑わせてもらいました。あの2つの意識の集合体が、やがてめぐり合い一つとなったように、ケロロのいきなり団子も帰るべき場所に帰ったのですね(苦笑)。そんなわけで、今日も一日、ど疲れさん!

ところで冬樹よ、アリサに入れ込むのはいいけど桃華の事は無視ですか?(汗)いつの時代も、人はミステリアスなものに惹かれるものなのですね・・・アリサ×冬樹フラグ立った?

ケロロ軍曹Black


http://app.blog.livedoor.jp/kuma_road51/tb.cgi/50860332
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13196118
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13198618
http://ecopen.blog84.fc2.com/tb.php/89-758c1c51
http://mtgchourou.blog.shinobi.jp/TrackBack/153/

0 Comments

Post a comment