(アニメ感想) 護くんに女神の祝福を! 第12話 「ビアトリス・クリスマス」

護くんに女神の祝福を! ビアトリス・1 メガデレ・エモ~ション【初回限定生産】




エレメンツィアからビアトリス制御の特訓を受ける護。間近に迫った試験で、いい成績をとり絢子に喜んでもらうためです。しかし、二人の特訓の現場を目撃した絢子は、誤解してしまい・・・。まあ、絢子でなくとも下着姿の女の子と一緒にいる現場を目撃すれば、怒りますよね(苦笑)。だからと言って、周りに暴力を撒き散らす、絢子もどうかとは思いますが・・・(汗)。しかし、そんな絢子を優しく見守る生徒会の仲間達は、本当に大人です。摩耶にしても、二人の切ないすれ違いを知っていながらも、あえて言わない姿勢は評価できると思います。

吉村護とラブラブ希望です」絢子、護、そして生徒会のメンバーの前での、恋愛宣言。ついに、エメレンツィアが勝負に出ました。しかし、彼女のこの発言は逆に護と絢子の愛を深める結果となってしまったのです・・・。

護の力強い告白と、力一杯の魔法。それには、孤独の殻に閉じこもってしまいそうになっていた絢子を再び、連れ戻してくるだけのパワーがありました。そして、夕日と奇跡の魔法に包まれる中の二人の感動的なキス・・・これは、二人にとってのステキなクリスマスプレゼントになったようですね。

最後のキスは美しいシーンではありましたが、どうも二人の愛の完結を見たようで、今後の展開はどうするのかな?と少し不安になってきました。まあ、護と絢子の結束力が高まったところで、次は魔王プロイセンとの戦いが始まるのでしょう。今度は、二人の愛が試される時です・・・。次回からの新たなる展開に期待して・・・メりークリスマス!!

結局最後まで、汐音の髪型に対する突っ込みなしですか?ああそうですか(苦笑)。

護くんに女神の祝福を!〈9〉


http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10022350830/5872e044

0 Comments

Post a comment