(アニメ感想) DEATH NOTE -デスノート- 第11話 「突入」

DEATH NOTE 2




さくらTVへ送付されたあるビデオテープ。そこには、キラからのあるメーセージが記録されていました。そして、その映像はさくらTVによって放映されます。しかし、キラは自分が本物のキラであることを証明するため、指定した人物を次々に殺していくのでした・・・。自分が本物のキラであることを証明するために、罪のない人を平気で殺す。キラの目指す、悪人のいない新世界はどこへやら・・・。

世界へと発信されるキラのメッセージ・・・捜査本部の宇生田は、放送を中止させるためTV局へと向かいます。しかし、彼は2度と戻ることはありませんでした。TV局の前で、無残にもキラに殺されたのです・・・。

怒りに震える相沢とそれを冷静な口調で、阻止しようとするエル。エルだってキラの非道に怒りを感じないわけはありません。命をかけキラを捕まえると誓った仲間・・・その一人が殺されたのです。事実、相沢と話している時の彼の足は震えていました。エルにも人としての温もりがある、それを感じさせるシーンでした。やはり、エルとキラは違います

総一郎の命がけの突入!!なるほど、確かにあれならば姿を見られるずに局内へと入り込むことが出来ますね。まあ、こんな事が無茶が出来るのは総一郎だけでしょうけど。息子とは違い、真の正義感を備えた男。なぜこんな立派な父親がいながら、息子はあんなにも歪んでしまったのか・・・。

このアニメでもっとも熱いシーンです。放送をやめさせ、ビデオを押収した総一郎を守るため、これまで表立って動かなかった警察が出動し目隠しとなる・・・。そして、それを指揮するのは、キラ捜査から外れたかつての仲間だったのです。そして、これは警察からのキラに対する答えでもありました。キラお前との共闘はない!答えはノーだ!!

もう一人のキラの存在・・・。月は第2のキラが自分の賛同者であることを歓迎はしますが、第2のキラがヘマをすることでエルにヒントを与えてしまわないかを心配しています。第2のキラの動きの監視、そしてエルの名前を知る上でもやはり捜査本部に入ることは重要でしょう。エルも総一郎に、月を捜査本部に招くよう指示しました。いよいよ、キラが大きく動く時がきたのです。

さて、ミサミサの登場です。まあ、声優が平野さんと聞いた時からこんな感じだろうと想像していましたが、やはり想像通りでした(笑)。これじゃ、まひろやハルヒと・・・あわわ、まあミサミサはある意味、この作品では異質な存在なので、これから十分に楽しませてもらえそうです・・・言い意味で(笑)。キラもいよいよ捜査本部にやってきますし、ここからの展開は目が離せそうにないですね。

DEATH NOTE 1


http://app.blog.livedoor.jp/radical_weapon/tb.cgi/50805592
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/anochecer/diary/200612150000/7edb2/
http://www.softwindcafe.com/blog/cgi/mt-tb.cgi/192
http://dame2otaku.blog48.fc2.com/tb.php/739-9ea8f35e

0 Comments

Post a comment