(アニメ感想) -DEATH NOTE- デスノート 第12話 「恋心」

DEATH NOTE 2




Lより捜査協力の要請を受けた月は、それを引き受けることを決意する。しかし、月は早速Lより試されることになる。第二のキラと思われる人物から送られてきたビデオテープ・・・それを月に見せるのだがそこには、ある意図が隠されていたのだった・・・。相手の二手先、三手先を読むL。ビデオテープを見て、第2のキラであることを指摘すれば、キラである疑いが晴れる・・・その意図までは読んだ月ですが、Lはさらにその上をいってました。第2のキラを止めるため、月にキラを演じるよう依頼してきたのです。Lは最初から、この役をやらせることを狙っていたようです。当然、月が第2のキラの存在を指摘することを見越してのことでしょう。

キラになりきり書いた文章で、「Lは殺していいわ」の文を挿入したのは、Lに対してのささやかなる復讐のつもりか?(苦笑)

しかし、月はこの第2のキラによって、これまでにないほど心乱されることになるのです。完璧すぎるほどの頭脳を持ったキラにとり、このイレギュラーな存在は大きな障害となるのか・・・。第2のキラから再び送られてきたビデオには、死神の存在、そして死神の目の事が語られていたのです。こいつはヤバイ!!なんとか、こいつを黙らせないと!!そう、あせるキラが何とも可愛いですね~(笑)

ただ、死神と聞いてLのあまりにも大げさなあのリアシクョンはどうよ?(苦笑)死神の存在を認めたくないのは分かるけど、まだはっきりとしないことにあそこまで狼狽するのはあまりにも不自然ですな。ちょっとした茶目っ気のつもりでしょうかね?

死神を殺す方法・・・それは死神に恋させる事。ジェラスと言う死神が人間界の少女に恋し、そして死んでいったその顛末が、アニメでは素晴らしく感動的に描かれていました。音楽と、絵による演出の妙ですね。そして、いよいよミサミサの登場です。色んな意味で月をかき乱す存在である彼女。いずれ彼の周到なる計画に狂いが生じてくるのか?次回の展開に期待です。

DEATH NOTE (4)


http://blogs.yahoo.co.jp/doas8630/trackback/1537909/27503310

0 Comments

Post a comment