(アニメ感想) 武装錬金 第17話 「夜が明けたら」




武装錬金 I/アニメ




カズキの再殺命令を受けたブラボー。その事実を聞かされたカズキは、最後の最後まであがくと話し、ブラボーに戦いを挑む。しかし、力及ばずブラボーの前に打ち破れたカズキ。そこに斗貴子が駆けつけるが時すでに遅く、力なくうなだれたカズキを抱きかかえると、ブラボーは夜の海へと投げ入れた・・・。武藤君のため・・・あなたを利用しに来たのパピヨン」・・・キタ、キタ、キタ~!!このアニメ最強の腹黒キャラ二人の対峙。私の胸がときめくの~♪。変態かつ黒き戦士パピヨンに、真正面から駆け引きを持ち込もうなど、並みの精神の持ち主では出来ることではありません。さすが、腹黒ヒロイン桜花

桜花は、パピヨンがカズキに執着していると知っていて、彼が危ないから助けろと持ちかけてきます。ただし、相手はパピヨン。他人を利用する事は好きでも、利用されることは大キライな性分。幾らカズキこととなると、まっすぐ夢中(苦笑)な彼でも、桜花の企みにまんまんとはまる程愚かではないのです。

俺ばかり動かそうとしてお前が何も動かないのが気に喰わない」・・・うーむ、さすがパピヨン。桜花の企みなどお見通しと言うわけですか。しかし、核金を持たないただの人間である桜花には、身動きが取れないと言うのも事実。ただ、ここで逃げさせないのがパピヨンのエグいところです(?)。

桜花にドクトルバタフライの核金を渡すと、「この俺のために動け!!」と言い放つのでした・・・。この腹黒対決はどうやらパピヨンの方に軍配が上がったようです。そして、久々にエンゼル御前が登場!!しかもパピヨン仕様・・・ス・テ・キ(ポッ)。

さて、斗貴子と剛太によって救われたカズキ。しかし、あれだけの攻撃を食らってもまだ死なないとは・・・となるとヴィクターはあの強さに加えて、不死身と言う反則的体質まで兼ね備えていることになりますね。確実に殺すには、肉体そのものを消滅させなくてはいけないと言うことか・・・。

カズキに埋め込まれた核金は、以前別の任務で斗貴子が回収したもの。学校に潜入したあの任務・・・しかし、その一件で核金の持ち主を倒したと言う事実は、カズキにとって、それは何らかのヒントとなる可能性が高いですね。

それを探しに行くことを決意するカズキと斗貴子・・・。「君が死ぬときは私も死ぬときだ・・・」・・・斗貴子の言葉。これが普通の男女の関係であれば、愛の告白となるのでしょうね。しかし、カズキと斗貴子の関係で言えば、それは少し違ったものとして聞こえてきます。

なぜなら、現在斗貴子がカズキに抱いている感情は、保護愛に近いものであると思うからです。カズキを戦いに巻き込んだと言う責任、そしてカズキを異質な者へと変えてしまった責任・・・。守るべきものの対象であるカズキは、斗貴子にとって弟のような存在して映ってることでしょう。これが恋愛の対象と変わる可能性は、極めて薄い(苦笑)。それは剛太に対しても、同じことが言えます。そこで、意表突いてブラボー×斗貴子とか?(笑)・・・いや、それはないか。

気でも触れたか?」・・・なるほど、恋は精神病の一種であると誰かが言ってましたっけ?しかし、かつては仲間であった者達を平気な面して始末ししろなどと言える、その方が余程異常であると思えるのです。

カズキと斗貴子の再殺命令を受け、動き出した火渡の再殺部隊。アニメ版では省かれていますが、確か火渡は全戦士中最も高い攻撃力を誇る戦士でしたっけ?しかし、いかに恋は盲目とは言え、戦士団を敵に回してまでも、斗貴子を守ろうとするとは・・・その心意気、潔し!!この剛太と言う男、案外カズキとは気が合うかもしれない。

ただ、三対一の戦いで、ましてやルーキーである剛太が勝てるはずもなく・・・ただカズキと違い(苦笑)冷静さを備えたこの男は、部隊の足である車を破壊すると煙幕で視界をさえぎり、火渡にタイマン勝負を持ちかけます。

がしかし、戦士長クラスに敵うはずもなく、剛太は一瞬のスキをついて逃走。まあ、殺されなかっただけでも、幸運だっと言うべきでしょう。しかし火渡の奴、確実にノドを切り裂かれていたにも関わらず致命傷にもならないとは・・・あの肉体、人のものではないな・・・。

一方、カズキと斗貴子は、友人たちと別れ戦いの旅に出ることを決意します。ヴィクター化していく肉体、そしてかつての仲間からも命を狙われ、カズキの本当の苦難はここより始まるのです。しかし、一人の戦いにさせないため、カズキと共について行くことを決意した斗貴子の優しさには感動いたしました。そして、その斗貴子を守るために、やはりついて行くと誓った剛太・・・お前もカズキと同じ、ステキ過ぎる馬鹿だよ。

この逃避行の果てに、一体何が待っていると言うのか・・・。ところで、驚いたのは再殺部隊のメンバーが、6人から3人に減っていること。これは時間短縮のための処置なのでしょうか?だとしたら少し残念ですね。まあ、2クールと言う制限を考えると仕方のないことかもしれませんが・・・。

それにしても、ここからの展開は本当に楽しみです。パピヨンと桜花も動き出しましたし、この剛太と言うステキ過ぎるバカの参戦も、孤立しかけているカズキと斗貴子にとって大きな救いとなったことでしょうね。夜が明ける頃に・・・いや夜明けまでにはまだ遠いかもしれないが、この先には必ずきっと・・・。カズキ達の前途に幸あらんことを願って・・・次回にも期待。

いや、しかしパピヨンよ・・・アレはもう水着じゃないよ、ただのヒモじゃ・・・(汗)。しかも、腰クネクネ・・・だが、さすがだパピヨン、いかなる時もあのマスクを忘れはしない・・・。次回もパピヨンの活躍に期待!


<ブログをお持ちの方にお知らせ>1月27日土曜日10時よりオノッチ様のネットラジオ「自堕落ラジオ」が放送される予定です。今回も、ゲストとして出させて頂く予定でございます。今回もいつものように、GMさんと「アニメって本当に面白いですね。」の管理人・ダース・マユゲ様が登場!現在放送されているアニメや声優さんの話題等について熱く語っていきたいなと思っております。

*なお、放送日時はあくまでも予定でございます。予告もなく、変更になる場合もございますがどうかご了承くださいませ。

前回、前々回の放送アツプが遅れていて申し訳ございません。オノッチさんのこちらのページで聞くことが出来ますのでこちらでどうぞ自堕落ラジオ(出張版)

<紹介させて頂く記事の募集です>そこで、一週間のアニメを振り返っていく時に、皆様のアニメ記事を紹介させて頂けたらなと思っております。新作も旧作も大歓迎!!長文記事、簡単な感想記事、またはネタ記事、どのような内容でも構いません。うちの記事を読んでもいいよ、紹介してやって~と言う方がおられましたら、お気軽にこちらのコメントか、メールにてご連絡いただけると嬉しいです。
メールはこちら→koubow20053@monkey.livedoor.com




ドラマCDシリーズ「武装錬金 2」


http://sachikoma.blog83.fc2.com/tb.php/77-5199c9b1

0 Comments

Post a comment