(アニメ感想) ゴーストハント 第16話 「禁じられた遊び #3」

「ゴーストハント」セルDVD FILE2「人形の家」(仮)




夢の中・・・麻衣は誰かの記憶を辿っていた。キレイに整頓された部屋・・・麻衣は机の上に置いてある定期入れを手に取った。定期には名前が書かれていた、サカウチトモアキ・・・。ここは、自殺した坂内と言う生徒の記憶の中だった・・・。確かに綾子の話す通り、夜中に、しかも一人で麻衣にビデオテープを取りに行かせたと言うのはいただけませんね。まさか、ナルが麻衣の能力を引き出すためにわざと危険にさらしている?と言うのは考えすぎでしょうか?しかし、麻衣が見た坂内と言う少年の記憶・・・きっと麻衣に何かを伝えたかったのでしょう、鬼火に喰われ、死んだ後も救われない、本当に哀れな魂でした。

夢の中のナルの話しでは、鬼火は他の人魂を喰いどんどん大きくなっているようです。そして、このままいくと孵化も近いとのこと。孵化と言うとまるで、それもまた一つの生命体のように思えてしまいますね。多くの負のエネルギーを喰い、それは強力になっていくのでしょうが、そうなった場合このメンバーではとても太刀打ちできるとは思えません。綾子と坊さんが役立たずと言うのはもはや定番ですが、実は一番の役立たずが真砂子だったというのは、本当に痛かった。(苦笑)

もう~、なんであんたはそうしょっちゅう怪我するのよ~」まるで綾子が麻衣の母親のように見えました(苦笑)。確かに、この子は一体、何度危険な目に遭って失神すれば気が済むのでしょうか?幾ら夢の中でないと能力が発揮出来ない体質とは言え、これはあまりにもヒドすぎる・・・。おまけに、体を張って助けたナルを見てまるでお化けでも見たかのような悲鳴。麻衣ちゃんヒドいよ!(苦笑)

しかし、今回の一件、とてつもない悪意と言うものを感じます。麻衣の夢から、これは霊を使った蠱毒である可能性が高いとナルは分析しました。蠱毒とは、蟲(私の記憶では確か毒虫だったと思います)を一つのツボに閉じ込め、最期に生き残った蟲を使った呪いのこと。この蟲を飼いならすには人一人の命が必要。このままだと、学校に取り付いた霊に定期的に人を食わせてやらないといけなくなるのです。そして、この場合主人とはオチキリ様で霊を呼んだ生徒全員と言うことになります。

でこのオリキリ様ですが、さらにとんでもない事実が発覚します。実は、これは呪符の類であり、これで人を殺せると言う恐ろしいもの。例えば、リンならばたった一枚の呪符だけで人を殺せるそうです。ただ、素人では力が弱いため、それが出来ずにそれ故多くの呪符が必要となったのでしょう。そして、呪いの対象となっているのは、この学校の教師である松山。人一人を殺すために、随分と手の込んだ仕掛けですね全てを巻き込んだ強烈な怨念を感じる復讐・・・。生徒、教師、いやこれは学校そのものに対しての・・・。

非常に怪しい空気となってまいりました。オリキリ様の呪いも怖いですが、麻衣に苦行を強いるナルもある意味恐ろしいか(苦笑)。本当に彼女のことが心配なら、素人である彼女をあまり一人でウロウロさせないで頂きたい。ちゃんと側において護ってあげて下さい。さすがに、今回の彼女は気の毒すぎました(涙)。

それは、ともかくこの事件に関してはリン(彼は陰陽師でしたっけ?)が活躍しそうな気配です。クリスマスのお話しで大きく評価を下げた彼ですが、そろそろここいらで立て直しをはかって欲しいところ。そんなわけで、次回にも期待です!

ゴーストハント DVD FILE1「悪霊がいっぱい!?」


http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/ec016245eab84a8fea1ad0d4482e23e8/7a
http://blogs.yahoo.co.jp/rimurer/trackback/742320/12072998
http://blog.so-net.ne.jp/honwari-chibi/2007-01-24/trackback
http://atoran33.blog69.fc2.com/tb.php/127-1904c869

0 Comments

Post a comment