(アニメ感想) のだめカンタービレ 第3話 「Lesson 3」

のだめカンタービレ (14)




打楽器の女王・奥山真澄。彼女には密かに思いを寄せる男性がいた。しかし、そんな彼の恋路を邪魔するがごとく、憧れの男に付きまとう邪魔な女・・・野田恵。千秋とのだめの仲に激しく嫉妬する真澄はいよいよ実力行使にうって出た・・・。アフロ・・・ヒゲ・・・ハイジ・・・オカマ?こ、こいつは久しぶりに凄い奴が出てきたぜえ~!!のだめの恋敵(?)奥山真澄登場!!千秋と腕を組むのだめを目撃して勝手に逆恨み・・・(汗)。呪いのリストってのには、一度お目にかかりたいわ~ん。

で、恨まれている当の本人はと言うと、千秋の作曲した音楽にウットリ~。しかし、こんな風にのだめが千秋に接近していることには、真澄意外の多くの女性からも嫉妬をかってそうです・・・。それにしても、のだめのたんこぶデカ!!あ、頭と同じぐらいの大きさのコブになっているよ~大変だよ~!!これを、誰もおかしいと気づかないことに、デッカイビックリですわ(笑)。

それにしても、何とまあ幼稚な嫌がらせでしょう。不幸の手紙に、背中に悪口、弁当盗み食い、果ては寝ている間に顔に落書き・・・そのあなたのぶっ飛んだセンスに、私はくびったけですよマスミン~!(苦笑)

しかし、相手がオカマだからと言って油断してはなりません。何せこの世界には奇跡と言う言葉があるのですから・・・。そんなわけで、のだめとマスミンのガチンコ勝負!ニ週間以内にどちらが先に千秋をデートに誘えるか?

まず、先制したのがマスミン。プレミアチケットであるインザギのクリスマス公演のチケットをゲット!!しかし、ここで大きな問題がありました。マスミンはまだ、千秋と話したこともないのです。まずは、お友達にならなくてはいけません・・・いやこれはかなりのハンディだは色んな意味で(苦笑)。

さて、その頃千秋は迷いの中にいました。どうしても諦められない指揮のの夢・・・しかし、行動に制限があるため(飛行機に乗れない)羽ばたくことが出来ない。こうしている間にも仲間は、自分の一歩先を走っていくのです。しかし彼の抱える焦燥感は、自身をさらに孤立させていくように、私には見えます。そういう意味ではしつこいほど千秋に付きまとう、のだめや千秋は彼にとって大きな救いとなりそうですね。

最悪のアホだな・・・」、アフロ沈没(笑)。千秋が練習を見に来るから!と正装で気合入れて演奏したものの、暴走し過ぎて退場を命じられるアフロ・・・。しかし、「目をつぶっていれば最高だったのにな」千秋は心の中でそう呟くのでした・・・。いや、でもそれってアフロのそのものは全否定じゃないですか?別にアフロじゃなくても、演奏がうまけりゃいいわけで、いやそもそも何でアフロなのかと・・・アレレ?どうやら私もすっかり混乱気味のようです(汗)。

自分の世界は自分で変えなきゃ・・・」千秋のこの言葉は私の心に強く響きました・・・。きっかけは、ほんの身近なところにあったのです。少し立ち止まって、また前進。そこから始まる物語もきっとあるはず。そう、きっと千秋達にとっては何もかもまだ始まったばかりなのですから・・・。彼らの今後の活躍に期待!

のだめカンタービレ (15)


http://animi427.blog89.fc2.com/tb.php/22-4678d659
http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/56018ee41c
http://purewhitemilky.blog89.fc2.com/tb.php/15-429c375f

0 Comments

Post a comment