(アニメ感想) ケロロ軍曹 第147話 「ポール執事の一分であります / ギロロくれたのは誰?であります」




卓上 ケロロ軍曹 2007年カレンダー/アニメ




西澤家に大事件が発生!!なんと、執事であるポールが突然引退を表明したのだ。そして、ポールの後継者を選ぶために世界中から猛者が終結するのだが・・・。時の流れと言うのは無常なもの。どんな人間でもやはり、老いには逆らえないのです・・・。突然引退を表明したポール。その理由と言うのは、体力に限界を感じたと言うもの。しかし、ポール引退がニュース速報で流されるとは・・・そんなに有名人だったのですか?ところで、各TV局がポール引退の特別番組を放送していると言うのに、TV東京だけはいつも通りの編成と言うネタは笑いました。本当、この局はマイペースなんですよね(苦笑)。

で、ポールの後継者選考に出場することになったケロロ。もちろん、その目的はよこしまなもの(苦笑)。しかし、ポールの後継者となるには桃華の事を熟知し、さらには語学も達者でないと務まりません。だけど、イヌクティトゥット語って・・・話せる人が一体世界で何人いることやら・・・(汗)。

クルルの協力により、なんと最終選考まで残ったケロロ。こ、こいつはもしかするともしかするかも?そして、最後はティーポットバトル。ケロロの対戦相手は、勝てば正体を明かされると言う覆面執事。さあ、この勝負やいかに!?

ケロロが完全なるかませ犬となっていたのが哀れでした。しかし、桃華父とポールのように互いが認め合い、信頼しあっている関係ってステキですね。良き友であり、良きライバルである。だからこそ、安心して娘をポールに任せられるのでしょうね。う~ん、渋い男の友情・・・なかなかいいものを見せてもらいました。

さて、後半のお話し・・・。2月14日はセイントバレンタインデーの日。なんとチョコレートをもらってしまったギロロ!ところが、チョコをくれた相手が誰か分かりません。相手が夏美があることを期待するギロロですが・・・。

なんで、机が必要なのかと突っ込まれれば、それを指摘するのは野暮なことだと私は言うでしょう・・・。机の中にチョコ・・・それは男にとって永遠のロマンなのです。ちなみに、下駄箱にチョコでも可。しかし、ギロロの妄想が凄かった。乙女妄想があるのなら、野郎妄想も存在するという事か・・・。

他の女の子からの義理チョコである可能性がないことを調べ上げ、このチョコをくれたのは夏美意外にありえないと、狂喜乱舞するギロロ。そして、それを切なそうな表情で見つめるピンクの子猫のシーン・・・。ギロロは夏美とは言葉が通じるわけだし、少し勇気を出せばその想いを伝えることが出来しょう。しかし、この子猫は言葉によって想いを伝えることは出来ないのです。ただ側で愛する人を見つめるだけ・・・。そんな子猫を想うと、私はたまらなく切なくなるのですよ・・・。

しかし、なんでクルルが?とってもデッカイ疑問でしたが、これも突っ込むだけ野暮なのでしょうね。いやあ~、夏美の前でカレー粉をかじるギロロが可愛かった。はっ!?今日はカレーの日・・・ま、まさかこんなシーンを見越した上でクルルは!?ま、まあ、お家に帰って子猫に慰めてもらいなよ伍長・・・(苦笑)。



ケロロ軍曹 2007年カレンダー/アニメ



http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/87a812523fd1e8606bc512ed48a974d0/38
http://1279.blog42.fc2.com/tb.php/356-0fc1ee59
http://blogs.yahoo.co.jp/rimurer/trackback/742320/13354404
http://11299191.blog92.fc2.com/tb.php/8-9aeb20c5

0 Comments

Post a comment