(アニメ感想) 史上最強の弟子ケンイチ 第19話 「ラグナレク最強の者 八拳豪見参!」

史上最強の弟子ケンイチ 5 (5)




ケンイチを執拗に付けねらう不良グループの幹部キサラは、その強さが認められ拳豪の称号を手にする。拳豪とはラグナレク」の中でも最強の者のみに与えられる称号。そして、ケンイチはついにそのキサラと遭遇することになる・・・。キサラがケンイチと同じ学校の生徒だったと言う事実。同じ学校にいながら、ケンイチはこれまでよく無事に過ごしてこれたものです(汗)。

キサラはテコンドーの使い手。私の中では正直、テコンドーはあまり実戦に向かないと言うイメージがあります。技は派手ですが、大きなあの動きは、ある程度のレベルの選手には避けられてしまうことが多いのです。実際、K-1のアンディ・フグの必殺技であった踵落としは、パフォーマンス&自分のリズムを作るためのものと言う意味合いが強かったと記憶しています。

で、いきなりキサラと遭遇してしまうケンイチ。辻が、完全なるかませ犬と化していたのには笑いましたが、今回のこの接触では結局戦戦闘には至らず、キサラは去っていきます。

美羽は、戦いになっていればケンイチは負けていたと話しますが、正直これは疑問ですね。ケンイチは、ああ見えて結構打たれ強いように思われます。アパチャイの殺人キックも毎日受けてますしね。テコンドーの蹴りは、スピードはあっても決して重くない(効かせる蹴りではない)と思うし、ましてや女であるキサラの蹴りがケンイチに効くとは思えない・・・。パンチの技術もあまりないだろうし、う~んキサラは本当に強いのでしょうか・・・。

ケンイチの不意打ちに怒れる辻と、ケンイチのリベンジマッチ。しかし、決着は意外なほどあっさりついてしまいます。なんとケンイチの一撃で辻が吹っ飛ばされてしまったのです。これも基礎鍛錬の成果。格闘技ほど、身体能力がものをいうスポーツはありません。梁山泊での過酷な修行は、ケンイチを大きく成長させていたのでした。

これによりケンイチは本格的な技の鍛錬を開始することとなります。これから、細かい技の解説等があるのかも見ものですが、今後戦うであろう八拳豪に対する対策も、ちゃんと描いてほしいものですね。例えば、テコンドーにはどんな技が有効であるかとか・・・。ここからがケンイチの正念場、次回にも期待です!!

史上最強の弟子ケンイチ 17 (17)


http://2dlove.blog91.fc2.com/tb.php/44-b37f34c8

0 Comments

Post a comment