(アニメ感想) 東京魔人學園剣風帖 龍龍 第5話 「外法編 夢地獄」




東京魔人學園剣風帖 龍龍 第壱巻/アニメ




龍麻と鬼との壮絶な戦いの現場を目撃し、大きなショックを受けたアン子は自室に閉じこもってしまう。そんな彼女を心配する葵はアン子の家を度々訪れるが彼女は、決して会おうとはしない。そんな時、街では謎の連続高校生昏睡事件が起きていた・・・。これまでも何度か壮絶な現場を目撃していただろうに(最初は葵が記憶を消去していたようですが)何で今になって、引きこもってしまうのか?アン子の心の動きにはいまいち理解しがたいものがあります。

そんなアン子を心配する葵は、やはりこのメンバーの中では優等生的存在か・・・。こういう子って存外、メンバーの足を引っ張るのですよね。で、大抵主人公の男に守ってもらったりするわけですが・・・この作品では龍麻がそんな役回りとなるのでしょうかね?

そして、小蒔の様子がどうも変です。「?」と思って見ていると、どうやら葵があまりにもアン子の事を心配するものだから嫉妬してしている模様・・・って、小百合かよ!!!(苦笑)しまいには、復活したアン子を歓迎する葵に「ボクと遠野さんどっちが大事なの!?」と詰め寄る始末・・・これなんて小百合修羅場?(苦笑)

さて、街で起きている連続高校生昏睡事件ですが、姿無き犯人の存在が何とも不気味ですね。どうやら葵とは過去に出会っており、また彼女に対して執着があるようです。人の精神に入り込み、心を汚染するタイプの輩か・・・実はこういうタイプがもっとも厄介なのです。「心に闇を持たないものなどいるのか?」序盤にそんな京一の問いかけがありましたが、まさしくそんな人間などいるはずもなく、そこをエグり出されれば人は途端にもろくなるのです。

そしてついに、葵が倒れてしまいます。彼女も心の深い闇を抱えている人間の一人です。果たして、龍麻達は彼女を救うことが出来るのか・・・。

桜ケ丘中央病院・・・現われたのは声だけ(苦笑)色っぽい巨大ババア下手な鬼より迫力ありますがな(笑)。おそらく、鬼や京一達の能力に関してある程度の理解を持つ人物だと思われます。なるほど、こうしたサポート要員がいるとまた心強いですな。

ところで、最近龍麻の影がますます薄くなってきているのが、気になります。自分のスタンスや意見と言うものをこれまで、あまり示してなかった(それらしきものはありましたが)ツケが回ってきたのだと思われます。

前回の雷人との戦いで、一人戦闘に加わらなかったも大きなマイナスポイントになってますね。彼の存在が光るようになれば、この作品はもっと面白くなると私は考えているのですけどね・・・。まさか、ただのBL要員なんてオチはないと思いますが・・・(それはどっちかと言うと京一のほうか)。



東京魔人學園剣風帖伍周年記念ドラマCD 東京魔人學園黄龍祭 第弐巻/ドラマCD (堀江由衣、川鍋雅樹、浅川悠、他)


http://blog.seesaa.jp/tb/34039616
http://aninfo.blog90.fc2.com/tb.php/65-8ab171ce
http://akitariva.blog89.fc2.com/tb.php/45-221955ed
http://memento01.jugem.jp/trackback/49

0 Comments

Post a comment