(アニメ感想) ロケットガール 第1話 「ディスティニィ -destiny-」

女子高生、リフトオフ!―ロケットガール〈1〉




日本初の有人ロケット打ち上げを目指し、南太平洋のソロモン諸島・アクシオ島で活動を続けるソロモン宇宙協会。しかし、新型ロケットLS-7の打ち上げはことごとく失敗し、所長の那須田 勲は窮地に立たされてしまう。最後の手段として、那須田は実績のある旧型ロケットLS-5の使用を提案するのだが・・・。はい、いつもの如く原作は未読でございます。宇宙飛行士育成アニメ(?)と言うことで、「ふたつのスピカ」のような雰囲気をイメージしてましたが、どうやら少し違うようですね。

日本初の有人ロケット打ち上げを目指す、ソロモン宇宙協会。ところが、打ち上げは失敗の連続。現地の民族が、ロケット打ち上げを花火だと喜んでいるのには笑いました。打ち上げに失敗して、空中で爆破する様がそのように見えたのでしょうね。「成功じゃあ!!」って・・・おいおい大失敗だよ(苦笑)。

主人公は、ごく普通の女子高生ゆかり。行方不明の父親を探しに、アクシオ島へ訪れたことで、物語は動き出します。ちなみに、アクシオ島はソロモン宇宙協会が活動を続けている島。しかし、日本から遠く離れたこんな辺鄙な島に一人でやってくるとは・・・このゆかりと言う女の子の行動力は、大したものです。まあ、これぐらいでなければ、アニメの主人公は務まりません。最近のアニメの、ヘナチョイ男性主人公達には見習って欲しいものです。

打ち上げ実現のために、78キロの体重を40キロに!?・・・ほとんど殺人行為です。「明日のジョー」で力石徹が常識はずれの減量をしてましたが、それ以上ですね。そりゃ安田も逃げるわな(汗)。

で、車で逃避行中の安田とゆかりが出会うわけですが、信じられないことに、SSAの連中は安田の車目がけて、ロケット砲を打ち込んできやがりました(汗)。もう、安田をロケットに乗せる気はないな・・・南無~。

あのね・・・体重や身長はいいとしても、スリーサイズまで知る必要あるのかい?(汗)「ピッタリだ!!」って、おいおい、そりゃおっさんの趣味でしょうが(苦笑)。

それはさておき、想像してた以上に、初回からはちゃめちゃな展開となりました。まあ、こういうノリのアニメだと割り切って見たほうが良さそうですね。「プラネテス」のようなリアルティや「ふたつのスピカ」のようなファンタジーを求めると、この作品は楽しめそうにありません。この先、ゆかりが宇宙飛行士になるための特訓シーンには、大いに興味があります。次回以降はそのあたりに注目して見ていきたいですね。

「最近のお嬢ちゃんはぶっ飛びちゃんだね!」なるほど、ロケットガールだけにぶっ飛びか・・・あははははは・・・。


<ブログをお持ちの方にお知らせ>2月24日土曜日10時よりオノッチ様のネットラジオ「自堕落ラジオ」が放送される予定です。今回も、ゲストとして出させて頂く予定でございます。今回もいつものように、GMさんと「アニメって本当に面白いですね。」の管理人・ダース・マユゲ様が登場!現在放送されているアニメや声優さんの話題等について熱く語っていきたいなと思っております。

*なお、放送日時はあくまでも予定でございます。予告もなく、変更になる場合もございますがどうかご了承くださいませ。

前回のラジオはこちらで聴く事が出来ます自堕落ラジオ(出張版)

<紹介させて頂く記事の募集です>そこで、一週間のアニメを振り返っていく時に、皆様のアニメ記事を紹介させて頂けたらなと思っております。新作も旧作も大歓迎!!長文記事、簡単な感想記事、またはネタ記事、どのような内容でも構いません。うちの記事を読んでもいいよ、紹介してやって~と言う方がおられましたら、お気軽にこちらのコメントか、メールにてご連絡いただけると嬉しいです。
メールはこちら→koubow20053@monkey.livedoor.com


私と月につきあって


http://nekonii.blog3.fc2.com/tb.php/830-25f1f4e7
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5444362
http://yoshikiti.jugem.jp/trackback/43
http://blog.seesaa.jp/tb/34415307

0 Comments

Post a comment