(アニメ感想) ローゼンメイデン トロイメント 第2話 「槐」

ついに第七ドールの存在が明らかになった前回。なんか、暗くて水銀燈と同じような雰囲気を持っていますが、やはり真紅達にも好戦的なのですかね?暫くアリスゲームの存在を忘れていましたけど、人形達の日常を見ているだけで私は面白いので、いやむしろ鬱展開はあまり見たくない気分ですね。でも、今回は・・・。



rose05111000
 「像しゃ~んなの~!!」



rose05111001
 「キー、この子はいつも人をバカにしてぇ~!!」rose05111002
 「騒がしいわよ~!!」

rose05111003
 「ごめんなさいですの~」

戦いを仕掛けてきた薔薇水晶、しかし真紅は水銀燈の事が気になるのか思うように戦えません。真紅に危機が訪れたとき、思いがけない助け舟が・・・。
朝、翠星石や蒼星石も加わりいつも賑やかな日常が・・・しかし真紅は起きません。翠星石は「雛苺のせいかもしれない」と雛苺を脅かし、真紅の寝ている部屋へと連れて行きます。翠星石は部屋で真紅と雛苺の棚を指差し、「大変だ」と大騒ぎ。なんと、雛苺のポシェットが境界線を越えて真紅の棚にはみ出していたのです!!相変わらず雛苺をイジメルことに生きがいを見出している翠星石ですな。この子、なんだかんだ言ってジュンの家に来ているけどやっぱりジュンのことが気になっているのかな?それともただ暇なだけか?

rose05111004
 「この辺をよく御覧なさい~!」

薔薇水晶のことで一人悩む真紅。彼女はジュンに薔薇水晶のことは他のドールに黙ってて欲しいと口止めしています。しかし、夜中になっても寝ない真紅を心配してジュンは「他の人形にも話したほうがいいのか」と提案。しかし、真紅は「話しても余計な不安を招くだけだ」と突っぱねます。この後このことで、二人は口論になります。もう勝手にしろと捨てゼリフを吐くジュン・・・。
痴話ゲンカですか?(ニヤニヤ)。しかし、めずらしくここで真紅が感情的になりましたね。やはり、薔薇水晶のことを思い悩んでいるのでしょうか?アリスゲームが始まれば姉妹は今までのような平穏な生活は送れなくなる。自分の事だけでなく他の姉妹の事も心配してのことなのでしょうが、ぶっきらぼうですが真紅の事を思い、意見するジュンはやはり成長しましたね。

rose05111005
 「ハア~?」

相変わらず、起きてこない真紅。雛苺は心配しますが、蒼星石は無言で真紅のトランクの前に立つとトランクを開けてしまいます。唖然とする雛苺と翠星石。蒼星石は真紅に「君は眠ってなんかいない」そう言いました。
二人、部屋に閉じこもって話す真紅と蒼星石・・・。一方、図書館で勉強していたジュンは帰りに巴に連れられ町のある人形店を訪れます。ジュンはそこで生きてるとさえ思えるような精巧に作られた人形を目にします・・・。

rose05111007
 凛々しいお姿!!

なんか、巴ちゃんてますます可愛くなってないですか?久しぶりに見るとめちゃくちゃいい女なんですけど・・・。でも、ジュンも巴ちゃんもホント無表情ですね。そうか!この二人は人形のように無表情。それに大して雛苺達人形の方がよっぽど表情豊かですよね。まあ、それでも巴は別としてジュンも前に比べると随分感情表現が豊かになりましたよね。いいことです。
今回のお話しラストでジュンが真紅にオルゴールを渡すシーンは私の好きなところです。ジュンにとって真紅とはどういう存在なのでしょう?母親?恋人?友達?きっとその全てなのでしょう。来週は、いよいよあの子の登場です。楽しみだなあ~!

rose05111008


ローゼンメイデン エーデルローゼ

0 Comments

Post a comment