(アニメ感想) 護くんに女神の祝福を! 第22話 「原初への帰還」




護くんに女神の祝福を! ビアトリス・1 [通常版]/アニメ




ついにドイツまでやってきた、護と絢子。だが、到着早々、いきなり銀のマリアと遭遇し手荒い歓迎を受けてしまう。そこへ、ヨハンまでが現われ・・・。バンザイ39唱!!」これはヒドい・・・。絢子達の飛行機が、飛び立ってもまだやってるし・・・恥ずかしいってレベルじゃねえ~!!・・・ってなわけで、失われつつあるビアトリスを取り戻すため、ドイツへと出発した絢子と護でございます。

が、どうやら、二人で楽しく新婚旅行と言うわけにはいきそうもありませんね(そもそも、摩耶とエメレンツィアのオマケつきだし)。いきなり、銀のマリアとの遭遇!そして、護を連れ去られてしまうと緊急事態。今回の話しは、これまで守られるだけであった護が、絢子のため戦う最大の試練だと思ってたのですが・・・逆に、自分が捕らわれのヒロインとなってどうするんでしょう?(汗)

護をさらわれ、失意のどん底にある絢子に、マサキは言います。絢子のピアトリスは失われたわけではない、眠らされているだけ・・・と。それを目覚めさせるためにはより強力なビアトリスと反応させること・・・それが原初への帰還と言うわけです。

原初への帰還・・・ビアトリスに意志を持たせると言うその研究は、決して完成させてはならないものだと、銀のマリアは護に言います。「その意志が正か?邪か?誰が知っていると言うの?」確かに、彼女の言葉にも一理あります。実際、以前に、そのなりそこないがとんでもない化け物になり、絢子達に襲うと言うことがありました。特に、攻撃的な絢子とヨハンの反発しあう強大な力では、それがどのような結果を及ぼすことになるかは、想像もつきません。それでも、マサキは強行的にそれを実行しようとするのでした・・・。

やはり、生まれ出たのは歪なる魔獣。銀のマリアの不安が的中したわけです。最強である絢子、ヨハンの力に反応して生まれた生命体・・・恐らく相当の力を持っていると思われます。唯一の希望は、その奥底に秘められし力を持つ護の存在か・・・。彼が、本当の意味で男となる時がきたのでしょう。さあ、戦いが始まります・・・次回に期待!

しかし、護ももうすぐで銀のマリアに食われるところでしたね(苦笑)。下手したらマサキのように一生、銀のマリアに頭があがらなくなってたかもね(汗)。



護くんに女神の祝福を! ビアトリス・1 メガデレ・エモ~ション [限定版]/アニメ


http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10028256115/5685cfe4
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/8a4e0c2dc65805df3018f2258a162ff1/a3
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/69f2a145c13787863c7c569c06383027/ad
http://dame2otaku.blog48.fc2.com/tb.php/922-eb080c2d
http://hiroy.blog49.fc2.com/tb.php/316-3142f504

0 Comments

Post a comment