(アニメ感想) -DEATH NOTE- デスノート 第20話 「姑息」

DEATH NOTE 2




ヨツバ幹部の会議を盗聴したエル達は、彼らの中にキラがいることを確信する。会議によって可決された殺人を食い止めたい月は、奈南川にLを名乗って連絡を取り、取引を持ちかけるのだが・・・。ヨツバ幹部の七人のうち誰がキラであるかと言うのが、大きなミステリーとなっています。今後エル達が、どのような方法でそれをを突き止めるのかには注目ですが、もう一つ忘れてならないのがレムの存在です。彼女が、第三のキラの側にいることは間違いありません。ここからの展開、どの段階で彼女が絡んでくるのかは気になるところでありますね。

さて、盗聴や盗撮と言った可能性も考えないで、堂々と殺人会議を行うヨツバ幹部達が、随分マヌケです(苦笑)。そこでは、大胆に冷酷に殺人のターゲットの指定が行われていきます。その様子を注意深く見つめるエル達・・・、「これだけの証拠があれば、もう間違いない!!」、月は興奮気味に話しますが、エルはと言うと「いえ、残念ですが今挙げられた者が死んで初めて間違いないです」冷静な一言。

それは正論、それだけにエルはその後に返ってくる八神親子の反応を危惧していました。そして案の定・・・「その考え方は間違っている!!」・・・そうらきた(苦笑)。

月が取った行動・・・それは、ヨツバ幹部の七人のうち一人に連絡を取り、取引を持ちかけるというもの。これまでの会話で、一番キラでなさそうでそれなりの発言力を持っていそうな・・・そう、奈南川をその人物に選定します。

さすがは月です。これによって殺しを延長させただけでなく、奈南川からも情報を得られる可能性を作ったのですから・・・。奈南川もこれからは、エルとの奇妙な協力関係を続けざるを得ないでしょう。何せ、この事は決してバレてはならない・もしキラにそれが分かれば、奈南川は確実に殺されるのですから・・・。

エルは月のその機転を随分と高く評価します。「これならば自分が死んだ後、月ならばエルの名を継げられる・・・」そうとまで言ったのですから。・・・・おい、自分で死亡フラグ立ててどうする(苦笑)。

いや、実際にはこれは月を試しての発言だったわけですが・・・確かに月がキラだとしたら・・・殺しを続ける一方で、何食わぬ顔で、キラ逮捕の捜査に参加・・・そうこれは脅威です。ただ、その可能性があると知りながらも、月をこの捜査に加えるのだから、エルも相当愉快な男です(これも自信の裏返しか)。だからこそ、エルが常に月に対して、警戒を怠らないのは、当然の事と言えるでしょう。

さて、目的が同じとは言えその手段に関しては、月とエルの意見が分かれるところであります。ならばと、エルはここより単独で捜査を始めることを宣言しますが・・・結局、月とエルは手錠により深く繋がった関係(苦笑)のため、行動を共にしなくてはなりません。

おまけに、月をだしにミサの協力を取り付たとなると、純粋で優しい今の月がほっておくはずもありません。月がエルのやり方に意義を唱えるほどに、ミサは月が自分を心配してくれていると思い込み、その献身的な愛を彼へと向けるのです・・・墓穴を掘ったな月(苦笑)。

私今あせっています」これは、エルの本音でありましょう。賽は投げられました、ここでエルは勝負をかけるつもりです。エル、月、ミサ、運命を共にする3人の挑戦。その先に待つものとは・・・次回にも期待!


<ブログをお持ちの方にお知らせ>3月24日土曜日10時よりオノッチ様のネットラジオ「自堕落ラジオ」が放送される予定です。今回も、ゲストとして出させて頂く予定でございます。今回もいつものように、GMさんと「アニメって本当に面白いですね。」の管理人・ダース・マユゲ様が登場!
現在放送されているアニメは、最終回を迎える作品が多いので、その辺りをしっかり語っていきたいなあと思っております

さらに・・・

<今回はコードギアス最終回特集>
というわけで、今回はコードギアス特集をします。そこで、ブロガーの皆様にコードギアスの記事を募集したいと思います。長文記事、簡単な感想記事、またはネタ記事、どのような内容でも構いません。うちの記事を読んでもいいよ、紹介してやって~と言う方がおられましたら、お気軽にこちらのコメントか、メールにてご連絡いただけると嬉しいです。

メールはこちら→koubow20053@monkey.livedoor.com

*なお、放送日時はあくまでも予定でございます。予告もなく、変更になる場合もございますがどうかご了承くださいませ。

前回のラジオはこちらで聴く事が出来ます自堕落ラジオ(出張版)


DEATH NOTE 1


http://blog.seesaa.jp/tb/35296394

0 Comments

Post a comment