(アニメ感想) 東京魔人學園剣風帖 龍龍 第10話 「外法編 菩薩眼」

東京魔人學園剣風帖 龍龍 第壱巻 (初回限定版)




葵は自身の中に大きな力が芽生えつつある事に気づいていた。そんな自身の戸惑いは、次第に彼女を孤独していく。そして、九角が現われる・・・。突如、鬼に関する事件が起こらなくなった。もう、東京を襲うのをやめてしまったのか?いや、もちろんそんなはずはなく、これは九角が単に人を鬼へと覚醒させる事をやめてしまったからなのですが・・・。では、それはなぜか? これは後に判明する事実があります。それは、葵の新たな能力の開眼と無関係ではないのです。

龍麻に恋人発覚!?で、そのお相手と言うのは、紗夜。例の鬼との戦いの際に巻き込まれ瀕死だったところを龍麻に助けられた少女です。以前伏線としてあったものですが、覚えていらっしゃる方はいるでしょうか?私はほとんど忘れてました。これからの物語に、深く関わる人物なのでしょうが、だったらなおさら、なぜ彼女についてこれまであまり触れられてこなかったのか?正直疑問ですね・・・。

葵に近づき誘惑する九角。結局、彼が欲しかったのは彼女の菩薩眼の力なのです。そして、これまで彼が人を鬼に変え、行ってきた殺戮は、葵の力を目覚めさせるためのもの。菩薩眼の力を持つものは周りを不幸にする・・・だから、その者を殺すことが如月にとっての宿命!!激しく、殴りあう京一と如月・・・もはや一人の女を取り合ってケンカしているようにしか見えないのは仕様でしょうか?(苦笑)

護るべき対象のはずが・・・如月のそんな戸惑いを強く感じました。もちろん無神経バカ京一は、そんな彼の複雑な想いなど知る由もないのでしょうが・・・。しかし、結果的には九角に葵をさらわれてしまうと言う最悪の事態に・・・。

さらに、龍麻に近づいた紗夜の目的とは?畳み掛けるような展開となりましたが、龍麻達にとってこれは大きな危機。まるで、伝統芸能のように、またもや敵にさらわれてしまう、葵にイライラしつつも(苦笑)、龍麻達の奮闘に期待!!

東京魔人學園剣風帖伍周年記念ドラマCD 東京魔人學園黄龍祭 第壱巻・推理篇


http://d.hatena.ne.jp/ituki88/20070323
http://neural.blog69.fc2.com/tb.php/189-3ac29a13
http://wonder.fmn.catfood.jp/trackback/490136

0 Comments

Post a comment