(アニメ感想) ハヤテのごとく! 第1話 「運命は、英語で言うとデスティニー」

ハヤテのごとく! (9)




季節はクリスマスイブ。街は賑わい人々が浮かれる中、一人バイトに勤しむ少年の姿があった。その名は綾崎ハヤテ。そして、物語は始まる・・・。例によって原作は未読でございます。人気作と言うことで非常に期待しているのですが、さあどうでしょうか?

主人公は高校生の少年、ハヤテ。ヤサ男風ではありますがスポーツ万能でイケメンと、これが、ああ~よくある主人公キャラねと思いきや・・・なんと!とんでもなく不幸な境遇にある少年だったのです。

その不幸っぷりときたら、半端なものではございません!せっかくのクリスマスイブだと言うのに、一人で黙々とバイトに勤しむその姿・・・なぜこうも一生懸命なのかと言うと、なんと親が無職であるため。夢見がちな父親は、「他に自分に向いている仕事があるはず」と会社を退職、博打好きの母親は借金三昧。おかけで、息子であるハヤテが一家の大黒柱となって生活費を稼いでいたのでした。と、ここまでは、まだいいでしょう。しかし、ここからハヤテにさらなる不幸が襲い掛かるのです。

それは、まさに不幸のジェットコースターやあ~!!(意味不明)突然、会社から首を言い渡されるハヤテ。年齢が偽ったことがバレたせいです。しかも、給料は両親が持ち逃げ(年齢詐称をバラしたのも両親ですが)、そしてハヤテにとっての災難はまだまだ続きます、なんと両親が1億5千万もの大金を親切な方達から借金したため、親切な人達から追われるハメとなってしまったのです。って言うか人身売買~(モア風味)?ここまで、やるか鬼親!!

そして、出会いは突然に・・・いや本当に突然で偶然だ。大富豪の少女ナギとハヤテの出会い。自動販売機でジュースの買い方も知らないという(苦笑)素晴らしい特技を持っていらっしゃる釘宮、いやお嬢様ナギ。彼女を見た瞬間に、ハヤテの中で黒い感情が沸き起こります。

いきなり、「君が欲しいんだ」(誘拐するつもり)とハヤテ君。「自分が何を言っているのか貴様は分かっているのか?」(まんざらでもない様子)と釘宮。ハヤテはさらに勝負に出る「命がけさ!一目見た時から君をさらうと決めていた!!」(いよいよ言ってしまった)。それを聞いた釘宮は、「分かった。その代わり浮気とかは絶対ダメだからな!!」と受け入れた(激しく誤解して伝わっている)。

そして、釘宮より電話番号を聞きだしたハヤテは早速親に身代金要求の電話を・・・が早くも失敗してしまう。思わず最初の一言で自分の本名を名乗ってしまったからだ・・・誰にも止められないとかデッカイ事をおっしゃってて、早くも止められたね(苦笑)。やはり、ハヤテの不幸体質は相当に深刻なものがあるようですね。

ところで、釘宮にはもう一つの特技がありました。それは、よく誘拐されていまうと言うもの。で、ハヤテがいない間に、その特技をいかんなく発揮(?)し誘拐されてしまった彼女。連れ去れたその車の中で少女は叫ぶ、ハヤテ~!!!

はい、凄いパワーでした。人の一生分の不幸がこの30分間に凝縮されていたような気がしますが(苦笑)、結果的にはこんなお嬢様の執事となれたのですから、人生捨てたものではありません。

まあ、これだけの不幸を最初に見せられたおかげで、ハヤテにはグッと感情移入することが出来ました。釘宮声のパワーも凄かった。いやあ~、今後が楽しみな作品でありますね。頭をカラッポしてこれからも存分に楽しんでいきたいと思います。そうそう、個人的にはマリアさんに惹かれましたが、どんな個性を持つ方なのか注目しています。次回にも期待!

あっごめんなさい、よく見るとナギがいつの間にか釘宮になっちゃってた!テヘッ・・・。

ハヤテのごとく! 10 (10)


http://neural.blog69.fc2.com/tb.php/205-59602508
http://kate555.blog59.fc2.com/tb.php/108-74e64873
http://yumemani.blog59.fc2.com/tb.php/238-7ccf88e4
http://dokutak.blog12.fc2.com/tb.php/310-1389ec19
http://diary.wakuwakusan.main.jp/trackback/526110

0 Comments

Post a comment