(アニメ感想) ラムネ 第6話 「三人と二つの真珠」

いつもの、小さい頃の回想シーンから始まるこのアニメ。あれ?なんか画が変わってません?さっきエンジェル・ハート見てたから気のせいかな?まっ、いいか。でも、やっぱり建次の顔が角度によっては別人になっている・・・というわけで今回の簡単な感想です。



lamene05111500lamene05111501lamene05111502lamene05111503

いつもと様子の違うヒカリにとまどう七海と建次。なにやら、二人に内緒で何かをしているみたいですがよく分かりません。そして今度は突然、七海から借りた学校の制服を着だして明日から学校に行くと言い出すのでした・・・。

「せっかくだし、暇だし、面白そうだし」って角元レインですか?はいそうでつか・・・。ホントこのヒカリちゃんて何考えてるのか分からない子ですね。登場前は結構期待してたんですけど個人的にはちょっと・・・。気が強いしあんまり魅力は感じないかな。スタイルはいいですけどねw。

lamene05111505lamene05111506

学校に来ても相変わらず、建次にちょっかいを出すヒカリですが図書館で何やら熱心に本を読んでいる姿を発見。何を読んでいるのかと気にする建次とヒカリ。しかし、途中で端野の邪魔が入ってしまい結局何を読んでいるのか分からずじまい。今でもいつものヒカリとは違うようです。

lamene05111507lamene05111508

いつも、思うのですけどいや私がこのアニメのキャラクターに愛着がないからかもしれませんが、お話しに吸引力がないんですよね。一人のキャラにスポットを当てていつもお話しが展開していくのですけど、うんうん、それでこれからどうなるの?的なワクワク感が皆無だと思います。正直言ってあっそうで終わってしまうようなお話しが多いのです。ただ、今回ヒカリを心配しまた溺れた彼女を一番に救出に向かう建次はちょっと見直しました。建次はいいやつですよね。ただこれからこういう話しが続くようだとちとつらいですね。見るのが苦痛と言うわけではないのですが退屈です・・・。

lamene05111509

ラムネ~ガラスびんに映る海~(初回限定版)

0 Comments

Post a comment