(アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第8話 「さらばダチ公」

天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)




大グレン団の旗の下、各地で抵抗を続けてきた仲間たちが続々と集結した。今こそ、要塞型ガンメン・ダイガンザンとの決着をつける時なのだ。カミナの呼びかけに仲間は応えた。そして、戦いが始まる・・・。妙だな今日のシモンは・・・まあ、確かにヨーコの色気に、少し頬を赤らめるシーンは今までもありましたが、一人の女としてヨーコをここまで意識するのは初めてですね。この変化、一体どうしたというのか?

そしてここにきて、思わぬ行動の変化を見せる男がもう一人・・・そう、我らがカミナ兄貴のこと。あれには、驚かされましたよ・・・ヨーコとカミナのキスシーン。最初は、ヨーコの不意打ちのキス。やられたカミナは、今度はヨーコを自分のもとに抱き寄せると、自分から熱いキス・・・これまで、ヨーコを特に女として意識する様子を見せなかったカミナのこの行動・・・。やはり、今回は何かある、果たして・・・。

戦いの時だ。今回の作戦の要は、シモン。しかし、プレッシャーによりいつも以上に、今日のシモンはナーバスになっしまっています。もちろん、ヨーコとカミナのキスを目撃してしまった事も、大きく影響しているようですが・・・。
しかし、今は迷っている時ではない!戦いの火蓋は切って落とされたのですから・・・。

ガンメン対ガンメンの戦い。これ、間違えて味方とか攻撃したりしないよね?うむ、通信システムがねあれば大丈夫かな?しかし、ガンメンと互角以上に戦えるヨーコの射撃の腕は、今さらながらに凄い!特に今回は、冴えている。愛する者を守りたいと言う想いがここまで人を強くさせるのか・・・。

合体こそ男のロマンだ!!「謀ったな?カミナ」、おうよ!敵を油断させ、そして地中に潜んでいたシモンのラガンは、なんとダイガンザンとの合体を試みたのです。これだけ、巨大なガンメンとの合体・・・ここまでスケールの大きい合体は初めてだ!さあ、ここからがグレン団の本領発揮だぜ!!

背中を安心して任せられる女は、いい女だ。しかし、カミナとヴィラルの戦いはいつ見ても熱い。そして、今回はヨーコの援護も受けられる。これほど、心強いものはないでしょう。しかし、ここで問題が発生です。ダイガンザンと合体したはずのラガンですか、シモンの精神が不安定なため、完全にダイガンザイを制御しきれていなかったのです。やはり、シモンの迷いはまだ消えていなかったか・・・。

ここで、カミナの取った行動は、やはり彼らしいと思えるものでした。シモンの所まで駆けつけると、何よりも先にシモンを殴りつけたのです。「お前が迷ったら必ず俺がお前を殴りに来る。だから安心しろ」・・・なんと心強い言葉だろうか。「お前を信じろ、俺が信じるお前を信じろ!」、その一言一言が、シモンの心にはっきりと響いてくる。それは、まさしく目覚めの言葉でした・・・。そして、シモンは復活するです・・・・。

一度は死にかけた男の復活。暴走したダイガンザンも、彼の一言で正常に戻った。そして、そこよりシモンとの合体!ヨーコをして「敵わない」と言わしめるだけの熱い心の結びつきが、あの二人にはありました。その勢いのまま合体したグレンラガンはチミルフとの戦いに臨みます。まさにこの作品の象徴たるドリルが、グレンの手で巨大化するその発想力は、圧巻でありました。そして、見事なるグレンラガンの勝利。まさに、ここで物語は最高の盛り上がりを見せたのです。そして・・・。

前回、カミナの死亡フラグが立っていると言うので、多くの方が心配されていたことと思いますが、残念ながら予想通りの結果となってしまいました。

そもそも私は、序盤より違和感を覚えいました。この作品の主人公はシモンであります。ところが、カミナがグレンを手に入れた辺りからでしょうか?カミナがまるで主人公であるかのように作品で描かれ、ついには公式のあらすじでも、カミナ達一行と言う風に、彼を主人公として記載されることとなりました。

実際、これでまではカミナが主人公の物語だったのでしょう。しかし真の主人公がシモンである以上、いつか必ず主人公の交代が、物語の中でなさられるであろうと私は思っていました。つまり、何らかのきっかけでシモンとカミナが袂を分かつ展開が来ると考えていたのですが、それが死による別れだと言うのは、さすがに予想外でありました。

前回死亡フラグが立ちそれが避けようのない運命であると確信いたしました。この作品は、王道ロボットアニメです。決して我々の期待を裏切らないのです。そう、分かりやす過ぎるほどに・・・。

かくしてカミナの死により、主人公の称号はカミナからシモンへと受け継がれたのです、カミナの熱い魂と共に・・・。さあ、シモンはこの死をどう受け止める?絶望し、そのまま暗黒に飲まれて終わるのか・・・いや、カミナの言葉を決して忘れないて欲しい「俺はいつでもお前の側にいる・・・」と言う言葉を・・・。シモンに勇気を!そして、次回にも期待!!

ところで、この作品には「明日のジョー」へのオマージュを感じさせるシーンがいくつかありましたね。例えば、最初のブタを使ったカミナの脱走劇、そしてカミナが最後真っ白に燃え尽きるシーンには恐らく多くの方が「ジョー」だと気づいたことでしょう。ちなみに、ドリル攻撃も「コークスクリューブロー」よりヒントを得ているだと私は思っています。「明日のジョー」ファンである私には何かとても嬉しかった。思えば、カミナも矢吹ジョーよりヒントを得たキャラだったのかもしれませんね。私がカミナに惹かれた理由が、今さらながらに分かった気がします・・・。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです


<(ネットラジオ)自堕落ラジオ放送のお知らせ>

今回もアニメや声優さんの話題について熱く語るぜ!!

5月26日土曜日10時よりオノッチ様のネットラジオ「自堕落ラジオ」が放送される予定です。今回も、ゲストとして出させて頂く予定でございます。今回もいつものように、GMさんと「アニメって本当に面白いですね。」の管理人・ダース・マユゲ様が登場!現在放送されているアニメや声優さんの話題等について熱く語っていきたいなと思っております。

ラジオはネトラジにて→http://live.ladio.livedoor.com/

チャンネル名は「自堕落ラジオ」です。

ちなみに放送時間中はこちらを直接クリックしても聞けるようになっています→http//203.131.199.132:8040/jidaraku.m3u


放送中は、私のブログのトップページでも聴けるようになっておりますので、興味ある方は是非!


*なお、放送日時はあくまでも予定でございます。予告もなく、変更になる場合もございますがどうかご了承くださいませ。

前回のラジオはオノッチさんのこちらのページで聞くことが出来ますのでどうぞ→自堕落ラジオ(出張版)

<紹介させて頂くブロガー様の記事を募集です>そこで、一週間のアニメを振り返っていく時に、皆様のアニメ記事を紹介させて頂けたらなと思っております。新作も旧作も大歓迎!!長文記事、簡単な感想記事、またはネタ記事、どのような内容でも構いません。うちの記事を読んでもいいよ、紹介してやって~と言う方がおられましたら、お気軽にこちらのコメントか、メールにてご連絡いただけると嬉しいです。
メールはこちら→koubow20053@monkey.livedoor.com


電撃コミック ガオ ! 2007年 07月号 [雑誌]


天元突破グレンラガン - livedoor Blog 共通テーマ

http://tb.plaza.rakuten.co.jp/akg23/diary/200705250000//
http://84870.blog13.fc2.com/tb.php/439-0453a66e

0 Comments

Post a comment