(アニメ感想) ハヤテのごとく! 第10話 「世にも微妙なハイデフレ。ゲームは積まずにプレイしろ」

ハヤテのごとく! 01




部屋で、夢中になってゲームをしているナギとそれを側で見ている咲夜。しかし、「レアなゲーム」と聞いて入手したそのソフトは、あまりにもクソゲーだったのだ。思わず突っ込みを入れる二人だが、突然ソフトから二人に向けたメッセージが・・・そして二人に衝撃が走る!!・・・。ハイデフレなゲームに飽きてくるとたまに、レトロなゲームをやりたくなる・・・そんなあなたは、ヘビーゲーマー。しかし、ナギの気持ちは、とてもよく分かりますよ。結局、ゲームってハードは進化していても、基本的なゲーム性と言うのは、あまり変わっていない気がするのですよね。

だから、例え画面はショボくとも面白いソフトは昔のものでも面白いのだ!!しかし、ナギがプレイしているゲーム・・・カニ歩きだし、どう見てもドラ○エの一作目じゃねえか(笑)。ただ、戦闘画面、背景はなく真っ黒だったような・・・。そうそう、それと、ナギの部屋には黒板ネタがありましたね。とかちつくちて・・・(笑)。

さて、色々あってゴトゥーザ魔王さま降臨。クソゲー呼ばわりされた挙句、ヒドい虐待を受けたナギへの恨みは、大きかったようでありますな。しかし、肝心のナギは釣れず、変わりに変なのが釣れますたよ~(苦笑)。って言うか、ファミコンのコントローラで釣ろうなんて、ナギはのだめと同レベルかよ

そして、ゲームの世界へと入り込んでしまった、みき、りさ、いずみの生徒会三人娘。ところで、なぜみきの奴は、あうも物分りがいいのか?こいつは前回のハヤテと同様、物語を円滑に進めるための、空気読め過ぎ状態(スタッフの都合)に陥っていると見た。まあ確かに、、こういう人間がパーティーに一人いなきゃ、話しは進まないですしね(苦笑)。

ありゃりゃ!りさは、早くも死んでもうたがな。で、棺おけ状態となった彼女ですが、これってレベルが高いと生き返らせるのに、結構金かかったりするんですよね(苦笑)。9はお金が全然貯まらなくて苦労させられたな~。

それにしても驚きました!!スライムの中より、突然綾波が出現したもんだから・・・アレには、軽いトラウマになりそうでしたね(苦笑)。ところで、棺おけの中があれほど快適なものだったとは・・・正直この発想は、私にはなかったですわ。

さて、ゲームもいよいよ佳境に・・・ほほう、装備一式が天から降ってきましたか(苦笑)。どうやら、ゴトゥーザ魔王様は勝負を急いでいらっしゃるようです。

まあ、確かに、ボス直前のダンジョンって、敵にとって相性の悪い武器が無造作に置かれてたりする事が、多々ありますよね。そんな大事なものは、お前が持っとけ!・・・ってな突っ込みは野暮ですか?(苦笑)しかし、ゴトゥーザ魔王が待ち構えている場所って天界じゃあ・・・あっ、そっか!鳥山明繋がりだったんですね(苦笑)。

あのぉ~、私も初めて気づいたのですが、マリアさんって17歳だったんですね・・・。まあ、老けてるというか大人っぽいと言うか・・・ただ、本人はとても気にしているのでしょう。厳しい視聴者からの突っ込みに眉毛がピクピクしています。怖いですね~(汗)。

そして、視聴者からのさらなる手厳しい突っ込みが・・・「マリアさんってなんだかイジワルそう、こわーい」さすがに子供は鋭い、マリアさんの黒さを見抜いている(苦笑)。だって、あのナギがあんなにマリアさんに気を遣っているじゃないですか?これは、異常ですよ~(苦笑)。

で、結局あっさりとゴトゥーザ魔王を倒して一件落着。最後のオチといい、くだくだぶりが目立った今回ですが、これもネタの内だとしたら大したものです。

まあ、こんな番外編をやっちゃうと大抵は、「なんだそりゃ?」的なオチとなってしまいがちなのですけどね。それすらも、パロとして再現しているのか・・・。

いやあ~しかし、やっぱり今回のMVPはマリアさんでした。彼女のインパクトが強烈で、他の話しは正直どうでも良くなった(汗)。本当にマリアさんって怖い人ですね、されは皆様次回お会いしましょう!さよなら、さよなら、さよなら・・・。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

ハヤテのごとく!―Hayate the combat butler 春休みの白皇学院に、幻の三千院


ハヤテのごとく! - livedoor Blog 共通テーマ

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/cd67d1d15f5c47be2562118a95c4501b/71
http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10035918592/1a3011c4
http://060128.blog48.fc2.com/tb.php/520-0e8ca9da
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/tgsnet/diary/200706070000/720aa/

0 Comments

Post a comment