(アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第13話 「みなさん、た~んと召し上がれ」

天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)




四天王の一人、流麗のアディーネに勝利したシモン達。しかし、その余韻にひたる暇もなく、一同はテッペリンを目指す。そんな中、ニアが何か仕事がしたい申し出るのだが・・・。髪をバッサリと切り、随分とイメージの変わったニア。もちろんこれは、外見だけではなく、彼女の内面でも大きな変化が起こったことを示しています。実際、これまでの大人しいお姫様のイメージを払拭するかの如く、彼女は随分と活発的になりました。大グレン団のために、何か仕事がしたいとシモンに話したのも、そんな変化の表れでしょうね。

さて、早速敵が出現!敵は、四天王の一人、シトマンドラ。前回は、海戦を得意とする敵でありましたが、今度の敵は空。空中の敵と戦う術を持たない大グレン団にとって、これは厄介な戦いとなります。

しかも、カミナの代わりに相棒を務めていた、ロシウが疲労のためにダウン。ヨーコが代役を務めることになりますが、カミナの匂いを微かに感じさせるその席に、彼女の表情はやはり複雑です。

しかし、相変わらずこの作品のスタッフの発想は凄い!空の敵に、どう戦うのかと思えば・・・ダイガンザンの力を借り空に飛び出すと、ドリルを空中仕様ガンメンへと突き刺し、空を渡るという荒業。多くの子供が見ている時間帯でありますし、常にユニークな発想が求められるのでしょう。本当に見ていて飽きない。

シモンは空中ガンメンを取り込むと、ついに空を飛ぶことを可能にしました。・・・マジンガーZみたいだ(ぼそっ)。だが、そんなシモンの前に現れたのは、宿命のライバル・ヴィラル。コイツのガンメンは空を飛べるのだね・・・。ヴィラルが、シトマンドラに頼み込み、この戦いに参加したのは、グレンラガンとの決着をつけるため・・・相変わらず凄い執念です。

そういえば、ヴィラルはカミナが死んだことを知りませんでしたね。その事実は、彼に大きな衝撃を与えることになります。これまで戦い、そして負け続けていた敵は、「こんな子供」と吐き捨てた少年であった・・・ヴィラルが戦っていたのはカミナの亡霊・・・いや、カミナの勇気を受け継いだシモンだった!ヴィラルはシモンに名を問います。それは、男が、目の前の少年をライバルと認めた瞬間でありました。

シモンとヴィラル、まさに正々堂々、男の戦い。それにしても、一人だけでヴィラルと互角以上に戦うとは・・・シモンはすでにカミナを超えているかもしれませんね。

だからこそヴィラルは、シモンをライバルと認めるし、一対一の勝負にも拘るのでしょう。ところが、ヨーコを人質に取るという、シトマンドラの卑怯なやり方。ヴィラルとっては許せなかったのでしょうね。例え、命令に背くことになっても・・・アンフェアなこの状況での戦いは、決して受け入れられるものではなかったのです。この男も本当にバカだ・・・。

さて、いよいよ飛行も可能となり、ますますパワーアップしたグレンラガン。大グレン団のメンバーの戦いもさまになってきましたし、今や飛ぶ鳥をも倒す勢いあります(飛ぶガンメンか?)。

一方のヨーコですが、かつてカミナが座っていたあの席に座り敵と戦い、そしてシモンの成長をも知ることが出来た。これで彼女の中でも一つの決着がついたのでしょうね。

四天王も三人が倒れ、いよいよロージェノムとの決戦が近づいてきました。獣人達を作り出した覇王は、一体何をたくらんでいるのか?また、ヴィラルは一体何を知ることになったのか?いよいよ物語は核心へと近づいてきたようです。そんなわけで次回にも期待!!

それにしても、ヒロインが殺人的なほどに、料理が下手と言う設定は数多く見てきましたが、ニアの場合もそれに当てはまっていたようです。悪意がないだけに、それはまさに地獄・・・しかし、料理は愛情!!現にシモンは「うまい!」と舌鼓をうっているわけですからね。いい嫁さんもらったなあ~おい!(笑)


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

空色デイズ(グレンラガン盤)


天元突破グレンラガン - livedoor Blog 共通テーマ

http://shin18.blog62.fc2.com/tb.php/185-bdcd4ce8

0 Comments

Post a comment